映画

伝説の殺し屋をキアヌ・リーブスが演じる「ジョン・ウィック3: パラベラム」の予告編公開


「3人の男を鉛筆で殺した」など数々のエピソードを持つ伝説の殺し屋ジョン・ウィックが、殺し屋たちが集う「コンチネンタル・ホテル」のルールを破り、殺すべきでない人物を殺してしまったことから、ホテルから命を狙われ、さらに1400万ドル(約15億円)の懸賞金を狙って全世界の殺し屋が次々に襲ってくるという映画「ジョン・ウィック3: パラベラム」の予告編が公開されました。監督は1作目、2作目に引き続きチャド・スタエルスキ氏が務めます。

John Wick: Chapter 3 - Parabellum (2019 Movie) Official Trailer – Keanu Reeves, Halle Berry - YouTube


「ジョナサン、お前は一体何をしたんだ?」


雨の中、街を走る1人と1匹。


走っているのは……


伝説の殺し屋、ジョン・ウィック(演:キアヌ・リーブス)です。


どこかに入っていくウィック


「何が望み?」と尋ねられ……


「予言だ」と答えるウィック。


しきりに時間を気にしています。


ナイフを手にするスキンヘッドの女性が狙うのは……


ウィック


「彼の首には1400万ドル(約15億円)の賞金がかかっている」


ウィックは「コンチネンタル・ホテル」でルール違反の殺しを犯してしまったことから、懸賞金を狙う全世界の殺し屋と、ホテルとの両方から命を狙われています。


「ダーク、あと5秒だ」


カウントダウンが始まり……


時計の針が6時を示しました。


銃を手に取るウィック。


そして派手なバトルが開始。


数々の殺し屋が現れます。


謎の部屋で殺し屋のワナにおびき出されるウィック。


本さえも武器に。


街のあらゆる場所が戦場に。


そしてたどり着いた場所とは……。


現れたのは暗殺者ソフィア(演:ハル・ベリー)


「ソフィア、昔のように過ごそうじゃないか。会話をしよう」


「会話だけだったことなんてないでしょう」


ウィックとソフィアは共闘。果たしてウィックは殺しの手から逃れることができるのでしょうか……。


なお、ジョン・ウィック3: パラベラムは2019年5月17日に全米公開予定で、日本での公開日は記事作成時点で未定です。

・関連記事
映画「ジョン・ウィック」のようなハードな銃撃戦をトイガン・Nerfでやるとどうなるのか? - GIGAZINE

ぼっちで有名なキアヌ・リーブスがマトリックス並みの驚異的な射撃スキルを披露 - GIGAZINE

「信じるもののためには手段は選ばない」、キアヌ・リーブスが見せる真の男の生き様「フェイク シティ ある男のルール」 - GIGAZINE

映画「マトリックス」のリブートをワーナー・ブラザースが準備中、ウォシャウスキー姉妹は現時点では関与なし - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa