乗り物

Waymo(元Google)が運転手ナシの完全自動運転カーのテストをカリフォルニア州で開始


Alphabet傘下でGoogleの兄弟企業であるWaymoの完全自動運転カーが、アメリカ・カリフォルニア州の公道を走る許可を得ました。運転席に人を置かない完全な自動運転カーの走行テストは、アメリカ・アリゾナ州に続く形となります。

A Green Light for Waymo’s Driverless Testing in California
https://medium.com/waymo/a-green-light-for-waymos-driverless-testing-in-california-a87ec336d657


Waymo gets the green light to test fully driverless cars in California - The Verge
https://www.theverge.com/2018/10/30/18044670/waymo-fully-driverless-car-permit-california-dmv

Googleの自動運転カー開発プロジェクトは2009年にスタートし、その後、2016年に「Waymo」として分社化、独立しました。「実用化一歩手前まで来ている」と言われるWaymoの自動運転カーが走行している様子は、以下の記事から360度ムービーで体験できます。

Waymo(元Google)の自動運転カーが公道を「普通に」走行する360度ムービー公開、自動運転での移動を仮想体験可能 - GIGAZINE


Googleの自度運転カーは約10年間にわたって走行テストを行ってきましたが、これまで、シリコンバレーのあるカリフォルニア州では「運転席に運転手を置かない」走行テストが許可されていませんでした。しかし、2018年4月にカリフォルニア州車両管理局(DMV)が新しい規則を設け、初めて完全自動運転カーが公道を走る許可が下りたとのこと。

Waymoの自動運転カーはアメリカの25都市で1000万マイル(約1600万km)の走行テストを実施済みで、2017年にはアリゾナ州フェニックスで運転手不在の完全完全運転カーの走行が許可されました。カリフォルニア州は、これに続く形になります。


アリゾナ州での走行テストの様子は以下の記事から読むことができます。

世界でただ1人、Waymoの自動運転カーに乗っている女子高生がいる - GIGAZINE


プロジェクトのボランティアである女子高生のカイラ・ジャクソンさんが無人の自動運転カーに乗り込み、学校へと向かう様子。


カリフォルニア州での走行テストは、マウンテンビュー、サニーベール、ロスアルトス、ロスアルトスヒル、パルアルトに限定されているとのこと。この区域はWaymoやAlphabetの本社も位置する、いわば「ホーム」とも呼べる場所です。


走行テストが実施されるのは日中・夜間の両方で、完全自動運転カーは制限速度である時速65マイル(約105km)を守りながら、都市部、郊外、高速道路を走る予定。Waymoはブログで「我々の車は霧や軽い雨でも含むさまざまなコンディションのテストで安全な運転を行っています」とつづっており、限定されたエリアからテストを開始し、徐々にテスト範囲を拡大していきたいとしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
自動運転カーの安全な公道テスト走行の実現にメーカーは苦慮している - GIGAZINE

自動運転カーが避けられない事故で歩行者と乗客のどちらの命を優先させるのかという「倫理的ジレンマ」をどう解決するべきか? - GIGAZINE

Uberの自動運転カーが女性をはねて死なせる事故が発生、Uberは自動運転の公道テストを中止 - GIGAZINE

Waymo(元Google)が自動運転トラックの公道テストを開始、物流の自動化競争に参戦 - GIGAZINE

Google発の自動運転カーがどこまで進化したのかを実感できるドライバーなしの試験走行ムービーが公開、近い将来に「完全自動タクシー」の提供を目指す - GIGAZINE

世界でただ1人、Waymoの自動運転カーに乗っている女子高生がいる - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   乗り物, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.