試食

白い煙が溢れ出る幻想的な玉手箱を開封できるスイーツ「お抹茶・玉手箱スイーツ」を京都・茶筅で味わってきた


焼き窯スイーツ 茶筅では最高級の抹茶を堪能できるスイーツが提供されており、中でも味だけでなく見た目までこだわった「お抹茶・玉手箱スイーツ」を堪能できるということで、実際に食べてきました。

焼き窯スイーツCHASEN - 茶筅 -Chasen- 京都の焼き窯抹茶スイーツ専門店
https://kyoto-chasen.jimdo.com/

「茶筅」の場所は京都伊勢丹10Fの拉麺小路内にあります。


店の外観はこんな感じ。店に入るための列に並ぶスペースからガラス越しに厨房を覗けます。


注文して10分ほど待つと「お抹茶・玉手箱スイーツ」(税込1620円)が到着。見た目はまさしく「箱」に見えます。


交通系ICカードと大きさを比較してみるとこんな感じ。


「浦島太郎のように歳を取ってしまうのだろうか……」と思いながら実際に箱を開けてみます。

白い煙とともに玉手箱が開かれる様子は以下のムービーをチェックしてください。

京都の「焼き窯スイーツ 茶筅」で「お抹茶・玉手箱スイーツ」を開封してきた - YouTube


開封と同時にドライアイスの白い煙が立ちこめ、幻想的な雰囲気。


中身はこんな感じで、さまざまなスイーツの盛り合わせになっています。飾り付けはクリスマスのものとなっていますが、玉手箱スイーツは通年提供されているようです。


ティラミスやカットフルーツ、手前に一口サイズのスイーツが並んでいます。


さらに奥側には抹茶パフェと……


黒豆入りの抹茶ゼリーがありました。


実際に食べてみると、抹茶パフェはアイス抹茶がたっぷりで、リンゴなどのフルーツも入っているようです。


中段には甘めのポン菓子、底にはマンゴープリンが入っているなど、味に変化をつけて飽きさせない工夫がありました。


抹茶ゼリーは甘さはなく、パフェなどの甘めのスイーツを食べたあとにピッタリです。


抹茶ティラミスは抹茶パウダーがマスカルポーネクリームにたっぷりかかっていますが、底には抹茶のスポンジケーキが敷かれていました。


抹茶味噌田楽は砂糖醤油で、甘辛な味わいです。


抹茶チョコレートは抹茶の苦さとチョコレートの甘さが引き立てあっていました。


パウンドケーキは優しい甘さで、抹茶味からの箸休めに最適です。


口の中が甘くなりすぎたときは、中央に盛られたカットフルーツや……


本格宇治抹茶(税込594円)を飲んで口の中を落ち着けると、スイーツ三昧をより一層楽しめます。玉手箱スイーツは昼食直後に食べると重ためですが、隣の女性客は1人でペロリと食べきっていました。


「お抹茶・玉手箱スイーツ」は焼き窯抹茶 スイーツ茶筅で1年中提供されています。また、中身のスイーツは時期に応じて多少入れ替わるとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スパムや卵焼きなど具材をハンバーガーのように挟む新感覚おにぎり「おにぎりバーガー」を食べてきた - GIGAZINE

チーズでドライカレーを完全に包み込んだ「MONTANAチーズドライカリー」をカフェ・ドゥ・リエーブル うさぎ館で食べてきた - GIGAZINE

ワッフルがカリカリ甘々な「メープルダイナーバイザ・メープルマニア」のダイナープレートを食べてきた - GIGAZINE

ベリーが山盛りでフレンチトーストを埋め尽くすIvorishの「パンプディングベリー」と「ニューヨークバター」を食べてきた - GIGAZINE

チーズの旨味が食欲とお酒を誘う「Meat & Cheese Ark」でチーズたっぷりの赤生地シカゴピザを食べてきた - GIGAZINE

in 試食,   動画, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.