取材

美味しんぼのあの名シーンを巨大魚皿にしていつでも京極はんが感涙にむせぶ「京極はん 至高の魚皿 ~四万十川故郷の記憶~」


1983年から連載されており、グルメ漫画の代名詞的な存在として多くの人々に愛されているのが「美味しんぼ」です。その美味しんぼで、海原雄山が京極はんこと京極万太郎に「四万十川の鮎」を振る舞うシーンがあるのですが、これを食べた瞬間の京極はんの表情をそのまま魚皿にしてしまった猛者がワンダーフェスティバル 2019[冬]で登場しています。

伝統工芸|アニメ|オタク|Takaotacraft|高オタ
http://takaotacraft.wixsite.com/taka-ota

一般ブースの5-28-07「高オタクラフト実行委員会」で、強烈なオーラを放つ魚皿を発見。後ろに立っている人と比べるとわかるように、かなり巨大な皿です。


これは富山県高岡市の伝統職人・商人などによる制作チーム・高オタクラフト実行委員会が作った銅合金の魚皿。作品名は「京極はん 至高の魚皿 ~四万十川故郷の記憶~」で、伝統工芸の技と鋳造により作り上げられたものだそう。


品名が書かれたプレートまで高級仕様になっており、販売価格は2万円でした。なお、ブースを訪れたのは12時前だったのですが、既に完売済みでした。


口から飛び出ているのは鮎ではなくスプーンになっていました。


地元・四万十川で獲れた鮎を口にして目と鼻からあふれんばかりの水分を流す京極はん。この皿で食べれば普通の鮎もより美味しく感じられるのでしょうか……?


なお、京極はんの感動と共にお魚が食べられる「京極はん 至高の魚皿 ~四万十川故郷の記憶~」を作った高オタクラフト実行委員会は、他にも「天元突破グレンラガン五月人形兜飾り〜超天元突破セット〜」なども生産しているので、気になる人は公式サイトをチェックしてみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2019[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

朝日新聞と読売新聞が「美味しんぼ」の「究極と至高の対決」をリアルで実現する企画が始動 - GIGAZINE

FGOから岡田以蔵が月下の禍々しい人斬りスタイルで立体化 - GIGAZINE

バーチャルからリアルに出現、月ノ美兎・名取さな・キズナアイ・輝夜月などVTuberまとめ - GIGAZINE

なんと100万円超えの「2001年宇宙の旅」に登場した「ディスカバリー号」プロップ完全再現モデル登場 - GIGAZINE

「HUNTER×HUNTER」名勝負「ネテロ会長 vs メルエム戦」を圧倒的迫力でジオラマフィギュア化、「感謝するぜ お前と出会えた これまでの全てに!!!」と言いたくなるほどの完成度 - GIGAZINE

シン・ゴジラ第2形態「蒲田くん」がケチャップ用ノズルになって登場 - GIGAZINE

in 取材,   マンガ,   アニメ, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.