×
ソフトウェア

ユーザーデータが勝手に消去される重大問題を受け「Windows 10 October 2018 Update」が配信停止へ


Windows 10の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」で、アップデートするとデータが勝手に消去されているという問題が多数報告されていましたが、Microsoftは調査を行うために「Windows 10 October 2018 Update」の配信を中止しました。

Microsoft pulls the Windows 10 October 2018 Update as it investigates user files going missing
https://www.windowscentral.com/microsoft-has-pulled-windows-10-october-2018-update-users-files-go-missing

「Windows 10 October 2018 Update(version 1809)」は半年に一度行われる大型のWindowsアップデートで、2018年10月2日に配信が始まりました。なお、Microsoftでは前回の大型アップデートである「Windows 10 April 2018 Update」からAIによるロールアウト運用が行われており、安全なアップデートが可能だとAIが判定した端末からアップデートが提供されています。

しかし、Windows 10 October 2018 Updateの配信開始直後から、「アップデート後、データが消えた」というトラブルが多数報告されていました。トラブルのほとんどがデフォルトの「ドキュメント」フォルダ内のデータが消去されたという内容です。

WARNING: 1809 upgrade misplaced/deleted files in C:\Users\Public && C:\Users\ : Windows10
https://www.reddit.com/r/Windows10/comments/9l128k/warning_1809_upgrade_misplaceddeleted_files_in/


上記のRedditスレッドで、日ごろからCドライブの空き容量をチェックしていたu/tskn氏は、Windows 10 October 2018 Updateのアップデート処理を行う前に30GBだった空き容量がアップデート後には約90GBに増加したことを確認しています。u/tskn氏によると音楽関連データがごっそり消去されたとのこと。

Microsoftは2018年10月6日に、「Windows 10 October 2018 Update」のすべてのWindows 10端末へのロールアウトを中止しました。

Windows 10 update history - Windows Help
https://support.microsoft.com/en-us/help/4464619/windows-10-update-history


また、記事作成時点では手動インストール用の最新Windows 10も「April 2018 Update」バージョンに戻されています。すでに配布済みの「Windows 10 October 2018 Update」インストールメディアを持っているユーザーに対しても、インストールを控えるようにとMicrosoftは注意喚起しています。


トラブルを訴えるユーザーのほとんどがデフォルトの「ドキュメント」内に保存していた音楽や写真、ムービーデータが消去されてしまったとのことなので、あらためて常日頃からのデータ・バックアップの重要性とデータ用ストレージはCドライブ(システムドライブ)とは別に用意することの重要性がクローズアップされています。

なお、Microsoftの技術サポートに問い合わせたユーザーの中には、「システムの復元」を利用して復元ポイントへのロールバックを指示された人がいる模様。

Microsoft Says They Can Recover Files Deleted by Windows 10 October 2018 Update
https://www.bleepingcomputer.com/news/microsoft/microsoft-says-they-can-recover-files-deleted-by-windows-10-october-2018-update/

また、Windows Insider programリーダーのドナ・サルカー氏は、「消去されたファイルを救出するツールがあるのでサポートに連絡してほしい」とツイートしていることから、Microsoftが何らかの対応ツールをリリースする可能性がありそうです。

・関連記事
予期せぬWindows10の強制アップデートを防いでくれるソフトウェア「StopUpdates10」レビュー - GIGAZINE

Windows 10で「神モード(GodMode)」を使う方法 - GIGAZINE

Windows 10フリーズ問題を解消するはずの修復ツールが原因でさらなる別の不具合発生 - GIGAZINE

IEのセキュリティパッチにWindows 10アップグレード広告を挿入&システム管理者にアップグレードを促す広告も現れいよいよMicrosoftの本気度が明らかに - GIGAZINE

iTunesから勝手に音楽ファイルが削除される恐怖のバグが判明 - GIGAZINE

一時中断されていたWindows 10初の大型アップデートがようやく再配布開始 - GIGAZINE

ブルースクリーンが2014年8月のWindows Updateで発生・起動不能の可能性、マイクロソフトがアンインストールを推奨 - GIGAZINE

Windows Update後にエラーが発生する問題でMicrosoftが削除呼びかけ - GIGAZINE

in ソフトウェア,   セキュリティ, Posted by logv_to