メモ

EUのデータ保護規則「GDPR」の政治的利用か、当局がジャーナリストに対して情報を要求

by mohamed_hassan

非営利のジャーナリズム組織であるルーマニアの「RISE Project」が、ルーマニアのデータ保護機関(ANSPDCP)から、EU一般データ保護規則(GDPR)に基づきルーマニアで起こった汚職事件の情報を提出するよう求められました。「組織犯罪と汚職報道プロジェクト(OCCRP)によると、「これはGDPRの誤った使い方である」として、RISE Projectは「たとえ2000万ユーロ(約26億円)の罰金が発生するとしても要求には応じない」という姿勢を見せています。

OCCRP Strongly Objects to Romania’s Misuse of GDPR to Muzzle Media
https://www.occrp.org/en/40-press-releases/presss-releases/8875-occrp-strongly-objects-to-romania-s-misuse-of-gdpr-to-muzzle-media


Romanian Journalists Under Pressure to Disclose Sources :: Balkan Insight
http://www.balkaninsight.com/en/article/romanian-journalists-under-pressure-to-disclose-sources-11-09-2018

RISE Projectはこれまでに、社会民主党(PSD)の代表であるLiviu Dragnea氏とTel Drum Teleormanなどによる汚職事件について報じていました。そして、2018年11月に入り、RISE Projectのジャーナリストは「汚職事件についてのTel Drumの文書が入ったスーツケースを入手した」という記事を公開。このスーツケースは写真や文書が入ったハードディスクが入っており、その内容からスーツケースの持ち主はTel Drumの役員であるとみられています。

C O N Ț I N U T U L :RISE Project
https://www.riseproject.ro/articol/c-o-n-t-i-n-u-t-u-l/


ANSPDCPからRISE Projectに宛てた文書は、ジャーナリストがFacebookに投稿した内容について情報の提供を要求するものでした。具体的には、RISE Projectがいつ・どのように情報を入手したのか、情報ソースは誰なのか、どのように文書が保管されていたのか、そして他にはDragnea氏やTel Drum役員に関するどのような個人情報を持っているのか、といった点の公開が求められたそうです。

情報の提供は「10日以内」という期限が設けられ、期日以内に情報を提供しなければ当局は遅延1日ごとに644ユーロ(約8万3000円)の罰金を科すことが可能。また、この命令が準拠するとされるGDPRの58条は、命令に違反した際に最大2000万ユーロ(約26億円)が発生するものとなっています。


しかし、RISE Projectは罰金のリスクを負っても情報提供を拒否する意向だそうです。

ANSPDCPの代表であるAncuța Gianina Opre氏はPSDによってANSPDCP代表に選ばれており、また別の汚職と関わっていた可能性も示唆されている人物です。そして、Dragnea氏は2017年にRISE Projectが汚職について報じ、訴訟を起こした際にもデータ保護法に訴えました。


OCCRPはルーマニア政府によるGDPRの政治的利用を批判し、「GDPRにはジャーナリズムの保護が必要」だと述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
EUの新データ保護規則「GDPR」の発効でウェブサイト所有者が採るべき大きな変更とは? - GIGAZINE

EU一般データ保護規則(GDPR)は「広告」健全化につながる希望か - GIGAZINE

「ほぼ全ての企業がEU一般データ保護規則(GDPR)を破っている」という主張 - GIGAZINE

EUが施行する新たなデータ保護規則「GDPR」を受けて閉鎖するサイトが現れてしまう - GIGAZINE

GoogleのGDPRへの対応遅れで広告主&広告代理店に混乱が発生 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.