メモ

約2000年前の古代都市ポンペイの遺跡から馬の姿がまるごと発掘される


およそ2000年前に火山の噴火によってまるごと飲み込まれて滅んでしまったイタリアの古代都市ポンペイは、多くの壁画や彫刻が火山灰層の中に自然保存されていたことで知られています。また、ポンペイの火山灰層には逃げ惑う住民たちの悲惨な姿もそのまま残されていて、その姿を再現した生々しい石膏(せっこう)像が有名です。そんなポンペイで逃げ遅れた馬の骨や痕跡が発掘されたと報じられています。

A third thoroughbred with an elaborate military harness has been discovered in the stable of Civita Giuliana - Pompeii Sites
http://pompeiisites.org/en/comunicati/a-third-thoroughbred-with-an-elaborate-military-harness-has-been-discovered-in-the-stable-of-civita-giuliana/


Pompeii horse found still wearing harness - BBC News
https://www.bbc.com/news/world-europe-46671050


ポンペイは西暦79年にヴェスヴィオ火山の噴火によって滅んでしまった都市です。時速100kmという速度で襲いかかる火砕流に住民の多くが逃げることすらできず、およそ2000人が火山灰に生き埋めになってしまいました。その後、市民の遺体は火山灰の中で朽ちていき、冷えて固まった火山灰層には逃げ惑うポンペイ市民の形をそのまま写した空洞がいくつも残りました。考古学者がこの空洞に石膏を流し込むと、迫り来る火砕流に恐怖し逃げ惑う市民の表情や姿が生々しく再現されたとして話題になりました。

by Tyler Bell

イタリア南部のポンペイ郊外にある秘儀荘(Villa of the Mysteries)は、当時ワインの醸造で財を築いた農園主の別荘だったといわれている場所。豊穣(ほうじょう)と酒の神であるディオニューソス信仰にまつわる秘密の儀式について描かれた見事な壁画が今も残っていることから、「秘儀荘」という名がつけられています。秘儀荘は20世紀初頭に発掘されたものの、盗掘者の餌食となってしまったため、2018年現在は政府の命令によって積極的に保護され、さらなる発掘が行われています。

ポンペイの考古学公園の管理者であるMassimo Osanna氏によると、この秘儀荘の馬小屋から馬の骨や鞍(くら)・手綱などの馬具と共に、馬の骨や馬の姿形をそのまま残した空洞が発見されたとのこと。今回の発掘で発見された馬の空洞に石膏を流し込んでみたところ、やはりきれいに馬の像をかたどることができたそうで、ポンペイの発掘・管理を行うPompeii SitesがTwitterで馬の骨や石膏像の様子を公開しています。ただし、既に盗掘の被害に遭ってしまっていたため、すべての馬で石膏像を作成することは不可能だったそうです。


Massimo Osanna氏によると、発掘された3頭の馬の品種は人為的に繁殖されたサラブレッドだとのこと。また、その遺体には青銅製の鞍などの軍用馬具が装着されていたそうで、すぐにでも馬に乗ることができる準備ができていたことから、おそらくヴェスヴィオ火山の噴火から逃げたポンペイ市民を救助するために馬が用意されたのではないかと発掘チームは考えています。装飾品部分の一部には植物繊維の痕跡があり、馬にとりつけられた布やカバンの存在を物語っていますが、馬具やカバンの実物は存在しておらず、盗掘の被害に遭って失われたのではないかと考古学チームは考えています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
古代都市ポンペイで岩に潰された男性の骨が見つかる - GIGAZINE

古代遺跡の姿を往時のものに巻き戻して見せてくれるムービー - GIGAZINE

「私たちが化石になる方法」について専門家たちがレクチャー - GIGAZINE

時の流れとともに忘れ去られていた34の「失われた都市」 - GIGAZINE

2000年前のグラディエーターが使用していた兜が公開される - GIGAZINE

in メモ,   生き物, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.