試食

一緒に食べると口の中で「ティラミス」が完成するという「午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」と「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」を食べてみた


キリン「午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」と江崎グリコ「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」が2019年2月12日(火)より同時に登場しています。それぞれが別の味わいのミルクティーとポッキーですが、一緒に食べると味がティラミスのように変化するとのことなので、実際に食べ合わせてみました。

「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」2月12日(火)新発売|2019年|ニュースリリース|キリン
https://www.kirin.co.jp/company/news/2019/0206_01.html

ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア> | Pocky
https://www.pocky.jp/products/coffee_cocoa/index.html

平成最後のコラボとして登場した「午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」はこんな感じで、隣に並べると1枚の絵のように繋がるデザインのパッケージです。


まずは午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティーからチェックしてみます。


パッケージは、平成元年~9年、平成10年台、平成20年台の3つの年代をイメージさせるようなデザインなっているとのこと。左側の平成10年台ではスマートフォン登場前なのか、MDプレイヤーを使った女子高生が描かれています。


今回のコラボが「平成の青春コラボ!」としてアピールされていました。


原材料名には牛乳・砂糖・全粉乳・紅茶などが並んでおり、「チーズ」という記載はありません。


カロリーは100mlあたり39kcalでした。内容量は500mlなので、1本あたりのカロリーは195kcalです。


実際に飲んでみることに。まずはよく振ってから……


コップに注ぎます。


午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティーの見た目は至って普通で、特徴はありません。


実際に飲んでみると、マスカルポーネというよりは甘味の強いヨーグルトのような味わいが口に広がります。結構甘さは強めで、ミルクティーの後味は長く残ります。


次は「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」を見てみます。


こちらも平成元年~9年、平成10年台、平成20年台の3つの年代のパッケージが登場しています。平成20年台のパッケージはこんな感じで、女子高生がスマートフォンで自撮り中でした。


天面では今回のコラボがアピールされています。


原材料名には植物油脂・砂糖・小麦粉・ココアパウダー・コーヒーパウダーなどが並んでおり、クッキーのような原材料が使われています。


カロリーは1袋あたり113kcal。1箱には3袋入っているので、1箱あたりでは339kcalです。


パッケージを開けると、こんな感じで小分けされていました。


小分けされた袋を見ると、「あの頃の青春Days ポッキー何本分話そうかな。」と、青春度高めのパッケージ。


ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>を取り出すとこんな感じ。色合いはチョコレートで、1本あたりが短く太くなったポッキーという見た目です。


実際に食べてみると、強いコーヒーの香りで、匂いは口の中から鼻まで届くほど。甘さが強いので、「ほろにが」というほど苦くもない感じで、コーヒー風味のポッキーという感じでした。


今回のコラボの目玉、「食べ合わせるとまるでティラミスのような味わい」を試してみます。


午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティーのパッケージには、食べ合わせの正しい作法が書かれていました。まずは「学生時代のピュアな気持ちを思いだしてみる」とのことなので、実際に思い出します。


ピュアな気持ちを思いだしたまま、ポッキーをふたくち食べます。


そして、午後の紅茶をひとくち。これを繰り返すとティラミス……とのことですが、午後の紅茶の味とポッキーの味が口の中で交互に主張するだけで、「混ざって1つの味」にはなりません。やや疑問の残るティラミス感でした。


「午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」は2019年2月12日(火)から期間限定で登場しています。販売価格はそれぞれ「午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」は税抜143円、「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」は税抜180円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
荒挽き深煎りでパンチのあるコーヒー感の「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」とリニューアルされた「ボス 贅沢微糖」を飲んでみた - GIGAZINE

義理チョコ代表「ブラックサンダー」から「ギリ」シャヨーグルトを使用した期間限定チョコが登場したので思いやりのイカヅチを受けてみた - GIGAZINE

ダイドーから「世界の最優秀パティシエ」ピエール・エルメのチョコと調和したスイーツカフェラテ「カフェ・オ・ショコラ」が登場したので飲んでみた - GIGAZINE

アップルパイのおいしいところだけを堪能できる「明治禁断のアップルパイの中身だけ」を食べてみた - GIGAZINE

サクランボの上品な甘酸っぱさとパイのしっとり食感を楽しめるハーゲンダッツ「ミニカップ チェリーカスタードパイ」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.