試食

特製XO醤のこってり味に香味豚バラなど厳選素材が加わった餃子の王将の「極王焼そば」を食べてきた


餃子の王将のプレミアム焼きそば「極王焼そば」が2019年2月1日にリニューアルされました。生まれ変わった「極王焼そば」は特製XO醤、北海道産小麦粉100%の特製麺、香味豚バラ、こだわり玉子などの厳選素材を、こだわった調理法で仕上げたワンランク上のメニューになっているとのことなので、実際に食べてきました。

美味しくリニューアル!!「極王焼そば」 | 全国共通フェア情報 | 餃子の王将
https://www.ohsho.co.jp/event/fair/_2.html

餃子の王将に到着。


店内には極王焼そばをアピールするポスターが貼られていました。


「極王焼そば」は単品では税別630円ですが、2月の間の限定セットとして、餃子3つと杏仁豆腐がついた「極王焼そばセットA」(税別843円)、餃子3つにライス(小)とスープがついた「極王焼そばセットB」(税別880円)も提供されています。今回は極王焼そばセットAを注文したところ、10分ほどで提供されました。


「極王焼そば」はこんな感じ。ソース焼そばよりちょっと薄い色合いの焼そばに野菜がたっぷり入っています。


トップには海老が1匹のっていました。全体にオムレツのようなふんわりめの玉子が入っています。


香味豚バラのほかにもキャベツ、白菜、ピーマンなども入っています。麺だけでなく、野菜もかなりたっぷりめ。


食べてみると、XO醤の濃厚な味わいがたっぷり絡まった麺がインパクト感大。麺はかなりこってりとした味付けですが、ふわふわ玉子とシャキシャキの野菜を食べると、口の中のこってり感が中和されていい感じに。唐辛子も入っていますが、「ちょっとだけ辛め」という感じ。


小ぶりに見える香味豚バラは、かんだ瞬間に口の中が豚肉の味わいに支配されるほどの圧倒的な味の濃さ。


海老はプリプリですが、麺と一緒に食べると麺の濃厚な味に負けてしまうかも。麺が主役な焼そばでした。


セットメニューならプラス108円することで、餃子をさらに3個追加することも可能です。お腹が空いた人には是非おすすめです。


「極王焼そば」は2019年2月1日から一部店舗を除く全国の餃子の王将で提供されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
こってり牛焼肉とふわとろ天津飯が絶妙ハーモニーな大阪王将「牛焼肉天津飯」「牛焼肉チーズ天津飯」を食べてきた - GIGAZINE

鴨の弾力ある食感とうま味がこれでもかと味わえる「鴨すきうどん」「鴨つけうどん」を丸亀製麺で食べてみた - GIGAZINE

東北のふるさとの味であたたまる大戸屋「牛肉と里芋のみそ煮定食」を食べてきた - GIGAZINE

魚介と野菜のうま味たっぷりな「醤油ちゃんぽん」とホロホロと柔らかい豚角煮がのった「角煮ちゃんぽん」をリンガーハットで食べてみた - GIGAZINE

すだち香るさっぱりポン酢と濃厚マヨネーズが相性抜群の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢マヨ醤油味」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.