×
サイエンス

世界の大定番ゲーム「テトリス」には不安とストレスを軽減する効果があると判明

By dtsomp

上から降ってくる色とりどりのブロックをうまく積み上げて消していくテトリスはまさに「時間泥棒」ともいえるゲームですが、その楽しさの一方で、人が心に抱く不安やストレスを和らげる効果があることがまたもや判明しました。

A better distraction: Exploring the benefits of flow during uncertain waiting periods. | PsycNET Record Display - PsycNET
http://psycnet.apa.org/record/2018-47332-001

Study: Tetris is a great distraction for easing an anxious mind | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2018/11/study-tetris-is-a-great-distraction-for-easing-an-anxious-mind/

テトリスを夢中でプレイしたことがある人の多くは、実社会の中でも、ついテトリスについて考えてしまっていることがあります。「あの本棚の隙間に別の本を入れると横のラインが消えるな……はっ!」という風に、いつの間にか幻覚に近い感覚にとらわれた経験がある人もいるはずですが、これはテトリス効果によって脳の中のイメージや感覚がテトリスによって支配されていることで引き起こされた状態です。

それほどまでに人のマインドに強く作用することがわかっているテトリスには、交通事故に遭った人の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を軽減する効果があることも確認されています。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症を防ぐのに「テトリス」が有効であることが明らかに - GIGAZINE

その結果、テトリスをプレイした被験者はプレイしていないグループと比べて1週間で事故のことを思い出す回数が平均62%も少なくなったことが明らかになっています。ホームズ教授によれば「テトリスをプレイしたグループのフラッシュバックは、2日後にはほとんどゼロまで下がっていた」とのこと。


テトリス効果がもたらされる原因の一つとして、プレイ中に意識がゲームに強く集中することで強くのめり込む状態「フロー」に入ることが挙げられています。フローは「無我の境地」や「ランナーズハイ」などといった状態と同じもので、フロー状態を経験した人は「空間や時間から切り離され、流れる水(=フロー)の中に存在するような感覚にとらわれた」という印象を後に語ることが多いことがわかっています。

この「テトリス効果」が人の不安な感情にもたらす効果について研究したのは、カリフォルニア大学リバーサイド校の心理学者であるケイト・スウィーニー准教授らによる研究チーム。研究では、「司法試験の合否待ち」と「研究職のポジションに応募して合否待ち」という強いストレスを感じている人物および、「容姿で人の判断を受ける」という強いストレス状態に置かれた人たちの反応が調査されています。

UC Riverside Department of Psychology
http://www.psychology.ucr.edu/faculty/sweeny/index.html


論文は大きく3つのパートによって構成されており、最初の2つで「司法試験」と「研究職」の例が述べられているとのこと。それぞれの試験に応募した受験者は、結果が出るまでの数カ月は強いストレス状態に置かれます。その後、ひとたび良い結果がもたらされると、応募者の多くは不安から解消され、幸福な感情を強く持ったことが報告されたそうです。

3つめのパートでは、290人の学部生を集めた被験者の反応が調査されています。集められた被験者はアンケートに記入し、次に一人ずつ写真が撮影されました。実はその写真は、別の場所にいる学生によって身体的な魅力について評価を受けるために撮影されたもの。被験者はそのことを告げられ、結果が出るまでの間にストレスを感じることになります。

そして写真の判定を待つ間、被験者は10分ほどテトリスをプレイすることを指示されました。その際、被験者は「プレイ内容に応じて難易度が変化するグループ」「最も簡単なレベルでプレイし続けるグループ」そして「最初から最高難度でプレイするグループ」の3グループに分けられ、プレイ後には感覚について質問されました。

スウィーニー氏らが「1つめのグループが最も強く『フロー』に入ることで心の不安が和らげられる」という仮説を立てていたところ、結果はまさに仮説通りだったことが判明。自分のプレイ内容に応じて難度が変わることで、プレイヤーはより深くゲームにのめり込み、高い集中状態に置かれることがわかりました。

そしてその結果、同グループの被験者が最も不安が和らいでいたことも判明したとのこと。スウィーニー氏は「テトリスがすべての人生の問題の治療法というわけではありませんが、いくつかの有用な性質があります」と語っています。スウィーニー氏はまた、「ストレスの多い待機期間から気をそらすためにフロー状態になる方法がわからない人は、とりあえずテトリスをやってみるのは悪いことではないかもしれません」とも述べています。

By Javier García

・関連記事
ソ連で生まれたパズルゲームの王様「テトリス」はどうやって誕生したのか? - GIGAZINE

世界的パズルゲーム「テトリス」の知られざる歴史とは? - GIGAZINE

テトリスっぽくAIと言葉遊びをしながらブロックを消していくゲーム「Semantris」レビュー - GIGAZINE

まさかの自動車の速度メーター部分でプレイ可能な「テトリス」が見つかる - GIGAZINE

テトリス誕生から30周年、これまでの変化をムービーでまとめるとこんな感じ - GIGAZINE

in サイエンス,   ゲーム, Posted by logx_tm