ゲーム

配信からわずか3日で1000万人以上のプレイヤーを獲得した「Apex Legends」とは?


配信からわずか72時間(3日)で1000万人以上のプレイヤーが参加し、同時接続数でも100万人超を達成したのが「Apex Legends」です。基本プレイ無料のバトルロイヤルゲームで、記事作成時点ではPlayStation 4・Xbox One・PC(Origin)に対応しています。開発は「タイタンフォール」シリーズのRespawn Entertainmentが担当しており、PUBGやフォートナイトと同じ近年人気のバトルロイヤルゲームということで、注目が集まっています。

Apex Legends - バトルロイヤルの進化形 - PS4、Xbox One、PCで無料配信中
https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/news

A Message from Vince Zampella on Apex Legends
https://www.ea.com/games/apex-legends/news/apex-legends-10-million-players

「Apex Legends」は個性的な性格と長所・アビリティを持ち合わせた伝説の戦士(レジェンド)たちが、富と名声を懸けて戦うという設定のバトルロイヤルゲーム。ゲームの舞台は「タイタンフォール」の世界をベースとしており、個性的なレジェンドたちがどんなアビリティを駆使して戦うのかは、以下の公式トレーラーを見れば何となくわかります。独特のデザインのキャラクターたちが、ほんのり日本を感じさせるエッセンスを含んでいる点もポイントです。

Apex Legends Official Launch Trailer - YouTube


以下のトレーラーでは、実際のゲームプレイ画面および各レジェンドの特徴が見られます。

Apex Legends Gameplay Trailer - YouTube


開発元のRespawn EntertainmentでCEOを務めるVince Zampella氏は、自身のTwitter上でたったの3日で1000万人のユーザーを獲得できたことを報告しています。

????x10,000,000
So amazed @PlayApex hit 10 million in 72 hours. #ApexLegends https://t.co/rZmOgNnwhF pic.twitter.com/j68PYHMAfM

— Vince Zampella (@VinceZampella)


なお、同じバトルロイヤルゲームのフォートナイトが1000万人のユーザーを獲得するのにかかった時間は2週間でした。

In two weeks since we’ve launched, over 10 million of you have played Battle Royale. We can’t say thank you enough. https://t.co/v39jBGe9qd pic.twitter.com/pkC7fhdl4K

— Fortnite (@FortniteGame)


Zampella氏はApex Legendsの公式ブログの中で、「我々は開発中のゲームをこの方向(バトルロイヤルゲーム)に舵取りし、基本無料でのプレイとしてローンチすることが危険であることは理解していました」と、基本プレイ無料のバトルロイヤルゲームとしてApex Legendsをリリースすることはリスクをはらんだものであったと言及しています。それでもApex Legendsを基本プレイ無料のバトルロイヤルゲームとした理由として、「我々はApex Legendsに恋をし、他の人々にもプレイしてもらいたいと感じたのです」と語っています。


海外メディアのThe Vergeは、「オーバーウォッチのコアなゲームプレイとキャラクターを、フォートナイトやPUBGのようなバトルロイヤルゲームと組み合わせたよう」と表現しています。

Apex Legendsは最大60名のプレイヤーが3人1組のチームを組んで戦うというバトルロイヤルゲームです。通常、こういった種類のゲームではボイスチャットで仲間と連携を取ることが必須とされますが、Apex Legendsではボイスチャットを必須としないのが特徴だそうです。例えばバトル開始時、他のバトルロイヤルゲームと同じようにマップのどこに降りるかをプレイヤーが選択可能となっているのですが、チームメンバーのひとりにランダムで決定権が付与されるので、バトル開始時からチームがバラバラになるといった事態は防げるようになっています。

また、プレイ中にソナーのような通知を送ることでチームメイトに「武器を見つけた」や「敵発見」などを知らせることが可能となっており、これによってボイスチャットがなくても手軽に仲間とのコミュニケーションが図れるようになっているとのこと。

配信から3日ではやくも1000万人のユーザーを獲得したApex LegendsのPC版をプレイする場合、必要動作環境および推奨動作環境は以下の通りです。

◆必要動作環境
OS:Windows 7 64ビット版
CPU:Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
RAM:6GB
GPU:NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7700
GPU RAM:1GB
ストレージ:30GB以上の空き容量

◆推奨動作環境
OS:Windows 7 64ビット版
CPU:Intel i5 3570Tおよび同等品
RAM:8GB
GPU:Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
GPU RAM:8GB
ストレージ:30GB以上の空き容量

バトルロイヤルゲームとして不動の人気を誇るフォートナイトの成功した理由は、基本プレイ無料である点とさまざまなプラットフォーム上でプレイできる点が挙げられますが、Apex Legendsが今後どのようなプラットフォームに対応するのか、そして記事作成時点では対応していないクロスプレイの対応がいつ頃になるのかにも注目が集まるところです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料プレイ可能な建築×バトルロイヤルゲーム「フォートナイト」のNintendo Switch版をプレイしてみた - GIGAZINE

フォートナイトはただのゲームではなくコミュニケーションツールとして大きな役割を担っている - GIGAZINE

PUBGが無料&低スペックPCでもプレイ可能な「PUBG Lite」をリリース - GIGAZINE

人気バトルロイヤルゲームの「PUBG」が「フォートナイト」への訴訟を取り下げ、法的な争いはひとまず収束か - GIGAZINE

100億円以上というeスポーツ界トップクラスの賞金がフォートナイトの公式大会にかけられるとEpic Gamesが発表 - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.