デザイン

知られざるトランプのデザインの秘密


カードゲームやマジックで使われる「トランプ」は、起源についてはっきりわかっていませんが、1000年以上もの間、庶民や貴族に愛されてきた道具です。当たり前だと思っている今日のトランプのデザインは、さまざまなバリエーションを経て、現在の形になったようです。

Where Did Playing Cards Get Their Symbols? - The Atlantic
https://www.theatlantic.com/technology/archive/2017/08/the-lost-origins-of-playing-card-symbols/537786/

日本語で「トランプ」と呼ばれるカードは、欧米では「Playing Card」と呼ばれるのが一般的で、トランプと呼ぶのは日本くらいです。トランプは「切り札」を意味するそうで、ゲーム内での呼び名が道具自体の名前を指すようになったようです。


トランプの起源については、中国・唐の時代のドミノに似た紙タイルのゲームである、古代エジプトのタロットに似たカードである、などさまざまなものがありますが、いずれの説も東洋から西洋に伝わって発展したという点では一致しています。

現在最も一般的なトランプには、クラブ・ダイヤ・ハート・スペードの4つの「スート」が描かれています。なお、実際にカードに描かれるスートを「ピップ」と呼び、地理や歴史、文化に根ざしたさまざまなシンボルがデザインされてきました。4つのスートは聖職者(ハート)・貴族(スペード)・商人(ダイヤ)・農民(クラブ)の4つの社会的地位を表しています。しかし、初期のドイツのトランプには、剣を表すスペード以上に鷹匠の持つ鐘の方が高貴なものとして「ベル」が描かれたり、フランスでは教会の礼拝堂で使われていたダイヤ状の石を貴族の墓に入れていたことからダイヤは商人ではなく貴族を意味していたりと、ヨーロッパ内でもピップの位置付けは異なっていたそうです。


一般的なスートの意味は以上の通りでしたが、元来、トランプは裕福な人がオーダーメイドで製作を依頼していたことから、どのピップを選ぶかは富豪や貴族の好みや興味が反映されていたと、国際遊戯カード協会(IPCS)のポール・ボストック氏は述べています。

ピップのデザインは変遷を経ましたが、ジャック・クイーン・キングの「フェイスカード」と呼ばれるいわゆる絵札は、数世紀の間、大きな変化はありませんでした。ただし、絵札のデザインにもお国柄が反映されており、イギリスやフランスはチャールズ・デイビッド・シーザー・アレクサンダーの4人の偉大な王の特徴がキングに反映されていたのに対して、ドイツはクイーンを排除してkönig(王)・obermann(上流階級)・ジャックの元であるuntermann(下位階級)が採用されたり、イギリスでは君主が女王である時代にはキングとクイーンを等価と見なす英国ルールができたりしていたそうです。


スートごとに4種類あるトランプのデザインは、よく見ると他のカードと違って細部が異なるデザインのものがあります。例えば、「エース」のみ他のスートと違って大きなピップが採用されていますが、これは1765年にイギリスでトランプに税金をかけたことが要因です。エースは税金が支払われたことを示す印としての機能があり、エースを偽造することは死刑に処せられる重罪だったとのこと。このなごりで、今日までトランプのエースは目立つようなデザインになっています。


4人いるキングの中でも、「ハートのキング」は口ひげがない唯一人の王であること、頭に剣が刺さっているように見えることという特徴があります。頭の剣のせいでハートのキングは「自殺の王」という別名もあるくらいだとのこと。印刷技術が発展してトランプは手書きから印刷されるようになりましたが、木版印刷の活版が消耗すると元の活版を模写することが不可欠でした。しかし、職人のミスで模写が正しく行われないこともあり、このせいでデザインが少しずつ変化することがあったとのこと。口ひげ部分を間違って落としてしまったことや、剣の先には誰かの手があり王を狙っていたはずが時代を経るごとに描かれなくなり「自殺」しているように見えているなどの説がハートのキングの特徴の原因として挙げられています。


また、カードの端に描かれる数字と文字の組み合わせである「コーナーインデックス」は、1864年に誕生して特許が取得された比較的新しいデザイン上の発明です。また、ジョーカーなどのいわゆる「ワイルドカード」は1867年にアメリカのトランプで初めて登場すると、1880年にイギリスのカードメーカーが追随したものだとのこと。今ではトランプの代表的なカードと思われるジョーカーですが、興味深いことにジョーカーの使用をルールとして採用するゲームはほとんどなく、ジョーカーは業界標準となる規格が欠けている唯一のカードだそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
トランプにはなぜ「ジョーカー」が入っているのか? - GIGAZINE

正統派ファンタジーRPGのような雰囲気でデザインされたトランプ「Medusa Playing Cards」 - GIGAZINE

スタイリッシュで新しいデザインのトランプ「Vända Playing Cards」 - GIGAZINE

オレンジを真っ二つにできる漆黒のカーボンファイバー製トランプ「Carbon Fiber Playing Cards」 - GIGAZINE

CMYKカラーの濃度で数字や柄を見分けるトランプ「CMYK Playing Cards」 - GIGAZINE

in ゲーム,   デザイン, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.