メモ

2018年はここ100年で2回しかないくらいまれな「平和な年」だった

by The Prophet

あと2週間足らずとなった2018年は「世界で1つもクーデターが起こらなかった年」になる見込みです。実は、歴史的にはクーデターが起こらなかった年は非常にまれであり、世界的なクーデターリスクの低下によって、独裁的な政治が行われている国で民主主義が根付き、市場が開放されるという傾向が確認されているそうです。

No coups occurred in 2018. Will next year be so stable?
https://theconversation.com/no-coups-occurred-in-2018-will-next-year-be-so-stable-108387

最後に起こったクーデターは、2017年11月にジンバブエで起こったもの。兵士らが蜂起しムガベ大統領を自宅軟禁することで、37年続いた独裁制が終わりました。このクーデターを最後に、2018年12月までクーデターは発生しておらず、約1年間クーデターなしの期間が続いています。しかし、1年を通してクーデターが起こらなかったのは、過去100年間で2007年に続いて2回目で、非常に珍しいことなのだそうです。

CoupCastプロジェクトでは、過去のデータと機械学習を活用することでクーデターが発生するリスクを月単位で予測しています。CoupCastによると、「1年間に少なくとも1回クーデターが起こるリスク」は2000年以降、下がり続けており、2018年には全世界規模でのクーデター発生リスクは過去最低の88%になったとのこと。


政治的な安定性には地政学的な偏りがあるものですが、CoupCastのデータ分析からはこれまでクーデターリスクが高かった地域のクーデターの可能性が大きく減っているという特徴が挙げられています。

20世紀においてラテンアメリカはクーデターの中心地で、多くのラテンアメリカの指導者がクーデターによって処刑されました。しかし、ラテンアメリカでは1950年以降、142件のクーデターが発生しましたが、2000年以降はわずかに5件しかありません。


また、アジアもクーデターが比較的発生しやすい地域ですが、過去18年間に世界で起こった62件のクーデターのうち、アジアのものはわずか6件にとどまっており、クーデターのリスクが大きく低下していることがわかっています。


過去の研究では、クーデターが成功すると指導者はしばしば正統性を高めるために民主主義への道を開き、経済成長が実現しやすいのに対して、クーデターが失敗すると権威主義的なリーダーが体制を再構築する傾向にあることがわかっています。1961年の韓国で起こったクーデターはその代表的な例で、クーデター成功後に軍事政権が樹立され急激な経済成長が起こり、数十年後に民主主義に戻ってくる、という経過をたどっています。

近年、クーデターが減少した背景には、クーデターの成功により民主主義が根付いた国が増えたことに加えて、冷戦の終結によってアジア諸国と世界の超大国との相互依存の関係が広がったため、民主化が進み経済成長がもたらされ、地域の安定につながっているという指摘もあります。


しかし、クーデターのリスクが大きく低下してきたラテンアメリカやアジアに対して、依然として高いリスクを抱えているのがアフリカです。アフリカでは、ナイジェリア・ガーナ・エチオピアなどの国が過去数十年間で大きな経済発展を成し遂げましたが、富が偏在しており経済成長にもかかわらず貧困率がわずかしか下がらないという「不平等な成長」状態にあるとのこと。経済的に貧しい状況は、デモ活動などの不安要因となり、最終的に引き起こす可能性があるとのこと。

さらに、クーデターによってかえって不安定な政治状況が引き起こされる危険性も指摘されています。2007年以降、アフリカでクーデターが発生した12国のうち、半数で複数回のクーデターが発生しており、クーデターに伴う混乱状態によって、また別のクーデターが引き起こされる火種が生まれるという悪循環が発生しているとのこと。


しかし、クーデター乱発の歴史を30年で克服したラテンアメリカや、それよりも短い期間でクリアしたアジアのように、アフリカもいずれクーデター発生サイクルを克服すると予想されています。アフリカで少なくとも1回クーデターが発生する確率は、2018年に69%だったのが2019年は55.5%に低下しているとCoupCastは算出しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
民主主義の弱点は「共通の政治的知識への攻撃」であるという指摘 - GIGAZINE

シリア難民問題がなぜ起きたのかが見るだけで理解できるムービー「The European Refugee Crisis and Syria Explained」 - GIGAZINE

第2次世界大戦の時期に台頭したファシズムや独裁主義に科学者はデータ駆動型の分析で戦った - GIGAZINE

150年以上にわたって険悪だったアメリカとキューバが国交回復に至るまでに一体何があったのか? - GIGAZINE

独裁者たちの最期、カダフィらはどのように生きて終わりを迎えたか - GIGAZINE

独裁の中で笑顔で生きる人々、中国人民13億人の幸せの作り方 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.