ゲーム

「ポケモンGO」を生んだNianticが2019年にハリポタの魔法ワールドを舞台にした新作ARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」をリリースと発表、ムービーも公開中


Ingress」「ポケモンGO」を展開するNianticは2018年11月14日、「ハリー・ポッター」シリーズの世界を舞台とした新しいARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟(Harry Potter: Wizards Unite)」をAndroid・iOS向けに2019年にリリースすると発表しました。どのようなゲームになるのか?ということがチラ見できる告知ムービーが公開されると共に、既に事前登録の受付は始まっています。

Home - Harry Potter Wizards Unite
https://harrypotterwizardsunite.com/ja/


「ハリー・ポッター:魔法同盟」の告知ムービーは以下から見ることができます。

Harry Potter: Wizards Unite | Coming 2019 - YouTube


ムービー冒頭では、作中で行われる人気スポーツ「クィディッチ」で使われるスニッチが一瞬映ります。


「ハリー・ポッター:魔法同盟」


「Portkey(ポートキー)」は、「ハリー・ポッター」シリーズの中に登場する瞬間移動のカギとなるアイテム。


「REPELLO MUGGLETUM(レペロ・マグルタム)」はマグル(人間)よけの呪文です。


画面が突然切り替わり、人気のない路地を映す監視カメラの映像に切り替わります。カメラの前を何か素早いものが横切ったと思ったら……


スニッチでした。


スニッチが飛び交う路地の空間から……


突然少女がその場に現れます。


少女がスニッチに向かって杖を振りかざすと、青い光がスニッチに命中。


空中で動きを止めたスニッチをキャッチする少女。


はっと何かに気づいたような表情を浮かべて……


建物の壁に魔法を振りかざします。


すると、壁にポスターが出現。


少女は再び空間に吸い込まれるように消えてしまいます。


チラシには「ウィザーディング・ワールドがさらされる危険にある。私たちは君の助けを必要としている」という文字。何者かの陰謀によって、魔法の世界が人間界にばれてしまうような危険にある模様です。


「ハリー・ポッター:魔法同盟」は2019年に登場予定。


なお、Nianticがハリー・ポッターのウィザーディング・ワールドを舞台にしたARゲームを、ワーナー・ブラザーズと共同開発をしていることは2017年11月に発表されていました。事前登録は既に始まっていますが、果たしてハリー・ポッターの世界がどういったゲーム内容に仕上がってるのか、詳細についてはまだ明らかになっていません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「スリザリンは嫌だ…」と心で願うことになる可能性も?ハリー・ポッターのARゲーム「Harry Potter: Wizards Unite」をポケモンGOのNianticが開発中 - GIGAZINE

ポケモンGOの元になったリアルワールドゲームIngressが「Ingress Prime」にパワーアップして配信開始 - GIGAZINE

従来のARをはるかに凌ぐリアルとデジタルの相互作用を実現可能なAR技術「Niantic Occlusion」 - GIGAZINE

新時代クリエイターが生み出した新たなアニメ「イングレス」の櫻木優平監督と石井朋彦プロデューサーにインタビュー - GIGAZINE

「Pokémon GO(ポケモンGO)」1周年でまもなく伝説のポケモンが登場 - GIGAZINE

ポケモンを現実世界でIngressっぽくiPhone&Androidでプレイできる「ポケモンGO(Pokémon GO)」任天堂公式初公開ムービーが圧巻 - GIGAZINE

「ポケモンGO(Pokémon GO)」のチームリーダー詳細がついに発表、今後は新ポケモンが追加されそうな発表も - GIGAZINE

in モバイル,   動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.