動画

たった17分でスマートフォンを100%充電可能な「100W Super Charge Turbo」をXiaomiが開発中


「でかける直前になってスマートフォンを充電し忘れたことに気づき、慌ててケーブルを挿しても、時間が足りなくてほとんど充電できなかった」という経験がある人は多いはず。そんな限られた時間内でもスマートフォンを爆速でフル充電できる新技術「100W Super Charge Turbo」を、中国のスマートフォンメーカーであるXiaomiが開発し、デモムービーを公開しています。

Xiaomi demos its insane 100W Super Charge Turbo technology
https://www.xda-developers.com/xiaomi-demos-100w-super-charge-turbo/

実際に「100W Super Charge Turbo」を使ってスマートフォンを充電している様子が以下のムービー。左側が100W Super Charge Turbo搭載のバッテリー容量4000mAhのスマートフォンで、右側が従来の高速充電技術「SuperVOOC」搭載のバッテリー容量3700mAhのOppoのスマートフォン。ムービーは中国最大のSNS「微博(Weibo)」に投稿されたもので、わずか2日で260万再生を記録していました。

Xiaomi's 100W Super Charge Turbo fast charging technology demo - YouTube


ムービーは2台のスマートフォンが同時に充電されるところからスタート。真ん中のタイマーは充電時間を分単位で表示しています。


左のスマートフォンの電池残量を示すパーセンテージがモリモリ上昇。爆速で充電されています。


それぞれのスマートフォンにかかっている電圧と、バッテリーに流れている電流を表示したモニターがタイマーの下に編集で追加されています。100W Super Charge Turbo搭載スマートフォンに供給される電力は約18V×約4A=72Wで、これはSuperVOOCを搭載スマートフォンに供給される約8.5V×約3.3A=約28Wのおよそ2.5倍。ただし、開発中の技術であるためか、100W Super Charge Turbo側では3.0Aと4.5Aの間を高速で変化することもあり、SuperVOOC側に比べると電流がやや不安定な様子でした。


17分経過した時点で、左のスマートフォンのフル充電が完了。SuperVOOCを搭載したOppoのスマートフォンも、17分で65%まで充電できているので十分早いといえるのですが、100W Super Charge Turboを搭載したスマートフォンはさらにそれを上回る爆速で充電できました。


ただし、あくまでも開発中の技術ということで、記事作成時点では「100W Super Charge Turbo」に関する詳細なスペックは公開されておらず、バッテリー寿命に与える影響などについては不明です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
次期iPhoneではiPhoneからApple WatchやAirPodsをワイヤレス充電可能になる可能性 - GIGAZINE

スマホの電池の減りが早いのは裏でひそかに詐欺広告が動画を再生させているせいかもしれない - GIGAZINE

30分でiPhone XRを50%充電できるUSB Type-C専用の爆速電源アダプター「Anker PowerPort Atom PD 1」レビュー - GIGAZINE

iOS 13でついにiPhoneにダークモードが登場か、バッテリー消費を劇的に抑えられるかも - GIGAZINE

新しい「AirPods」が登場、専用ケースがワイヤレス充電に対応&ワイヤレス充電ケースのみの販売も - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.