試食

紫いもの濃厚な味わいとザクザクとした食感が一粒にギュッと詰まった「ブラックサンダープリティスタイル紫いも」を食べてみた


2018年11月13日(火)より有楽製菓の「ブラックサンダー」シリーズから「ブラックサンダープリティスタイル紫いも」が数量限定で登場しています。定番の秋の味覚である鹿児島県原産の紫いもとブラックサンダーが見事にマッチして「おいしさザクザク oh!いも!」な味わいを楽しめるということなので、実際に食べてみました。

有楽製菓
https://www.yurakuseika.co.jp/

ブラックサンダープリティスタイル紫いも」のパッケージは紫いもをイメージした紫色に麻の葉文様が特徴的なデザイン。


大きく描かれた紫芋の横には「鹿児島県産 紫芋使用」の文字が書かれています。


通常版のブラックサンダーと比較するとこんな感じで、二回りぐらい巨大。


原材料を見ると「油脂加工食品」「脱脂粉乳」「ココアクッキー」と通常版ブラックサンダーにも含まれる原材料が続きます。ブラックサンダープリティスタイル紫いもにはザクザクとした食感を再現するための「ワッフルクランチ」と、「さつま芋パウダー」が入っています。


1袋65gあたりのカロリーは355kcal。


パッケージを開けると紫いもの強い匂いがしました。


器に入れるとこんな感じ。ブラックサンダープリティスタイル紫いもが11粒入っていました。


通常版ブラックサンダー(上)とブラックサンダープリティスタイル紫いも(下)を比べてみるとこんな感じ。ブラックサンダープリティスタイル紫いもは通常版の3分の1ほどの大きさで食べやすいひとくちサイズになっています。


食べてみると口の中に紫いもの強い風味と甘さが広がります。食感もワッフルクランチのザクザクとした食感で、通常版ブラックサンダーのサクサクとした食感よりもやや強め。後味は紫いもの甘さと入れ替わりにややビターな苦味が広がり、甘すぎず食べやすい味わいとなっていました。


「ブラックサンダープリティスタイル紫いも」は税別120円で2018年11月13日(火)よりローソンストア100を除くローソン各店で販売されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「応仁の乱以来の衝撃!!」という2種の宇治抹茶と煎茶を使った限定版「京都ブラックサンダー」が登場したので食べてみた - GIGAZINE

パリパリ&とろ~りなクレームブリュレを再現したハーゲンダッツ「紫イモのクレームブリュレ」試食レビュー - GIGAZINE

もっちり生地に濃厚ハッシュドビーフが包まれたファミリーマートの「焼きパオズ ハッシュドビーフ」を食べてみた - GIGAZINE

「コンソメパンチ」ならぬ「ポテトチップス コンソメチョップ」と「ポテトチップクリスプ コンソメキック」をコンソメパンチと食べ比べてみた - GIGAZINE

からあげクンに謎の「FGO味」が登場したので食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.