×
動画

もしも地球上から突然全ての人間が消失したら世界はどうなるのか?

by Quinn Dombrowski

2018年の時点で、地球上に住む人間の総人口は75億人を超えているとされています。世界の至る所に人間は存在していますが、「もしも地球上から突然全ての人類が消えてしまったらどうなるのか?」という疑問について解説したムービーが、YouTubeで公開されています。

What would happen if every human suddenly disappeared? - Dan Kwartler


人間は地球上のあらゆる場所に存在しており……


町中だけでなくジャングルの中や海の上、山の上やツンドラなど、厳しい環境にも生息しています。


人間の営みは地球に大きな影響を与えており……


研究者らは「人間は地球の地質に、永久的な痕跡を残した」と語っています。


そんな人間がもし、突然地球上から姿を消してしまったらどうなるのか?ということを解説したのがこのムービー。雪山やジャングルだけでなく……


町中や家の中からも、一気に人の姿が消えてしまったとします。


すると、誰も人間が使うための設備を維持するための整備を行いません。そのような状態では、人間の作った建造物はただちに影響を受けるとのこと。


たとえば人間が消失した数時間後、石油の精製を行う設備が機能不全を起こします。


インド西部やアメリカ南部の石油プラントは、1カ月にわたって燃え続けると考えられているそうです。


ロンドンやモスクワ、ニューヨークなどの地下鉄施設は……


排水ポンプが放棄されてしまうため、わずか3日間でトンネルに水がたまってしまうとのこと。


人間消失から1週間後には、ほぼ全ての緊急発電機も停止。


世界中で発生する火事も収まると、地球の夜は数世紀ぶりに闇に包まれることになります。


最初の1カ月で大規模な崩壊が発生した後は、ゆっくりと人間文明の痕跡が崩壊していくそうです。20年以内に、人間が作った歩道は雑草や樹木の根によって切り裂かれ……


都市の上に水がたまり、川が形成されます。


路面にたまった水は冬になると凍結し、春になると溶けるのを繰り返し……


コンクリートの舗装や建物の基礎にヒビを入れていきます。やがてコンクリートの建物が崩壊していき……


200年以内にはほとんどの高層ビルが崩壊してしまうとみられています。


川や海の近くにある都市では、建物のがれきも水に洗い流されて、付近の支流はコンクリートの破片で満たされるとのこと。


郊外ではより緩やかに崩壊が進むそうです。


雨漏りやカビ、虫や小動物が屋内へ自由に侵入してくるようになり……


75年以内には、ほとんどの住宅の柱は腐って崩壊してしまいます。その結果、荒れ果てた建物にはネズミやトカゲが住み着くとのこと。


人間が崩壊した後の世界は、そのまま人間が住む前の自然に戻るというわけではありません。人間が持ち込んで家庭で栽培・飼育した外来種が野生に広がっていくためです。


南アメリカ原産のホテイアオイは上海の水路を埋め尽くし……


コーカサスや中央アジアが原産のジャイアント・ホグウィードは、ロンドンのテムズ川の堤防を這い回ります。


崩壊した高層ビルを形成していたコンクリートは新たな森林の土壌となり……


土壌の酸性度が下がります。この土壌の変化により、以前はその場所に生えることがなかった新たな種類の植物が生息できるようになります。


人間が残したものは植物だけでなく、動物の生態系にも影響を与えるとのこと。動物たちは従来の生存域を超えて、橋などの人間が作った建造物を利用して新しい生息地へと広がっていきます。


また、人間のインフラによって生息域を増やしていた生物は、人間の消滅によって悪影響を受けます。たとえば、ゴキブリは人間の暖房システムの恩恵を受けることで、本来なら住めない寒い地域にまで進出していましたが……


人間が消失してしまえば、2年以上の冬を越すことはできないそうです。


また、多くの家畜やペットは人間の助けがなければ生き抜くことができません。


反対に、鳥たちは人間の作った通信塔や街灯の光による悪影響を受けずにすむため、多くの鳥がこれまで以上に繁栄することになります。


また、蚊も人間が残したタイヤにたまった水たまり等で、人間消失後1000年にわたって大繁殖するとのこと。


動物相と植物相が地球を席巻するに従って、地球の気候も徐々に人間の与えたダメージから回復していくそうです。


人間の消失から3万5000年が経過したころ、産業革命時に土壌に残された鉛の痕跡が、植物によって取り除かれます。


6万5000年後には、二酸化炭素のレベルが人間が誕生する前のレベルに戻るとのこと。


人間の痕跡はやがて全て消え去ってしまうようにも思われますが、数百万年が経過しても残るものも存在しています。


アメリカのラシュモア山花こう岩に刻まれた4人の大統領の石像は720万年にもわたって残るとのこと。


また、ブロンズ像に含まれる化学成分は、1000万年後でも痕跡が存在しており……


水辺に存在する都市の残骸も、水底で長期にわたって存在を残し続けるとされています。


いずれにしても、人間の住んでいた痕跡はやがて地球上から、ほぼ完全に消し去られてしまいます。


21世紀にはこれほどまでに地球上で繁栄している人間も、永遠に存在し続けることはないのです。

・関連記事
人類滅亡までの残り時間を示す「世界終末時計」、滅亡まで「あと3分」のまま変わらず - GIGAZINE

人類を滅亡させるかもしれない12の事象 - GIGAZINE

もしも人類が絶滅してしまったら地球はどうなってしまうのか? - GIGAZINE

核戦争後に地球を支配するのはゴキブリなのか? - GIGAZINE

人類は7万年前に絶滅寸前、全世界でわずか2000人 - GIGAZINE

人類滅亡後の地球はどうなるのかを描いた「Life After People」 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in サイエンス,   生き物,   動画, Posted by log1h_ik