マンガ

マンガ「魔道書交換日記」のロゴができるまでのメイキング


2019年3月より連載開始となったフルカラーコミック「魔道書交換日記」では、第1話の掲載に合わせてロゴデザインの作成も進めていました。ファンタジー系で広がりのある作品の雰囲気を表現したロゴデザインがどのように作成されたのかを丸ごとお届けします。

魔道書交換日記 第1話「私の妹へ」 - GIGAZINE


「魔道書交換日記」のタイトルロゴは、「姫とゲーマー」でもステキなロゴをデザインしていただいたLittle by Littleさんにお願いしました。前回のロゴデザインもメイキングを紹介しているので、そちらも合わせてご覧ください。

マンガ「姫とゲーマー」のロゴができるまでのメイキング - GIGAZINE



以下がロゴのメイキングになります。何をイメージしてどのように作業したのかについて、Little by Littleのaoyaさんにコメントをいただきました。

ロゴデザインA案。文字の中の星空や光と影の表現がとても魅力的です。aoya「魔道書(知的な感じ?)をメインのイメージに置いた、きちっとした雰囲気の案です」


B案はクレヨン風のパステルカラーがキュートなデザイン。aoya「交換日記というかわいらしさをイメージのメインに置いた手書きで書いたようなカワイイ系の案です」


デザインC案。aoya「ポップでフラットな雰囲気の案です。他2案よりシンプルめな案として作成しました。色合いは魔道書の原案イメージからとらせていただいております」


作画担当の希望により、C案のスタイルをB案のレイアウトで採用という形でお願いしました。決定ラフはこんな感じ。


aoya「ラフを見つつ、雰囲気が近いゴシック体でタイトル名を書いてみます」


aoya「今回のロゴは漢字のパーツごとに色が分かれているので、漢字をバラバラにしていきます」


aoya「バラバラにしたものを組み立てていきます。最初は黒一色で作業して、後から色を付けようと思っていましたが、案の定黒一色だと何が何やらな状態になったので、色もこの段階で変えつつ組み立てています」


aoya「組み上がったら線の太さや文字のバランスなどを調整します」


aoya「次に周りに散りばめる星を作っていきます」


aoya「文字が角丸になっているので、星も合わせて角丸に」


aoya「星と英字を配置しました」


aoya「魔道書の表紙を作ります」


aoya「魔導書の表紙を配置して、線の太さなどを調整しました。また、ラフより色合いが地味になってしまっていたので色味も調整。文字の細かいところを更に微調整して横バージョンが完成です」


aoya「縦バージョンを作ります。ラフを見つつ、1文字ずつ縦に並べていきます」


aoya「文字の間の間隔や、星、英字のバランスを調整しました。また、こちらも色合いを調整して完成です」


こうしてできたロゴデザインは、第1話の扉絵にも使われています。


なお、Little by Littleさんのロゴデザインは以前の「姫とゲーマー」でも採用されており、作品全体の雰囲気をどのように反映しているかについてはAmazonのKindleを使えばすぐに見ることができます。Kindle Unlimitedの会員であれば無料で読み放題となっており、まだ未体験の場合は30日間の無料体験を使えばすぐに読むことが可能です。


姫とゲーマー | 椒いお, 三九二京, GIGAZINE | マンガ | Kindleストア | Amazon


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
魔道書交換日記 第1話「私の妹へ」 - GIGAZINE

マンガ「姫とゲーマー」のロゴができるまでのメイキング - GIGAZINE

「GIGAZINEマンガ大賞」2019年3月度募集開始&トップ画メイキングはこんな感じ - GIGAZINE

in マンガ,   デザイン, Posted by log1e_dh

You can read the machine translated English article here.