試食

チェルシー・バタースカッチの味わいをシュークリームに詰め込んだビアードパパ「チェルシー・シュークリーム」を食べてみた


発酵バターをじっくり煮詰めた濃厚でコクのある味わいのをチェルシー・バタースカッチ」をそのままシュークリームに仕上げた「チェルシー・シュークリーム」が、シュークリーム専門店ビアードパパに2019年3月1日から数量限定で登場しています。40年以上も愛される定番「チェルシー・バタースカッチ」とコラボしたシュークリームがどんな仕上がりなのかを確かめるべく、実際に購入して食べてみました。

まもなく20周年を迎えるシュークリーム専門店ビアードパパ 明治“CHELSEA(チェルシー)”דシュークリーム”のコラボ商品 “チェルシー・シュークリーム”を発売!|シュークリーム専門店 ビアードパパ
https://www.beardpapa.jp/news/364/

ビアードパパの作りたて工房に到着。


店頭にはチェルシー・シュークリームをアピールする看板が置かれていました。


さっそくチェルシー・シュークリームを注文すると、店員さんがその場でシュー生地にクリームを詰めてくれます。


購入して持ち帰ってきました。


チェルシー・シュークリームの包み紙は、チェルシー・バタースカッチのパッケージをオマージュした花柄と文字フォントになっています。


チェルシー・シュークリーム(税込230円)の見た目はこんな感じ。


長辺8.5cmの交通系ICカードと大きさを比較してみると、チェルシー・シュークリームの直径はICカードの長辺とほぼ同じ長さでした。


表面には粉砂糖が雪のように振りかけられています。


カットしてみると中からキャラメル色寄りのクリームがとろーり。クリーム内の黒い粒はバニラビーンズとのこと。


食べてみると外側のシュー生地はサクサクとした食感で、中は発酵バター風味がほのかに感じられる、ほどよい甘さのクリームになっていました。


最後に実際にチェルシー・バタースカッチを食べてみると、実物のほうは「これこそが発酵バターの味なんだ!」と思わせるようなインパクト感。食べ比べてみると、チェルシー・シュークリームは通常のクリームが多めに入っているのか、本家チェルシー・バタースカッチに比べると発酵バターのクセのある味わいは控えめで、かなり食べやすくなっていました。


「チェルシー・シュークリーム」は全国のビアードパパで2019年3月1日から数量限定の無くなり次第終了となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
まるで桜餅を食べているかのようなモチモチ食感のミスド「桜の花ドーナツ」試食レビュー - GIGAZINE

スタバからコーヒー好きのための本格コーヒーゼリー入り「クラフテッド コーヒー ジェリー フラペチーノ」が登場したので飲んでみた - GIGAZINE

ドラえもんのキス待ち顔がキュートな和菓子「食べマス ドラえもん」を食べてみた - GIGAZINE

わずか2日で売り切れたフルーツインティーが冬ぴったりのホットで登場した「MACHI café Lipton グッドインティー」レビュー - GIGAZINE

パンに塗るとトロリと溶けるビスケット「ロータスビスケットスプレッド」試食レビュー - GIGAZINE

低カロリーなミスドのドーナツ「もっちりフルーツスティック」は健康とおいしさを両立しているのか?を食べて確かめてみた - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.