ハードウェア

SamsungのスマートテレビでAppleのAirPlay 2やiTunesのビデオコンテンツが利用可能になる予定

by [email protected]

韓国の家電・電子製品メーカーであるSamsungは、長年にわたりスマートフォン市場においてAppleと激しい争いを続けています。そんなSamsungが開発・販売するスマートテレビ上で、iTunesのビデオ配信サービスやApple AirPlay 2をはじめとするAppleのサービスが利用できるようになることが発表されました。

Samsung Smart TVs to Launch iTunes Movies & TV Shows and Support AirPlay 2 Beginning Spring 2019 - Samsung US Newsroom
https://news.samsung.com/us/samsung-smart-tvs-launch-itunes-movies-tv-shows-support-airplay-2-spring-2019/

Apple’s service strategy means it will sell Apple Video on Samsung TVs - Recode
https://www.recode.net/2019/1/6/18171035/apple-samsung-tv-service-strategy

Samsung Smart TVs will support Apple AirPlay 2 and iTunes videos in spring 2019 (Updated) | VentureBeat
https://venturebeat.com/2019/01/06/samsung-smart-tvs-will-support-apple-airplay-2-and-itunes-videos-in-spring-2019/

Samsungは2019年1月6日、同年3月からリリースされる予定のスマートテレビにおいて、Appleが提供する動画ストリーミングサービス「iTunes Movies and TV Shows」が利用可能になると発表しました。また、音楽や映像を他デバイスから転送して再生できる「Apple AirPlay 2」にも対応する予定とのこと。


2018年に発売されたモデルについても、ファームウェアのアップデートによりiTunes Movies and TV ShowsやAirPlay 2に対応するとSamsungは発表しています。iTunes Movies and TV Showsアプリは全世界100カ国以上のSamsung製スマートテレビで、Apple AirPlay 2は190カ国ものSamsung製スマートテレビで利用できるそうです。

今回の発表によりAppleのApple TV 4KだけでなくSamsungのスマートテレビでも、iTunes Store内の4K HDRビデオコンテンツをレンタルしたり購入したりできるようになります。これまでAppleはiTunes上のビデオコンテンツの再生を自社製品のみに制限していたため、スマートフォン市場やスマートテレビ市場で競合するSamsungと手を組むのは大きな方針転換だといえます。

by Marcin Wichary

Appleが新たな戦略を取り始めたという事実は、Appleが展開するスマートテレビデバイスであるApple TVの苦戦によるものだとテクノロジー系メディアのrecodeは分析しています。もはやAppleはデバイスのみを販売するメーカーではなく、動画ストリーミングサービスなどの「サービス」を提供するビジョンを持っているとのこと。そのため、「より多くのサービスを販売するならば、より多くのデバイスで利用できる方が有利だ」という結論に至ったのだろうとrecodeは指摘しました。

「多くのデバイスでサービスを利用可能にすることで利益を増やす」という戦略は、ある意味非常に単純なものともいえます。しかし、Appleは長年にわたってApple製品やiOSアプリ上でのみ機能するようなサービスを提供する「ロックイン戦略」をとっており、今回の決定はAppleにとって新しいものであるとのこと。

スマートテレビ市場において大きなシェアを誇るSamsungと手を組むことにより、Appleは「Appleデバイスを所持していないユーザー」からもサービス利用に関する収益を上げられるようになります。recodeは今後はAppleがSamsung以外のメーカーとも手を組んで、サードパーティー製品でもAppleのサービスが利用可能になる動きが進むと見ています。

by Nicola Barnett

今回の発表についてSamsungの代表取締役副社長であるWon-Jin Lee氏は、「Samsung製スマートテレビにおいてiTunesやAirPlayを通じてより多くのコンテンツを提供することは、誰にとっても理想的なことです」と述べています。また、Appleのインターネットソフトウェアサービス上級副社長であるEddy Cue氏も、「iTunesのメディアやAirPlay 2を、Samsung製スマートテレビの大画面で提供できることを嬉しく思います」と語りました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
サムスンが一眼レフ撮影のストック写真を使って「スマホでボカシ撮影」の画像を作成していたことが判明 - GIGAZINE

Samsungが2019年前半に5G対応のスマホをリリースすると発表 - GIGAZINE

サムスンが散々ディスってきたiPhoneからGalaxy端末の宣伝を行っていたことが判明 - GIGAZINE

Samsungの折りたたみ式スマホの秘密を中国に売ったサプライヤーが告発される - GIGAZINE

Samsungの折りたたみスマホの仕様が明らかに、デモ機での折りたたみ動作や専用ディスプレイ「Infinity Flex Display」も - GIGAZINE

なぜサムスン製品のデザインは評判が悪いのか? - GIGAZINE

in ネットサービス,   ハードウェア, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.