サイエンス

難病に効果のある「癒やしのうんこ」を出す能力者の存在が研究によって示される


健康な人の便を患者に投与することで腸内細菌の生息バランスを整えて症状の改善を狙う「便微生物移植(FMT)」という治療法が近年注目されています。そんなFMTに関するこれまでの臨床研究データから、指定難病などの治療に効果が期待される「癒やしのうんこ」を出せる人が存在するかもしれないと、オークランド大学の研究チームが主張しています。

Frontiers | The Super-Donor Phenomenon in Fecal Microbiota Transplantation | Cellular and Infection Microbiology
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fcimb.2019.00002/full


Some of us may produce super-healing poop—and scientists are on it | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2019/01/some-of-us-may-produce-super-healing-poop-and-scientists-are-on-it/


人間の腸内には数百種類、500兆~1000兆個の細菌が生息しているといわれ、「フローラ」と呼ばれる豊富で多様な微生物コミュニティを組成しています。この腸内フローラの組成は、指紋が人によって異なるように、個人によってさまざま。腸内フローラの組成と機能性は、栄養・エネルギー代謝・免疫などにおいて特殊な働きを持ち、宿主の健康に大きな影響を与えていることがわかっています。また、潰瘍性大腸炎クローン病といった難病の患者の腸内ではフローラの数や種類が少なくなるという報告もあります。


そこで、健康な人の便を希釈して腸に散布したりカプセル剤として内服したりすることで、腸内フローラのバランスを正常化して症状の改善を狙う「FMT」が考案されました。FMT自体は古代から行われていましたが、科学的に研究が行われるようになったのは20世紀に入ってからのこと。依然研究中のFMTですが、少なくともクロストリディウム・ディフィシル感染症への有効性は示されていると研究チームは指摘しています。

クロストリディウム・ディフィシル感染症とは、抗菌薬の使用などによって腸内フローラのバランスが大きく崩れてしまい、本来少数派の細菌であるクロストリディウム・ディフィシルが異常増殖して消化器の炎症を引き起こすという病気。FMTはクロストリディウム・ディフィシル感染症に対して根本的な治療が期待できる方法であり、研究によるとクロストリディウム・ディフィシル感染症を再発した患者に対してFMTを行ったところ、患者のおよそ92%が治癒したそうです。


FMTはクロストリディウム・ディフィシル感染症だけでなく、潰瘍性大腸炎・クローン病・過敏性腸症候群への有効的な治療法としても期待されています。しかし、「高い治療効果が認められる」という研究もあれば「有効性は高いとはいえない」とする研究もあり、現状ではFMTが確実に有効であるとはいえません。そこで、オークランド大学の研究者がこれまでのFMTに関する膨大な臨床研究データを分析した結果、「治療効果の高い便を先天的に出す人」が存在する可能性が浮かび上がってきたそうです。

例えば、2015年に潰瘍性大腸炎の患者75人を対象にFMTのランダム化比較臨床試験が行われましたが、その治癒率はわずか24%だったとのこと。しかし、症状が寛解した9人の患者のうち、7人がなんと同じドナーの便を投与されていたことが判明。また、2017年に行われた別の臨床試験でも、特定のドナーの便を投与された患者の寛解率が高いことが判明しました。

ただし、このようなFMTの「スーパードナー」の便が特に高い治療効果をもたらす明確な理由は、FMTの大規模な比較臨床試験がそれほど行われておらずデータが不足しているため、いまだによくわかっていないそうです。


さらに、FMTに関する研究の多くは細菌そのものに焦点を当てているものの、研究チームは「便の非細菌要素」に治療効果がある可能性も示唆しています。実際に、オークランド大学の研究者が行ったクロストリディウム・ディフィシル感染症の患者5人を対象とした小規模な臨床実験では、「微生物の破片やタンパク質、DNA、抗菌化合物、代謝産物、ウイルスが含まれているだけ」という便のろ液を投与した場合でも感染症の治癒が認められたとのこと。

より多くのFMT関連の臨床的・微生物学的データが蓄積されるにつれて、病気に応じて治療に適した便があるということがわかってきたため、「一人のスーパードナーの便がすべての難病の特効薬になるというわけではない」と研究チームは論じています。一方で、研究チームは「スーパードナーはFMTの結果に大きな影響を与える」と述べ、「スーパードナーの便を研究することで治療が標準化し、治療効果のばらつきが減少される上に、より洗練されたFMT製剤が開発される可能性もあります」と期待していました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
うんちの中には多くの「生き物」が含まれる、その中身を分析するとこんな感じ - GIGAZINE

「なぜウォンバットのうんちは四角いのか?」という謎を科学者が解き明かす - GIGAZINE

うんちの香りスプレー「Liquid Ass」が医療用途で使用されるようになった理由 - GIGAZINE

うんちを公共の場にわざと残す「シリアルプーパー」の心理とは? - GIGAZINE

生命力が非常に強い生き物「クマムシ」のうんちはめちゃくちゃデカい - GIGAZINE

人は一生でどのくらいのうんちをするのか?をイラストで解説するとこうなる - GIGAZINE

18金製できらめく「金のうんこ」を本職の宝石屋さんが本気で作るとこうなる、衝撃の実物はこんな感じ - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.