試食

ウニ入りの新具材「ほぼウニ」を贅沢に使った「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」を食べてみた


贅沢な味わいが特徴の、日清食品の「カップヌードル リッチ」シリーズから「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」が登場しました。ウニの味わいを再現するために具材「ほぼウニ」を新開発し、「リッチ」の名にふさわしいカップヌードル史上でも最高級に贅沢な味わいになっているとのこと。実際にどんな味になっているのか、さっそく食べてみました。

「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」(11月19日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/7423

これが「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」


新具材の「ほぼウニ」はウニを6.9%使用しているとのこと。


パッケージの上部には「贅沢仕上げペースト」の袋が貼り付けられていました。


原材料名を見てみると、オニオンパウダー、うに調味料、バターオイルなどが入っています。


1食あたり72g、350kcalとのこと。日清の定番のカップヌードルは353kcalなので、ほぼ同じくらいのカロリーです。


フタを開けてみるとブロッコリー、そして「ほぼウニ」が乗っていました。


さっそく調理開始。お湯を内側の線まで注ぎ、3分待ちます。贅沢仕上げペーストは上のフタでそのまま温めておきます。


3分後、フタを開けるとこんな感じ。


「ほぼウニ」が表面を半分ほど埋め尽くし、かなりの贅沢感があります。


贅沢仕上げペーストはよく揉みほぐしてから……


上にかけます。贅沢仕上げペーストの中身は主にバターで、「ほぼウニ」にバッチリマッチ。


食べてみたところ、まずなめらかなホワイトクリームスープが口の中に広がります。贅沢仕上げペーストのバターとを絡めるとより濃厚でコク深い味わいですが、飽きることなく飲み続けられます。メインの「ほぼウニ」はまるでふやけたクルトンのような食感で、柔らかさはウニに通ずるところがあります。味はクリーミーなウニの風味が溶け出してくるような感じでなかなかの再現度。表現するなら「わりとウニ」ぐらいの感じですが、インスタントラーメンでこのウニっぽさを味わえるのはかなりの魅力です。全体的にカップラーメンのジャンク感はほぼなく、上品な味を楽しみたい人にはオススメとなっています。


「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」は税別230円で、日清食品公式オンラインストアからも購入可能です。

カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム|日清食品グループ オンラインストア

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
CoCo壱番屋の濃厚でスパイシーなカレーがうどん&そばに絡んで体が温まるエースコック「とろ~りカレーうどん」「濃い出汁香るカレーそば」を食べてみた - GIGAZINE

濃厚な貝の香りと風味が広がる「金色不如帰 濃厚貝だし塩そば」を食べてみた - GIGAZINE

あの味覇がラーメンになったカップ麺「味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン」を食べてみた - GIGAZINE

目が覚めるようなゆず七味&優しい鴨だしが食欲をそそる「違いの分かる人」向けの「タテロング THE和 柚子七味香る鴨だし南蛮そば」を食べてみた - GIGAZINE

紫いもの濃厚な味わいとザクザクとした食感が一粒にギュッと詰まった「ブラックサンダープリティスタイル紫いも」を食べてみた - GIGAZINE

「コンソメパンチ」ならぬ「ポテトチップス コンソメチョップ」と「ポテトチップクリスプ コンソメキック」をコンソメパンチと食べ比べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.