試食

朝食用の焼きたて&さくさくクロワッサンが仕込みなしの速攻で作れる「メゾンドヴィエノワズリー クロワッサン」レビュー


パン屋さんを通りがかった時に焼きたてパンの香りをかぎ、思わず予定にないパンを買ってしまった……という経験をした人もいるはず。そんな、抗いたいほどのいい香りを朝からおうちで再現できるのが、カルディの冷凍クロワッサン「メゾンドヴィエノワズリー クロワッサン」です。焼き上がる前の生地の状態で冷凍されており、焼き時間25分で朝から幸せな気分にひたれそうだったので、実際に購入して作ってみました。

【冷凍】メゾンドヴィエノワズリー クロワッサン 5p | カルディコーヒーファーム 公式オンラインショップ
https://kaldi-online.com/item/4940072300201.html

これがカルディで購入した「メゾンドヴィエノワズリー クロワッサン」


裏面には作り方が書かれていました。プロセスは「解凍」「焼成」の2つで、解凍は夏であれば20分、冬であれば30分、室温で常温解凍します。焼成は180度のオーブンで25分となっていますが、オーブンの機種によって加熱時間や温度は異なるとのことなので、多少の実験は必要です。


原材料名には小麦粉・バター・砂糖・イースト・小麦グルテン・牛乳……と並んでおり、マーガリンやショートニングは不使用。ヨーロッパ産発酵100%バター使用とのこと。


カロリーは100gあたり366kcal。


1袋5個入りです。


サイズは全長123.8mmのiPhone SEと同じぐらいですが……


横からみるとぺちゃんこ。


冬場なので30分かけて室温で解凍し……


その間、オーブンを180度で予熱しておきます。


室温22度で解凍してみたところ、少し長めの40分たった時点で「軽く押して生地がやわらかくへこむほど」の柔らかさになったので、少し室温は高めにして解凍する方がいいかも。解凍後の表面はツヤツヤになっており、卵黄かバターが塗られているようです。


オーブンの上段に角皿を入れ……


180度で25分加熱。しばらくすると、パン屋さんのような焼きたてクロワッサンの幸せすぎる香りが部屋に充満します。


なお、上段で加熱したところ、15分経過した時点でクロワッサンがやや焦げている感じがしたので、途中で角皿を下段へと移動させました。


焼きはじめてから25分後、オーブンからクロワッサンを取り出します。


こんな感じで、場所によって焼き加減に差があり、手前のクロワッサンはやや焦げてしまいました。パッケージ裏面によると、このままだと熱すぎるため10分ほどたった頃が食べ頃とのこと。


ぺったんこだった生地はふっくらと仕上がっています。


生地は何層も重なっています。


クロワッサンを割っている様子は以下から。外側がパリパリ、中がもっちりな様子がよくわかるようになっています。

カルディの冷凍クロワッサンを焼いてみた - YouTube


断面はこんな感じ。表面はパリパリ、さくさくの軽い食感ですが、中は「おもちなの?」と思ってしまうほどのもっちり感。味はいたってシンプルなプレーンで、「塩気か甘さがもうちょっと欲しい」という声もありましたが、その分バターの濃厚さがこれでもかというくらいしっかりと感じられます。


特にはしっこの方はパリパリした食感で、口の中で砕ける音が小気味よいくらいでした。ただし、焼き上がりから10分待つとかなり温度が下がってしまったので、焼きたてであることを感じつつ食べたい場合は、5分ほど時間を短縮するとよさそうでした。


少し焦げてしまったので、他の条件は同じのまま、今度はオーブンの下段で焼いてみました。


焼き上がりはこんな感じ。焦げがなく、上段で焼いた時よりもふんわり仕上がっているように見えます。


完璧な仕上がり。


……が、裏面はやや焦げてしまいました。同様の状態が起こった人は、シリコン製のベイキングシートを使う、一度丸めてデコボコをつけたアルミホイルをクッキングシートの下にしくといった方法をとっていましたが、少し表面を削れば問題ない程度ともいえます。


表面は、かなりしっかり焼けた1回目よりもさらに軽く、サクサク……と繊細な音が響きます。


2度目の仕上がりはこんな感じ。

さくさくで軽いカルディの冷凍クロワッサン - YouTube


なお、カロリーは100gあたり366kcalとのことでしたが、クロワッサンは実測で51gだったので、1個あたり183kcalほどです。


室温で解凍すると、解凍30分+焼成25分+待ち時間5分と、完成まで1時間もかかってしまい、忙しい朝にはちょっと向かなそう……ということで、冷蔵庫で解凍を行ってみました。夜寝る前に冷凍庫から冷蔵庫から移して朝に焼く、という想定で、7時間ほど冷蔵庫でじわじわ解凍させてみます。


7時間後、パッケージを取り出してみると……


30分室温で解凍させた時と同じくらいの、ちょうどいい柔らかさになっていました。


これをオーブンの下段で焼くと……


2度目に焼いた時と同様の、完璧なクロワッサンが完成。味も、冷蔵庫で7時間解凍したものと、室温で30分解凍したものとで同じでした。時短したい場合は前日から冷蔵庫で解凍すれば朝起きてすぐにオーブンに冷凍クロワッサンを突っ込み、30分後、支度を調えた頃に焼きたてクロワッサンが食べられます。


クロワッサンが焼ける時の香りは筆舌にし難いほどで、朝から幸せな気分になることは間違いなし。価格は1袋税込498円なので、1個あたり約100円と、お店でクロワッサンを購入することを思えばまずまずの値段です。なお、「メゾンドヴィエノワズリー クロワッサン」はカルディの店頭でも扱いがありますが、オンラインショップでも購入できます。

【冷凍】メゾンドヴィエノワズリー クロワッサン 5p | カルディコーヒーファーム 公式オンラインショップ
https://kaldi-online.com/item/4940072300201.html

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
固くなったパンケーキをふわふわにする「フレンチ・パンケーキ」を作ってみた - GIGAZINE

健康雑誌の編集者17人が食べる朝食パターン17種類 - GIGAZINE

簡単に作れておいしく健康的な朝食のアイデア10個 - GIGAZINE

なぜ「朝食は1日で最も重要な食事」と言われるようになったのか? - GIGAZINE

世界中の子どもたちは朝ごはんにどんなものを食べているのか? - GIGAZINE

表面はサクッ、中身はフワッ、たった1分で中まできっちり染み渡るフレンチトーストを作ってみました - GIGAZINE

お店レベルのフレンチトーストが完成する「大好き! フレンチトースト」で実際にいろいろ作ってみました - GIGAZINE

in 試食,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.