試食

ジューシーなローストチキンと7種のスパイスが刺激的に混ざり合う「スパイスカレー THE ローストチキン」をCoCo壱番屋で食べてきた


やわらかな食感のローストチキンと7種のスパイスで刺激的な味わいに仕上がった「スパイスカレー THE ローストチキン」が、2019年3月1日から期間限定でCoCo壱番屋に登場しているので、実際にどれだけスパイシーなのか確かめるべく食べてきました。

スパイスカレー THE ローストチキン | ココイチのメニュー | カレーハウスCoCo壱番屋
https://www.ichibanya.co.jp/menu/detail.html?id=538


CoCo壱番屋に到着。


店頭には目当てのスパイスカレー THE ローストチキンをアピールする垂れ幕がかかっていました。


メニューの表紙をスパイスカレー THE ローストチキンが飾っています。


メニューにはスパイスカレー THE ローストチキンのおすすめの食べ方が記載されていました。食べる前に一気にカレーを混ぜるのがポイントとのこと。


注文して5分ほどで「スパイスカレー THE ローストチキン」(税込952円)が到着。ご飯は250gの通常サイズから、大盛り(350g、税込107円プラス)、小盛り(150g、税込51円オフ)に変更することが可能です。また、辛さも好きな辛さを選べますが、甘口にはできないとのこと。今回はご飯は通常サイズ、辛さもスタンダードで注文しました。


クミン、カルダモン、唐辛子、ブラックペッパー、パセリ、クローブ、花椒という7種のスパイスがカレーにたっぷりかかっており、それぞれが入り交じった複雑な香りがたちのぼっています。


トップにはローストチキンがごろりとのっています。


おすすめの食べ方に従って食べてみます。スパイスがカレー全体に混ざり合うようにかき混ぜて……


カレーをパクっと食べてみると、まさしく「スパイシー」な味わいが口に広がります。日本風のカレーとは違い、クミンやカルダモンなどの香辛料の風味がたっぷり。食べている最中には「あまり辛くないな」と思ってしまうものの、あとから刺激的な辛さが口中にじんわりと広がるので、思わず水に手が伸びてしまいます。シャキシャキ食感の玉ねぎから甘みのある味わいを時折感じることができますが、にんじんなど他の具材の印象は薄めでした。


ローストチキンの食感はしっとりやわらかで、中に閉じ込められた旨味が解放されるかのようなジューシーさです。


お皿の脇に添えられたピンク色のピクルスは甘さと酸っぱさをほのかに感じる優しい味わいで、スパイシーなカレーの合間に食べることで口の中を落ち着けてくれます。


「スパイスカレー THE ローストチキン」は一部店舗を除く全国のCoCo壱番屋で、2019年3月1日から5月29日までの期間限定で提供されます。5月29日以降はなくなり次第終了となるので注意してください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
突き抜ける辛さの麻婆豆腐とチキンカツが混然一体となった「麻婆チキンカツ丼」と「麻婆チキンカツ定食」をかつやで食べてきた - GIGAZINE

パラパラ炒飯にとろ~りチーズと熱々マーボーを合わせた「麻婆モッツァレラ炒飯」を大阪王将で食べてみた - GIGAZINE

1kg近い牛肉や豆腐をニンニク醤油ダレですき焼き風に仕上げた「ワイルドすたみな焼きすき丼」を伝説のすた丼屋で食べてきた - GIGAZINE

柔らかな和風ローストビーフを楽しめる「クリスピーオニオンのローストビーフ丼」があのエヴァとコラボしているのでなか卯で食べてきた - GIGAZINE

大量の蒸しあさりとトビウオのダシで磯の香り凝縮されたリンガーハット「あさりたっぷり春ちゃんぽん」を食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.