試食

ダイドーから「世界の最優秀パティシエ」ピエール・エルメのチョコと調和したスイーツカフェラテ「カフェ・オ・ショコラ」が登場したので飲んでみた


パティスリー界のピカソ」と呼ばれるパティシエ&ショコラティエのピエール・エルメ氏とダイドードリンコが共同開発したスイーツカフェラテ「ピエール・エルメ×ダイドーブレンド カフェ・オ・ショコラ」が2019年1月21日(月)から登場しています。ダイドーブレンドのこだわりである「香料無添加」のコーヒーと、なめらかな口溶けのチョコレートが調和しているとのことなので、実際に飲んでみました。

コーヒー飲料初!ピエール・エルメ氏と共同開発のスイーツカフェラテ「ピエール・エルメ×ダイドーブレンド カフェ・オ・ショコラ」を新発売
https://www.dydo.co.jp/corporate/news/2019/190110.html

これが「ピエール・エルメ×ダイドーブレンド カフェ・オ・ショコラ」のパッケージ。


1本あたり220mlで、小さめサイズのボトルです。


使用されているカカオのうち60%がエクアドル産のもので、コーヒー豆の90%はエチオピア産。「まろやかさと華やかな芳香が特徴」とのことです。


原材料名を見たところ、牛乳、砂糖、コーヒーと続き、香料は不使用。チョコレートやココアバター調整品も入っています。


カロリーは100mlあたり50kcalなので、1本あたり110kcalです。


中身をコップにあけてみたところ、ホットチョコレートのようなとろりとした液体でした。


ホットチョコレートやココアのようなとろみに反して、口に入れた瞬間に広がるのはコーヒーの香りで、味もコーヒー寄り。しかし飲んでいるとふわりとチョコレートの香りが鼻を抜け、とろりとした液体の舌触りとあわさって、まるで口の中で繊細なチョコレートが溶けているかのような感覚です。華やかなチョコレートと香ばしいコーヒーの香りの2つはどちらかが主張しすぎることなく調和していました。


「スイーツカフェ」という言葉から甘さの強いドリンクかと思いきや、甘過ぎないのでゴクゴク飲めて後味もすっきりでした。


なお、「ピエール・エルメ×ダイドーブレンド カフェ・オ・ショコラ」は税抜150円で、全国のコンビニエンスストアなどで販売されます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界初、80年ぶりとなるチョコレートの新フレーバー「ルビー」を使ったキットカットを食べてみました - GIGAZINE

食べ物・飲み物・あらゆるものがチョコまみれのチョコレート専門レストラン「MAX BRENNER CHOCOLATE BAR」に行ってきました - GIGAZINE

バレンタインを目前にチョコレートを使ったソフトクリーム&アイス約40種類を阪急百貨店で買いまくって食べてみました - GIGAZINE

カカオ豆からチョコレートを作る風景がじっくり見られる「Cacaotier Gokan」に一足早く行ってきました - GIGAZINE

口溶けが究極に滑らかなチョコレート「リンドール」の量り売り&カフェがある関西初の路面店「リンツ ショコラ カフェ 京都四条通り店」に行ってきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.