メモ

セックスロボットの普及が目前に、法規制の解決すべき課題とは?


「ロボットとのセックスは今後50年以内に一般的になる」と約半数のアメリカ人が考えていることが2017年の調査で示されました。しかし、現実味を帯びてきたセックスロボットを法律で規制することについては、まだまだ解決すべき問題が残っていることをミネソタ大学の法学者であるFrancis X. Shen氏が述べています。

Sex robots are here, but laws aren't keeping up with the ethical and privacy issues they raise
https://theconversation.com/sex-robots-are-here-but-laws-arent-keeping-up-with-the-ethical-and-privacy-issues-they-raise-109852

◆セックスロボットの定義
一般的に認知されている「セックスロボット」には定義がありません。これは、一見すると大きな問題に見えないかもしれませんが、実は法律上は深刻な問題です。規制対象の定義がなければ禁止や規制を行うことができないためです。

アメリカのアラバマ州は、性的なおもちゃの販売を禁ずる唯一の州ですが、法律上の定義はその用途に焦点を当てた「人間の性器への刺激を主たる目的としたデバイス」としています。


しかし、将来的にセックスロボットは、「性器を刺激する」以上の目的を持つものも多くなるはず。単なる「性的な刺激」にとどまらず、パートナーの感情を満たす機械学習アルゴリズムを採用するようになることも考えられます。

Mark 1という美女風のロボットは、一般的には「セックスロボット」と認識されていますが、開発者のRicky Ma Tsz Hang氏は、「Mark 1はセックスロボットとして作り出されたのではない」と明確に述べています。Mark 1は「子どもの昼食の準備」から「高齢者の世話」といったさまざまなタスクを手助けすることを意図して作られました。


人間は「性的なこと」と「性的ではないこと」を両立させることができますが、ロボットがこれと同様にスイッチ1つで「子どもと遊ぶモード」「大人と遊ぶモード」で切り替えられるようになったとしたら、定義はさらに複雑化するはずです。

◆子ども型のセックスロボット
2003年、ローレンス対テキサス州事件で裁判所は初めて性的プライバシーの権利について言及しました。性的プライバシーの権利が拡大していくにつれ、最終的に性的なオモチャの販売を禁止する法律はなくなるとShen氏は考えていますが、子ども型のセックスロボットに関しては話が別とのこと。

2017年に登場したthe Curbing Realistic Exploitative Electronic Pedophilic Robots Act(リアルで搾取的な電子小児ロボットを抑制する法律/CREEPER)という法案は、登場から6カ月後には全会一致で議会を通過しました。このような傾向は今後いくつも見られるようになると考えられます。

しかし、上記のような州法が憲法的に問題がないかどうかは定かではありません。最高裁判所は児童ポルノの禁止が表現の自由を保障するアメリカ合衆国憲法修正第1条に反しないと判断していますが、一方で、現実の子どもが含まれない児童ポルノを規制する1996年児童ポルノ防止法は禁止範囲が「過度に広範」だと判断しています。実際の人間が関係しない子ども型のセックスロボットをどう扱うかについては、多くの議論が行われるはずです。

◆安全性

by Engin Akyurt

米国消費者製品安全委員会がセックスロボットをどのように規制するべきか、という問題は見逃されがちです。しかし適切な規制がなければ、人間が触れたり、キスをしたりするロボットに有害な塗料が使われてしまう可能性があります。また、行為の最中にロボットが人間の指などを押しつぶしてしまうことも考えられます。

さらに、ロボットが高度なものになれば、使用者の使う言葉の種類や触り方といった個人的な情報が蓄積されていくはず。このような大量の機密情報を適切に保護するための規制や、ハッキング対策は必須です。

◆セックスロボットの認識
セックスロボットの規制は、私たちがセックスロボットについて学んだことや、セックスロボットをどう認識するかに左右されます。2018年にヒューストンの市議会はセックスロボットによる売春宿を禁じる条例を制定しましたが、この議論の場では「このようなビジネスは家庭や家族、近隣の財政を破壊し、市内の主たるコミュニティで混乱を起こす」という主張が行われました。

しかし、セックスロボットが個人レベルあるいは社会レベルでもたらす影響について証拠はなく、主張は単なる推測にすぎません。

子ども型のセックスロボットが実際の子どもに危害を与えるのか、それとも一般的な性的なおもちゃのように人間の代わりになったり、人間関係をよくするのかは明確ではありません。セックスロボットが孤独な人の心をいやしたり、パイロットがシミュレーターで練習するように、セックス未経験者の練習台となる可能性もあります。

by rawpixel.com

セックスロボットについては、まだ答えのない問いが多く存在します。保守的な政治家が推測と恐怖に基づいた決断を行う前に、専門家が調査を行うべきだとShen氏は主張しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
セックスロボット・メーカーが強調する「利点」は科学的な根拠に乏しく誤解を招きかねないとの指摘 - GIGAZINE

「セックスロボットは人間を過度に刺激する可能性がある」と専門家が警鐘を鳴らす - GIGAZINE

セックス用ロボットがまもなく現実のものに、実現に向けた課題とは? - GIGAZINE

VRで「女の子とえっちできるシステム作ってみた」という猛者が登場、ハード&ソフトの二段構え - GIGAZINE

中国のセックスドール製造工場にカメラが潜入、AI機能を盛り込むチャレンジが行われている - GIGAZINE

in メモ,   Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.