ネットサービス

SpotifyやApple Musicなど音楽ストリーミングの影響でヒット曲がどんどん短くなっている


かつてはダウンロード販売が主だった楽曲のデジタル配信は、スマートフォンの普及と共にストリーミング配信が主流となり、SpotifyApple Musicなどの音楽ストリーミングサービスがにぎわいを見せています。そんな音楽ストリーミングサービスの影響で、ヒット曲の長さが年々短くなっていると指摘されています。

Is Spotify making songs shorter? — Quartz
https://qz.com/1519823/is-spotify-making-songs-shorter/

2018年9月、10代の新進ラッパーであるリル・パンプとヒップホップ界のカリスマであるカニエ・ウェストが発表した「I Love It」は、リリースから2カ月以内に音楽ストリーミングサービスのSpotifyで1億9300万以上、YouTubeでは2億7000万回以上の再生を記録しました。アメリカのシングル人気チャートであるBillboard Hot 100に6週間もチャートインし続けたこの曲の長さはわずか2分7秒。リル・パンプは他にも「Gucci Gang」というわずか2分4秒の曲で、Billboard Hot 100にチャートインした経歴があります。

Kanye West & Lil Pump ft. Adele Givens - "I Love It" (Official Music Video) - YouTube


海外メディアのQuartzによると、Billboard Hot 100にランクインする曲の長さの平均は2013年で3分50秒だったのが、2018年でおよそ3分30秒にまで減少したとのこと。例えば、ケンドリック・ラマーが2012年に発表したアルバム「Good Kid, M.A.A.D City」では、曲の長さの平均は5分37秒で、すべての曲が3分30秒より長くなっています。一方、2017年に発表したアルバム「DAMN.」では、曲の長さの平均は3分57秒と短くなっていることが判明しています。


また、楽曲が短くなっていくという現象は、ヒップホップだけではなく他のジャンルでも見られるとのこと。以下のグラフはカントリーソングシンガーのジェイソン・アルディーンが2010年から2年ごとに発表した5作分のアルバムを比較したもので、トラック数は15曲と変わらないものの、アルバムの長さはだんだん短くなっていることがわかります。2010年リリースの「My Kinda Party」に比べて、2018年リリースの「Rearview Town」の総再生時間は18%も短くなっているそうです。


以下のグラフは、Billboard Hot 100にチャートインした曲のうち、曲の長さが2分30秒以下のものの割合を示しています。2015年まではおよそ1~2%あたりだったのが、2016年から急激に増加し、2018年には6%に達していることがわかります。


曲が少しずつ短くなったのは、SpotifyやApple Musicなどの音楽ストリーミングサービスが大きく影響しているとQuartzは指摘しています。アメリカレコード協会が発表した(PDFファイル)2018年の業界レポートによると、アメリカの音楽収入の75%が音楽ストリーミングサービスからのもの。SpotifyやApple Musicでは一回再生されると権利者におよそ0.004ドル(約0.44円)が支払われる仕組みとなっていて、その金額は曲のジャンルや長さに関係なく同じです。そのため、ストリーミング再生数を伸ばすには、よりコンパクトでキャッチーな曲が求められ、曲が短くなっているのだとQuartzは論じています。


かつて蓄音機は2~3分ほどの曲しか録音できなかったため、1920年代から1950年代までのヒット曲は総じて2~3分で収まる長さでした。しかし、LP盤、カセットテープ、CDなど、メディアの記憶容量が大きくなるにつれて長い曲を収録することが可能となり、それにつれて曲の長さも延びていったという歴史があります。「ストリーミングの時代である現代、技術と経済によって私たちの好む音楽はシンプルな方向に立ち戻っています」とQuartzは述べています。

・関連記事
Spotifyが10周年記念にオールタイムベストやこれまでの年間ベストを発表 - GIGAZINE

心肺蘇生を成功させるためのSpotifyプレイリストを病院が公開、レディー・ガガやジャスティン・ビーバーなど - GIGAZINE

200万人がSpotifyの有料サービスを広告ブロックアプリを使用して無料で享受している - GIGAZINE

今や「音楽のダウンロード」はCDやレコードよりも衰退している - GIGAZINE

Apple Musicは夏にはSpotifyを越える、という予測 - GIGAZINE

Spotifyが「著作権手続きの不備」を理由に名だたるミュージシャンの権利を管理する事務所から1800億円の支払いを求める訴えを受ける - GIGAZINE

SpotifyがAppleによるApp Storeの利用料徴収は高すぎて不公正とEUに再び訴える - GIGAZINE

in モバイル,   ネットサービス, Posted by log1i_yk