取材

アニメから出てきたかのような志摩リンや見るだけで癒やされるデフォルメ系フィギュアなど「ゆるキャン△」作品をまとめてみた


女子高生が仲良くキャンプする日常を描いた「ゆるキャン△」は2018年冬にアニメが放送され、第2期の制作が決まっています。そんな「ゆるキャン△」をモチーフにした作品をワンダーフェスティバル 2019[冬]の会場で多数発見したので、まとめてみました。

TVアニメ「ゆるキャン△」公式サイト
http://yurucamp.jp/

ALTERのブースには青空をバックに「志摩リン with スクーター」が展示されていました。志摩リンの原型はたなか☆せんう、彩色は渡邊恭大、スクーターの原型と彩色はみうらおさみです。


志摩リン with スクーターはこんな感じ。ライトブルーを基調にしたスクーターに志摩リンが腰掛けています。スクーターには若葉マークがついていました。


スクーターにはキャンプ用の荷物が満載されていました。志摩リン with スクーターは発売時期未定とのことでした。


6-24-10「豚鍋の家」ブースには富士山を背景に実際にキャンプ中の志摩リンと各務原なでしこのフィギュアが飾られていました。


アウトドアチェアに腰掛け、のんびりとキャンプをエンジョイ中の志摩リン。


志摩リンのフィギュアにはテーブル・コッヘル・バーナーが付属しており、価格は7000円とのこと。


キャンプ場で楽しげに走り回る各務原なでしこのフィギュアにはポット・ランプが付属します。こちらも価格は7000円でした。


7-31-05「はっぴーベル」ブースでは、寒い冬のキャンプ時に突然現れる「秘密結社ブランケット」のフィギュアが並んでいました。斉藤恵那が飼っているチワワのちくわも、ちくわ総統としてフィギュア化されています。価格は7000円です。


7-48-07「83℃」ブースでは、ほうとうの上に「なでしこカレーめん押さえ」「あおいちゃんほうとう麺押さえ」「リンちゃんカレーめん押さえ」「あきちゃんほうとう麺押さえ」がのっていました。価格は各5000円です。


鍋が大好きなあまり、各務原なでしこが鍋と一体化してしまったフィギュア「鍋の妖精鍋しこちゃん」を5-28-10「つのち工房」ブースで発見。


志摩リンの髪型をモチーフにした「しまりんだんご」も展示されていました。「鍋の妖精鍋しこちゃん」「しまりんだんご」は展示のみでした。


5-22-09「たけうちハム」ブースでは志摩リンが豚まんの上にちょこんと体育座りした「しまりんとぶたまん」と出会えました。価格は1500円。


まるちしんく」ブースではアニメ第1話で志摩リンと初めて出会ったときの服装の各務原なでしこをデフォルメした「でふぉるめなでしこ」と……


薪の上にちょこんと座っていた志摩リンをデフォルメした「でふぉるめしまりん」を発見。価格はそれぞれ4000円でした。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2019[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「ゆるキャン△」から志摩リンと犬山あおいがねんどろいどフィギュア化、家にいながらゆるーくアウトドア気分が味わえる - GIGAZINE

「ゆるキャン△」の世界観を楽しみながらサクッと人狼ゲームが楽しめる「ワンナイト人狼×ゆるキャン△~夜中にカレーをこぼした犯人は誰だ!?~」を遊んでみた - GIGAZINE

ファンシーでかわいらしいチノちゃんに大人っぽいチノちゃん、さらにラビットハウスなど「ごちうさ」フィギュアまとめ - GIGAZINE

「シグニット」「山城」「プリンツ・オイゲン」などキャラクターの魅力あふれるアズールレーンまとめ - GIGAZINE

in 取材,   マンガ,   アニメ, Posted by log1k_iy