試食

パラパラ炒飯にとろ~りチーズと熱々マーボーを合わせた「麻婆モッツァレラ炒飯」を大阪王将で食べてみた


全国の大阪王将の従業員を対象としたメニューコンテスト「大阪王将メニューマイスターグランプリ2019」で、応募総数120品の中から最優秀作品に選ばれた「麻婆モッツァレラ炒飯」が、期間限定メニューとして大阪王将で食べられます。食べやすさと食感の面白さにこだわった新メニューは、伸びるチーズとキュウリの食感が楽しい絶品チャーハンとのことで、いったいどんなチャーハンなのか気になったので実際に食べてきました。

~大阪王将メニューコンテスト グランプリ受賞作品~「麻婆モッツァレラ炒飯」2月15日(金)より期間限定で販売開始! | 餃子専門店の心意気 大阪王将
https://www.osaka-ohsho.com/news/2019/0213.html

大阪王将に到着。


さっそくテーブルにある注文パッドのメニューを「おすすめ」「GPメニュー」の順でタップして新メニューを注文します。


注文してから10分弱で「麻婆モッツァレラ炒飯」(税込680円)が運ばれてきました。


たっぷりかかった麻婆餡をすくってみると、溶けたチーズがとろりと伸びます。


麻婆餡に入っている緑色の具はキュウリです。


麻婆とチャーハンをレンゲですくって食べてみると、肉味噌のように甘辛い味付けの中にチーズの濃厚なコクがどっしりと感じられます。チーズのまったりとした舌触りと、キュウリのシャクシャクしたかみ応えがマッチした食感は不思議な感覚で、考案者がこだわったという食感の面白さはさすがといったところ。チャーハンにはコショウのスパイシーな香りがありますが、麻婆餡には唐辛子の辛味や花椒(ホアジャオ)のしびれるような刺激はほとんどないので、中華料理は辛くて苦手という人にもオススメできます。


パラパラのチャーハンは油の香ばしさと焼き豚のうまみが効いたシンプルな味わい。このシンプルな味わいが麻婆餡の濃い味付けをぐっと引き立てるので、おかずと一緒に白いごはんをわしわしとかき込むような感覚でレンゲの動きがどんどん加速していきました。


「麻婆モッツァレラ炒飯」は2019年2月15日(金)から3月31日(日)までの期間限定で、大阪王将の全国店舗で提供されます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
大阪王将と養命酒がコラボした和漢素材入り「冬の大阪王将火鍋」で体の中からポカポカになってみた - GIGAZINE

こってり牛焼肉とふわとろ天津飯が絶妙ハーモニーな大阪王将「牛焼肉天津飯」「牛焼肉チーズ天津飯」を食べてきた - GIGAZINE

ぷるぷるのフカヒレがたっぷりな大阪王将「極上フカヒレ天津飯」「極上フカヒレあんかけ炒飯」を食べてみた - GIGAZINE

突き抜ける辛さの麻婆豆腐とチキンカツが混然一体となった「麻婆チキンカツ丼」と「麻婆チキンカツ定食」をかつやで食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.