×
メモ

海外のオタクの間で繰り広げられる「キャラクターのカップリング論争」が過熱して問題になっている

by Sen Cross

2018年3月、アメリカのロボットアニメ「ヴォルトロン(Voltron: Legendary Defender)」の声優に殺害予告が届き、アニメイベントでの出演のキャンセルが検討されていると公表されました。また、「ヴォルトロン」の制作スタジオの元にも脅迫メールが届けられたと報じられています。どちらの脅迫も、キャラクター同士のカップリングを考察する「Shipping(シッピング)」を巡った要求内容だったとのことです。2000年代以降、海外のファン文化の中でシッピング論争の過熱が問題視されています。

Toxic Fandom: When Criticism and Entitlement Go Too Far - GeekDad
https://geekdad.com/2018/10/toxic-fandom-when-criticism-and-entitlement-go-too-far/


シッピングとは、日本でいうところの「カップリング」にあたる概念で、劇中に登場するキャラクターの恋愛を妄想したり考察したりするファン文化の1つ。もともとはRelationship(関係)から生まれた言葉で、古くは「スタートレック」のカーク船長とスポックの関係について一部のファンが考察を重ねたことから始まった文化といわれています。

日本のカップリング文化は男性キャラクター同士の同性愛を語ることが比較的多いですが、海外のシッピングはゲイ・ヘテロを分け隔てることなく語られます。また、シッピングについて語ることが好きなファンは「Shipper(シッパー)」と呼ばれます。

日本でもキャラクターのカップリングについてはファンの間で論争が絶えませんが、アメリカでも「Shipping War(シッピング・ウォー)」と呼ばれるほど、シッパーの間では激しい論争が起こっています。例えば、かつて「ハリー・ポッター」シリーズでは、「ハリーとハーマイオニー」を支持するファンと「ロンとハーマイオニー」を支持するファンの間で、ネットを中心に大規模なシッピング・ウォーが起こりました。この論争は、原作者のJ.K.ローリング氏が作品内で解答を示したことで収束しました。


「ヴォルトロン」は、1980年代にアメリカで放映されたロボットアニメ「ボルトロン(Voltron: Defender of the Universe)」のリブート作品です。「ボルトロン」は日本のロボットアニメ「百獣王ゴライオン」「機甲艦隊ダイラガーXV」を統合・再編成した作品で、当時のアメリカの子どもから熱狂的な支持を受け、社会現象を起こすほどの人気を獲得しました。そのため、リブート作品である「ヴォルトロン」のファン層は大人が中心となっていて、シッピングが特に多く語られる作品として知られています。今回の脅迫も、声優がシッピングについてインタビューに応えたところ、その回答に納得がいかないファンが送りつけたものでした。


海外のファン文化に詳しいライターのショーン・Z氏は、2000年代以降にシッピングが急速に過熱した理由に「インターネット環境の変化」を挙げています。かつて、インターネットにおける海外のファン活動はLiveJournalが中心となっていました。LiveJournalはブログをメインとしたSNSで、自分の趣味にあったコミュニティに参加することで、同好の士で集まって話し合うことができました。自分の好きなシッピングがあれば、そのシッピングを支持するコミュニティに参加すればいいというわけです。

しかし、2000年代後半になって、海外のファン活動はLiveJournalからTumblrに移行し始めました。Tumblrではタグを利用して、同じ話題の投稿を検索することが可能です。例えば「ヴォルトロン」のファンアートを見たい場合、Tumblrで「#Voltron」などで検索します。しかし、自分の支持しないシッピングの解釈・ファンアートが表示されたり、シッピングそのものに興味がない人も大量のシッピングのイラストを見せられるという事態が発生しました。


それでも最初は、シッピングのタグをつけて投稿しようというローカルルールでこの問題を回避しようとしました。しかし、このルールはそれほど広がることはなく、最終的に「#Anti-○○○」など、シッピングを否定するタグの投稿によってコミュニティがお互いを否定しあうようになりました。ショーン氏はシッピング・ウォーが「私はこのシッピングが好きではない」という争いだったのが、「誰もこのシッピングが好きではない」と罵り合うものになっていったと指摘しています。

特に、子どものキャラクターや親子・兄弟のシッピングに対して「児童性愛者だ」「近親相姦を勧める内容だ」などと指摘して圧力をかけたり嫌がらせをするアンティス(Antis=Anti Shipper、反シッパー)が近年登場しているとのこと。以下の画像は、シッピングをまとめるWikiのページがアンティスによって編集され、「近親相姦である」「キース×ランスのカップリングがヴォルトロンだと一番主流」と改ざんを受けている様子。


アンティスは、「不適切なコンテンツの作成・関与・頒布によって多くの人々が不快な思いをしないように行動している」という理由で、ファンやクリエイターに脅迫状や殺害予告を出す自分を正当化する点が非常に悪質です。ショーン氏は、アンティスの存在は他のファンの活動に支障をきたすどころか、作品そのものをだめにしてしまいかねないと警告しています。

ショーン氏は、ファン文化はみんなで作るものであり、みんながより良くしようと考えることで改善できると語っています。そして、「他のファンに対して礼儀正しい付き合いを心がけ、自分に合わないものはスルーしつつ、自分が情熱を傾けられるコンテンツを作っていくことが重要で、それにより『好きでないなら読まない』が当たり前だった時代を取り戻すことができます」と述べています。

・関連記事
セサミストリートのバートとアーニーはゲイで「仲のいいカップル」と脚本家、ただし公式は否定 - GIGAZINE

なぜ「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」で初登場したポーグは多くの人から「食べたい」と言われるのかを科学的に説明 - GIGAZINE

「貧乳は正義」論者を科学で叩きのめすアニメの巨乳キャラを空気力学的に分析した論文が公開される - GIGAZINE

ライオンの世界にも「性の多様性」、仲むつまじく寄り添う2頭の野生オスライオンがケニアで目撃される - GIGAZINE

バンコラン少佐が現実に?英国情報局が同性愛者のエージェントを募集中 - GIGAZINE

in アニメ,   メモ, Posted by log1i_yk