試食

エビ&野菜の濃厚風味がラーメンを包み込む餃子の王将の「五目あんかけラーメン」を食べてみた


「餃子の王将」創業50周年感謝メニューとして、2018年12月限定で「五目あんかけラーメン」が登場しました。冷え込んできた昨今にぴったりな、生姜たっぷりで温まる品ということで、食べに行ってきました。

創業50周年感謝メニュー「五目あんかけラーメン」 | 全国共通フェア情報 | 餃子の王将
https://www.ohsho.co.jp/event/fair/_5012_5.html

「餃子の王将」に到着


お店の前に「五目あんかけラーメン」登場を知らせる看板が出ていました。


単品だと税別584円ですが、ランチやディナー向けに餃子3個・杏仁豆腐付きのフェアセットA(税別750円)、餃子1人前・ライス(小)付きのフェアセットB(税別880円)があります。フェアセットAを注文したところ、およそ10分で手元に運ばれてきました。


ラーメンの上を完全にあんかけの具が覆っていて、まったく麺が見えない状態。刻み生姜はそぼろ肉と見間違えたほどの分量の多さ。


具材はエビ、豚肉、白菜、人参、きくらげ、しいたけなどで、ラーメンとの間には溶き卵が広がっています。


しっかりと底から麺を掘り起こします。あんのおかげで、完全に外気と遮断されていてアッツアツ状態なので、一気にすするとちょっと危険かも。あんの中にたっぷりの野菜とエビの旨味が感じられて、いつものラーメンとはひと味違います。たっぷりの生姜のおかげで食べていると体内から温かくなってくる上に、麺の量にひけを取らないほどの具材で、ランチとしてはかなりバランスよく野菜を摂取できるという印象で、12月限定といわず、寒い間は続けて欲しい一品でした。

・関連記事
柔らかなもつの煮込みとコクのある豚骨ラーメンが絶妙にマッチした餃子の王将「もつ煮込み豚骨ラーメン」を食べてみた - GIGAZINE

ラーメンと食材のプロが監修したヘルシーなラーメンが「あとは調理するだけ」の状態で宅配されるKit Oisix「一風堂監修!豆乳仕立てのベジラーメン」を調理してみた - GIGAZINE

ラーメン二郎の画像を機械学習により9割以上の精度で見分けるシステムがGoogleのCloud AutoML Visionを用いて開発される - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt