×
アート

女性器をクローズアップで描いた絵画「世界の起源」の謎が解き明かされる


モデルである女性の性器と腹部を写実的に描いた絵画「世界の起源」は発表当時、世間に大きな衝撃を与えました。この「世界の起源」に描かれている女性は誰なのか?ということは150年間謎に包まれていたのですが、有力な説によって、長きにわたる謎が解き明かされています。

Mystery solved? Identity of Courbet's 19th-century nude revealed | Art and design | The Guardian
https://www.theguardian.com/artanddesign/2018/sep/25/origin-of-gustave-courbet-scandalous-painting-revealed

L'Origine du Monde: Mystery Courbet nude uncovered 150 years on - BBC News
https://www.bbc.com/news/world-europe-45637037

フランスの画家、ギュスターヴ・クールベは官能的な裸婦像の傑作を残していることで知られています。その中でも、1866年に発表された「世界の起源」はベッドで足を開いた裸の女性の腹部と生殖器をクローズアップで描いており、世界に衝撃を与えました。当時は理想化されたヌードが求められていましたが、クールベはそれを拒否することでフランス第二帝政の偽善的な風潮を批判したといわれています


これが1866年に発表された「世界の起源」


フランスで1991年に展示されて以降、公の場には現れていない「世界の起源」には、発表されてから150年間ずっと「一体モデルは誰なのか?」という謎が残っていました。クールベの愛人でアイルランド人モデルだったJoanna Hiffernanという人物がモデルだとも考えられていましたが、一方でHiffernanの赤い頭髪と絵に描かれた陰毛の色は一致しないのでは、という指摘もありました。

そんな中、新たに「Constance Queniaux」というダンサーだという説が浮上しています。この説は、フランスの歴史家であるClaude Schopp氏が、「三銃士」の作者であるアレクサンドル・デュマ・ペールの息子とダンサーのGeorge Sand氏がやりとりした書簡から気づいたものとのこと。

Queniauxは1859年に34歳でパリのオペラ座から引退したダンサーで、トルコ・エジプトの外交官である男性の愛人でした。以下の写真の人物がConstance Queniaux。


愛人である外交官はクールベに「世界の起源」を描くことを依頼し、完成後は絵画を化粧室の緑色のカーテンの奥に隠し、ディナーパーティーのゲストや家を訪れた人に絵画を見せていたそうです。

書簡の写しには、Constance Queniauxという名前が「Queniault」と間違ったつづりで記されていたことに加え、「Queniaultの繊細で格調高い内側(interior)を描くものではない」という文章が「Queniaultの繊細で格調高い会談(interview)を描くものではない」と記されていたため、最初Schopp氏は文章の意味が理解できませんでした。しかし、その後、書簡のオリジナルにあたり「interview」が「interior」の写し間違いだと気づいた時に、書簡が「世界の起源」について述べていると理解したとのこと。

Schopp氏が美術史家のSylvie Aubenas氏にこの発見について告げると、Aubenas氏はSchopp氏の主張が正しいと認めました。「当時の書簡は、クールベのモデルがConstance Queniauxだという99%の確信を私に与えました」とAubenas氏は語っています。

Queniauxはその後、熱心に慈善活動に打ち込むようになり、周囲からの尊敬を集めるにつれモデルとしてのアイデンティティを失っていきました。そして1908年にQueniauxがなくなった際には、クールベが描いた赤と白の椿と春花のブーケの絵画が親族に相続されたといいます。

高級娼婦と青年の愛について書いたアレクサンドル・デュマ・フィスの「椿姫」では、椿が高級娼婦の象徴として描かれています。Queniauxが残した絵画は、クールベが外交官とその愛人であったQueniauxに送ったものと見られており、このことからも、世界の起源のモデルがQueniauxだという説の真実性が後押しされているとのことです。

・関連記事
数百人の男女が一斉ヌード、スーパーの屋上で - GIGAZINE

空から見ると全裸で人が寝転がっているのがわかる「Aerial Nudes」 - GIGAZINE

約100年にわたる映画の性的なシーン検閲の歴史 - GIGAZINE

裸の美男美女が白い液体の上で大暴れする謎のムービー「Milk」 - GIGAZINE

ルーベンスの絵画がFacebookに「不適切」だとして削除される問題でベルギー観光局が必死の取り組み - GIGAZINE

in アート, Posted by logq_fa