取材

サーヴァントの人気傾向もつかめる?ワンフェス2019[冬]一般ブースで発見したFate関連フィギュア90体超まとめ


ワンダーフェスティバル 2019[冬]の商業ブースでは顔面偏差値高めな総勢50体超のFate関連新作フィギュアが展示されていましたが、一般ブースでも多くのFate関連フィギュアが登場していました。GIGAZINE編集部で撮影した分だけでも90体を超えており、「一体どのサーヴァントが人気なのか?」という傾向が如実に現れる結果となっていました。

ワンダーフェスティバル|Wonder Festival
http://wf.kaiyodo.net/

8-13-01「御伽噺」で発見した「Fate/zero イリヤスフィール・フォン・アインツベルン <クルミの冬芽探し>」。展示のみ。


8-14-02「flalalamingo」で見つけた「アルジュナみに」は4000円で販売されており、撮影時には完売していました。


同ブースで見つけた「カルナみに」は 完成品が2万5000円、通常版が6000円。ミニサイズのフィギュアですが、そのクオリティは眼で殺しにかかってくる真の英雄のそれでした。


8-15-07「天祇人」で見かけた「フル可動 沖田総司 1/12スケール レジンキャスト製組み立てモデル」は、その名の通り関節を動かせるアクションフィギュアとなっていました。販売価格は1万1000円で撮影時には完売していました。


同ブースの「フル可動 沖田総司(オルタ) 1/12スケール レジンキャスト製組み立てモデル」は1万4000円で、こちらも完売でした。


今回のワンフェス一般会場で特に多く見かけたサーヴァントの1体であるフォーリナー/葛飾北斎も「フル可動 葛飾北斎 1/12スケール レジンキャスト製組み立てモデル」となって登場。販売価格は1万円でこちらも完売済み。


同じフォーリナーのアビゲイルも多くのブースで見かけました。天祇人の「フル可動 アビゲイル・ウィリアムズ(霊基再臨第三段階) 1/12スケール レジンキャスト製組み立てモデル」は展示のみでしたが、攻撃時のタコ足のようなうねうねまで忠実に再現されていました。


8-16-11「明けの金木星」で見かけた「オルガマリー・アニムスフィア」。完成品の展示のみで、原型制作はみでんさんが担当。


彼女を襲う残酷な運命の存在に気付いているのでしょうか……。


8-17-08「Orz」で出会った「アストルフォ【Christmas.ver】」は、原型制作が三好はるさん、塗装はApostle使徒酱さんが担当。販売価格は1万円で撮影時には完売済みでした。


理性が蒸発してしまったアストルフォを元気はつらつに再現しています。


8-17-02「鶴の館」で見つけた「アビゲイル・ウィリアムズ[概念礼装]」も撮影時には完売していました。原型制作は千鶴さん、彩色はまいもっちさんが担当。


同ブースで見かけた「葛飾北斎」は1万5000円。完売。こちらも原型制作は千鶴さん、彩色はまいもっちさんが担当。


8-36-09「ハイノウリバー」では「ケツァル・コアトル(リヨ先生版)」の展示に遭遇。かなり邪悪な表情を浮かべながらフライングボディアタックを炸裂させています。


8-24-01「グリズリーパンダ」で見つけた「アストルフォ」


彩色サンプルでは2色の制服姿が披露されており、かなりキワドイ感じ。


同ブースの「Fate/stay night イリヤちゃんとあそぼ☆」&「Fate/Grand Order クロエちゃんとあそぼ☆」


「メイド・ジャンヌ・ダルク」


「アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕」


「ジャンヌ&ジャンヌ〔オルタ〕」


5-28-13「サンフラ」で見つけた「ジャック・ザ・リッパー」1万円。原型制作はさんふらわぁさん。


同ブースで見つけた「ジャンヌ・オルタ(水着ver)」1万2000円。原型制作はさんふらわぁさん。


「謎のヒロインXX」1万2000円。原型制作はさんふらわぁさん。


「アビゲイル(英霊旅装ver)」&「ラヴィニア・ウェイトリー」。原型制作はさんふらわぁさんで、各各8000円で販売されていました。


フォウくん&ニトクリスの風船を持ったアビゲイル。アビゲイルは英霊旅装版も多かったです。


ラヴィニアはオリジナルのアレンジが加えられています。


5-31-19「Yawn rabbits」で見つけた1/8スケールの「アビゲイル・ウィリアムズ 水着ver.」9000円。原型制作は百房さんが担当。


フリフリのフリルとアイスでキュート


5-34-02「うさPハウス」で発見した「BBマシュ」9000円。


2018年夏のイベントで登場した水着BBの第2段階の衣装をマシュに着せたもの。塗装例としては小悪魔たまご肌版と……


小麦肌版が再現されていました。


「ジャンヌ.バニー」は彩色の異なるサンプルが展示されていました。販売価格は9300円。


「ジャンヌ・オルタ・バニー」9000円


「ジャンヌ・オルタ・水着」9000円


アップ


キワドイポージング


「イシュタル/エレシュキガル バニーガール・コンパチキット」は金髪にするとエレシュキガル、黒髪にするとイシュタルに変身します。販売価格は9200円。


5-36-12「エポキシパフェ」では「マンガで分かる!Fate/Grand Order」から、セイバー


ジャンヌ


ダ・ヴィンチちゃん


ニトクリスの4体が登場。各2000円で、原型制作はすべて渡邊恭大さんが担当しています。


展示のみですが「英霊旅装 葛飾北斎」も発見。葛飾北斎は英霊旅装版も多かったです。原型制作は犬犬さん。


5-26-06「海ねずみ」では再販の1/7スケール「言峰綺礼」を発見。原型制作はsachiさん。


5-37-10「眉目麗し」で見つけた「玉藻の前」


5-38-11「ふりねこ集会所」の「ライダーさん化粧中」鏡ありVer.は1万3000円。


鏡なしVer.は1万円でした。


5-26-01「T's system」の再販となる1/6スケール「源頼光」1万6000円


再販の1/6スケール「玉藻の前」1万5000円


再販の1/6スケール「ネロ・クラウディウス」1万6000円


再販の1/6スケール「アストルフォ」1万2000円


リニューアル版の1/6スケール「ジャンヌ・ダルク・ルーラー」1万5000円


リニューアル版の1/6スケール「アルトリア・ペンドラゴン・リリィ」1万5000円


1/6スケール「ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕ver2」1万5000円


1/6スケール「マシュ/シールド」1万1000円。1/6スケール「マシュ・キリエライト」1万4000円。マシュ自体は再販で、専用のシールドが新作となるようです。


新作の1/6スケール「ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕ver3」1万5000円


新作の1/6スケール「沖田総司」1万8000円。魔人セイバーこと沖田オルタです。


5-24-19「undefined」で見つけた「アーチャーインフェルノ」は展示のみ。


5-24-17「CtrlZ」で見つけた1/8スケールの「旅装 葛飾北斎」。原型制作はNAYUTAさんが担当しており、販売価格は1万2000円。


足元にはとと様も。


5-23-08「えひめ軒」の「アストルフォ キラキラ☆フリフリ」6000円


5-21-01「SB4黒鈴小径」はエレナ・ブラヴァツキーへの愛が爆発していました。寝っ転がっているのは展示用のエレナ・ブラヴァツキーのようです。


「エレナ・ブラヴァツキー(チャイナドレス)」1万円


「エレナ・ブラヴァツキー(英霊正装)」1万2000円


「水着エレナ」1万5000円


3種類のエレナ・ブラヴァツキーが販売されており、同じキャラクターのバリエーションを豊富に取り揃えているのは撮影した限りでは「SB4黒鈴小径」だけでした。


5-20-01「凸+凹の店」で発見した「葛飾北斎 英霊旅装」1万円。


5-20-04「にこうぼう」で見つけた「ジャンヌ・ダルク(Fate)」展示のみ。


シュッと凜々しい表情で彩色版を見てみたいと思わせる出来栄え。


「源頼光」1万円


FGOで源頼光を使ったことがある人なら「あの瞬間」とわかるはず。


5-20-07「拡大図」で見つけた「ニトクリス」8000円


5-16-04「レモングミ」で見つけたは中国からはるばるやってきた一般ディーラーさん。「おき太&ノッブセット」原型は雷欧さんで見本の彩色はHiroさんが担当。価格は7000円。


「イシュタル&パッションリップセット」原型はSeavtenさん、見本の彩色はアオウさんが担当。価格は8000円です。


5-16-16「八極堂」では「桜セイバー」に遭遇。販売価格は9000円。


未塗装版も展示されていました。


「源頼光[バニーガールアレンジ]」1万1000円


4-16-02「夢のカグツチノ公国」では1/8スケールの「水着ジャンヌ・オルタ」を発見。原型制作は戸田聡さん。


躍動感あるポージング


1/7スケールの「水着ネロ」1万3000円。原型制作は戸田聡さん。


1/8スケールの「新宿編 ジャンヌ・オルタ」8000円。原型制作は戸田聡さん。


1/8スケールの「メルトリリス」1万円。原型制作は戸田聡さん。


4-27-14「てとらおどん」では「不夜城のキャスター」に遭遇。4000円。


4-25-17「ideal dystopia」では再販の「邪ンヌ・デンジャラスビーストver」1万5000円を発見。原型制作はのうみなるさん。


「源頼光 バレーボールユニフォームver」原型制作は椿井さん。


母らしい優しい表情です。


概念礼装のイラストを立体化した「酒呑童子 鬼に衣ver」も発見。こちらも原型制作は椿井さん。


「新宿のアーチャー 胸像ver」も同じく原型制作は椿井さんが担当です。


4-25-05「クラフトライク」からは「アルトリアオルタ 水着 ver」展示のみ


「ジャンヌオルタ(水着ver)」8000円


再販「エレシュキガル」1万円


4-21-02「植物少女園」では「こけし酒呑ちゃん&茨木ちゃん」5000円を発見。


4-21-04「奏造戯望」から「スカサハ/バニー」8000円


4-22-10「ヤツメウナギ」から「ルルハワの黒ひげ」3500円


4-22-11「mystt」から「殺生石」2000円。殺生石は玉藻の前が変化した姿と伝えられるそうです。。


「ウルクの王様と縁が結べるかもしれない」という「円筒印章」は3000円で販売されていました。


2017年のクリスマスイベント「冥界のメリークリスマス」で登場した「ドゥムジ」6000円、「ツェルコ(大)」1万円、「ツェルコ(小)」3000円、「冥界のサンタごっこセット」2000円


4-26-11「工作部屋」より「北斎ちゃん」6000円。原型制作はnoiさん。


4-31-11「MIDORO」では圧倒的存在感を放つ「ヴラド三世胸像」1万2000円


4-31-16「パン亭」で見つけた「山の翁」2万7000円


鋭い眼光が物理的に光ります。


4-33-01「Sakaki Workshops」から「英霊旅装 アビゲイル」1万5000円。原型制作は雨宮怜さん。


おでこには絆創膏がバッテンに貼られています。


7-19-01「菫色のツンドラ社」から「不夜城のキャスター」8000円


7-44-03「パポデジタル」の「英霊旅装:アビゲイル・ウィリアムズ」1万5000円


7-01-02「Heartstrings」で発見した「水着BBちゃん」1万6000円


7-06-01「GSプロジェクト」で見つけた「アビゲイル」は原型制作をSHIKIさんが担当したもの。展示のみで販売はありませんでした。


7-24-02「硫黄泉」から1/6スケールの「水着BB」1万3000円


6-26-16「mu」から「ニトクリス」5000円。原型制作はしょうめいさん、サンプルの彩色は渡邊恭大さんが担当。


他にも、一般ブースでは超絶クオリティの岡田以蔵や水着のジャンヌ・ダルク〔オルタ〕も見かけました。

Fate/Grand Orderから月下の禍々しい人斬り以蔵が美麗に立体化 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2019[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

顔面偏差値高めな総勢50体超のFate関連新作フィギュアまとめ - GIGAZINE

Fate/Grand Orderから月下の禍々しい人斬り以蔵が美麗に立体化 - GIGAZINE

「FGO」の「ラヴィニア・ウェイトリー」や創作美少女型ロボットなど個性あふれる造形表現がめじろ押しのワンダーショウケース36期 - GIGAZINE

Fateシリーズのジャンヌ・ダルク&モードレッドを立体化した「ジャンヌ・ダルク&モードレッド TYPE-MOON Racing Ver.」は商業の本気を感じさせるハイクオリティ - GIGAZINE

in 取材,   マンガ,   アニメ,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.