ハードウェア

簡単装着の新VRヘッドセット「VIVE Cosmos」やアイトラッキング対応「VIVE Pro Eye」などをHTCが発表


アメリカ・ラスベガスで開催されるCES 2019に合わせて、HTCがアイトラッキング(視線追跡)機能付きのVRヘッドセット「VIVE Pro Eye」やよりシンプルな新ヘッドセット「VIVE Cosmos」などのVR新製品&サービスを発表しました。

新VIVE PRO
https://www.vive.com/jp/pro-eye/

VIVE COSMOS
https://www.vive.com/jp/cosmos/

◆VIVE Pro Eye
VRヘッドセット「VIVE Pro」にアイトラッキング機能が搭載された「VIVE Pro Eye」。1440×1600ピクセル(615ppi・90Hz)×2のディスプレイで視野角は110度、ハイレゾ対応ヘッドホンを搭載し、メガネにもフィットするエルゴノミクス設計になっています。


視線を追跡できることで、注視するだけでメニューを選べるなど、コントローラー不要の新しい操作性を実現しているとのこと。ルームスケールステージは最大4.5m×4.5mで、複数人でのVR体験も可能です。


アイトラッキング機能により、ターゲットを見るだけで精度の高いエイムが可能になるなど、直感的な操作を実現しています。アイトラッキングは周辺視野の解像度を下げてレンダリング負荷を軽減しながら没入感を高めるフォービエイテッド・レンダリングを可能にし、GPUパワーを物体やエリアに適切に分配することでクリアなイメージ描画が可能になっているとのこと。


VisrtualCast Enterprise版がすでにVIVE Pro Eye対応を果たしており、ユーザーの目の動きやまばたきにリンクするアバター表現のデモムービーを公開しています。

"VIVE Pro Eye" Eye Tracking Demo - YouTube


また、ビジネスユースでは、バーチャル店舗のシミュレーションでユーザーがどのエリアにどれくらい注目しているかを計測できるなどの応用も可能です。


VIVE Pro Eyeは2019年4月に発売予定です。

◆VIVE Cosmos
VR体験のハードルを下げるべく新開発されたヘッドセット「VIVE Cosmos」も発表されました。


VIVE Cosmosの特長は、以下のムービーで確認できます。

HTC VIVE - VIVE Cosmos Trailer - YouTube


VIVE Cosmos最大の特長はケーブルレスによる自由なVR体験が可能なこと。カメラセンサーによって外部のベースステーションが不要なため、家と外出先の両方で使用できるなど場所を問わず使える柔軟性を備えています。なお、接続する母艦にはPCだけでなくスマートフォンなどのモバイル端末も想定されています。


簡単でセットアップの手間いらずで、「箱から取り出した瞬間からVR体験を開始可能」だとのこと。


快適性と簡便さに配慮された設計で、フリップアップデザインによって、急な電話着信にも対応できるなど、仮想空間と現実空間を一瞬で行き来できます。


6DoFのヘッドセットは付属のコントローラーを使って正確なトラッキングとジェスチャーコントロールが可能。


「箱から取り出した瞬間から深い没入感のあるVR体験」を実現するとのこと。


VIVE Cosmosの開発者キットは2019年の早い時期に提供される予定。母艦となるゲーミングPCとの接続方法などの詳細や価格は2019年後半に公表予定です。

◆Viveport Infinity
VRコンテンツ配信プラットフォーム「Viveport」に、無制限のコンテンツ利用が可能となるサブスクリプションサービス「Viveport Infinity」が新設されました。Viveport Infinityは簡単に言えば「VR界のNetflix」というサービスです。

Viveport Infinity – Unlimited Adventure - YouTube


HTCによると1年前に比べてViveportの利用は3倍に急増しており、すでに1000を超えるコンテンツが利用可能になっています。従来の月に5コンテンツというサブスクリプションサービスでは需要に追い付かないということで、無制限プランの導入となった模様。


Viveport Infinityでは500以上のコンテンツを無制限にダウンロードして利用可能。


ゲームだけでなく……


アートワーク


教育ソフト


スポーツ


音楽など多様なコンテンツを無制限に利用可能です。


Viveport Infinityは2019年4月5日からスタートしますが、月額利用料は記事作成時点は不明です。


◆Vive Reality System
VRヘッドセットのコアソフトウェアを改良した「Vive Reality System」も発表されました。


Vive Reality Systemによってユーザー同士がつながってムービーを視聴したり、ゲームをプレイしたり、その他のクリエイティブな体験などのアクティビティに参加できるようになるとのこと。

Welcome To The VIVE Reality System - YouTube


Vive Reality Systemの詳細については明らかになっていませんが、最初の対応端末はVIVE Cosmosになり、2019年後半の配信開始が予定されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
VRヘッドセット「HTC Vive」からデザイン刷新&解像度78%アップされた新モデル「Vive Pro」が登場、実物はこんな感じ - GIGAZINE

4万5000円の一体型VRシステム「Oculus Quest」登場、ゲーミングPCが不要な「次のレベルのVR」へ - GIGAZINE

SamsungのWindows MRヘッドセット「Odyssey」は視野角110度の有機ELディスプレイで他社を上回る性能を持つ - GIGAZINE

あらゆるモノをVRに対応させる「Vive Tracker」や「Deluxe Audio Strap」、HTC ViveのVR体験を拡張する新アクセサリーが登場 - GIGAZINE

VRヘッドセットで実際にプレイされている人気ゲームは一体何なのか? - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.