メモ

ドローンがニューヨーク近郊の空港にも飛来して飛行機の運航を妨害する


イギリスのガトウィック空港ヒースロー国際空港にドローンが飛来して、飛行機の離発着が中止され空港機能が麻痺する事態になりましたが、今度はアメリカ・ニューヨーク近郊の空港でも同様の事件が起こりました。

Drone Flying Near Newark Airport Briefly Halts Flights - The New York Times
https://www.nytimes.com/2019/01/22/nyregion/drones-newark-airport-ground-stop.html

ドローンの飛来によって航空機の離着陸が一時停止されたのはニューヨーク近郊にありアメリカでも最も忙しい空港の一つとして知られるニューアーク・リバティ国際空港です。

現地時間の2019年1月22日に、ニューアーク空港から20マイル(約32キロメートル)の距離にあるテターボロ空港の3500フィート(約1.1キロメートル)上空をドローンが飛行しているのが確認されました。報告はサウスウエスト航空とユナイテッド航空の乗務員からそれぞれ寄せられたものだとのこと。報告を受けたニューアーク空港は、直ちに全便の離発着を中断し、ドローンが空港付近から飛び去ったのが確認された午後7時までに通常運航に戻ったそうです。


ニューアーク空港によると離発着の一時停止措置は連邦航空局(FAA)の指示によるものだったとのこと。今回のドローンによる妨害に対してはFAAと連携し、法執行機関による捜査に全面的に協力する予定だとの方針を明らかにしています。

・関連記事
ドローンによる妨害で空港の滑走路が使用不可能になり全便欠航となる事態が発生 - GIGAZINE

ロンドンのヒースロー国際空港にもドローンが飛来、出発便の離陸が中止に - GIGAZINE

ドローンでロンドンの空港を機能停止に追い込んだ犯人が逮捕される - GIGAZINE

ドローンが飛行機の翼に激突したらどうなるのか? - GIGAZINE

ついにドローンが旅客機と衝突する事故が発生 - GIGAZINE

鳥だけでなくドローンが離着陸時の旅客機にとって脅威になりつつある - GIGAZINE

ドローンを飛ばして着陸中の旅客機を撮影した人物が逮捕される - GIGAZINE

in ハードウェア,   乗り物,   メモ, Posted by logv_to