×
セキュリティ

Appleユーザーの「Apple ID」がなぜか勝手にロックされてしまう事態が多発


Apple IDはAppleが提供する各種サービスを利用する時に必要となるアカウントであり、Appleユーザーにとってはとても重要なアカウントです。そんなApple IDが突然ロックされてしまい、パスワードをリセットするように要求されるという事態が多数報告されています。

Some iPhone users finding their Apple ID accounts have been inexplicably locked, requiring password resets - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2018/11/13/some-iphone-users-finding-their-apple-id-accounts-have-been-inexplicably-locked-requiring-password-resets/

Apple IDはApp StoreやApple Music、iCloudなどのさまざまなサービスと紐付けられているため、うっかりアカウントがロックされてしまうと紐付いた多くの機能が使用できなくなっていまい、非常に不便です。Appleはさまざまな理由でApple IDをロックしますが、主な理由としては誰かが誤ったパスワードで何度もApple IDにアクセスした場合などに、アカウントを保護する目的でApple IDがロックされてしまうことがあります。

そんなApple IDが「思い当たる理由がないのに気がついたらロックされていた」という報告が、SNS上で多く寄せられていると報じられました。Twitterでも多くの人が「Appel IDがロックされた」と報告しており、原因不明のアカウントロックに困惑している様子。



Apple IDがロックされてしまっても、二度とアカウントが利用できなくなるというわけではありません。セキュリティに関する質問に答え認証を行い、パスワードのリセットをして新たなパスワードを設定するなどの手続きを通してアカウントを回復することが可能。

ロックされているとさまざまなサービスが利用できないため不便ですが、今回の同時多発的なアカウントロックの原因は判明していません。「何回もパスワードの入力に失敗するとロックされる」ということからも、悪意のあるグループがブルートフォースアタックを仕掛け、総当たりでApple IDのパスワードをこじ開けようとしている可能性や、単にApple側の不具合である可能性も考えられます。アカウントロックを報告しているユーザーの中には、「iOSデバイスを新しくした後でアカウントがロックされてしまった」という人もいるとのこと。なお、記事作成時点では、Appleはこの問題についてコメントしていません。

・関連記事
Apple IDが盗まれ無断で決済が行われた件でAppleが謝罪、盗まれた人の共通点とは? - GIGAZINE

偽のSpotifyメールでApple ID情報を盗み出すフィッシング詐欺の存在が明らかに - GIGAZINE

iOS 12.1のリリースからわずか1時間後にパスコードを回避するFaceTimeのバグが発見される - GIGAZINE

Apple IDの2ファクタ認証と「iPhoneを探す」が抱える欠陥をセキュリティ研究者が指摘 - GIGAZINE

iPhoneを人質にとったハッカーに身代金を要求される人が続出 - GIGAZINE

in モバイル,   ネットサービス,   ハードウェア,   セキュリティ, Posted by log1h_ik