レビュー

提供終了したOfficeのクリップアートの豆人形を再現できる「パワポマンメーカー」


Microsoft Office製品で提供されていたクリップアートは残念ながら2014年12月1日に提供が終了しています。そんなクリップアートでも特に重宝されていた、さまざまな格好をしたアバター通称「パワポマン」。そんなパワポマンを髪型や服装を自由に組み合わせてオリジナルのパワポマンを作成できるのが「パワポマンメーカー」です。

パワポマンメーカー
http://tokyotools.webcrow.jp/pawapoman/

上記サイトにアクセスすると、「肌の色」「服装」「髪型」「かぶり物」「そのほかの道具」の5種類を選べる画面が表示されます。


肌の色や服装などを指定してパワポマンが出来上がったら「画像保存」をクリックします。


画像のみのページが新しく開かれるので、右クリックして「名前を付けて保存」をクリックして、任意の場所に保存します。


ファイルサイズは組み合わせによってまちまちで、30KB~120KBほどでした。使えるアイテムが豊富なので、さまざまな職種のパワポマンを作れるようになっていました。

・関連記事
OpenOffice.orgのクリップアート数を劇的に増量する方法 - GIGAZINE

日本最強のフリー素材である「いらすとや」は現実社会にも浸透していた - GIGAZINE

写真から自動でアバターを作成するシステムをFacebookが開発 - GIGAZINE

無料のクリップアートを6900個以上入手できる「Open Clip Art Library」 - GIGAZINE

無料で使えるオープンソースの200種類以上あるSVG形式アイコンセット「Clarity Icons」 - GIGAZINE

無料で使える「巴御前」をイメージした優雅で柔らかなフォント「姫明朝ともえごぜん」 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス,   デザイン, Posted by log1l_ks