×
試食

エビフライ・ロースカツ・ヒレカツ・から揚げが1つの丼に載った圧倒的ボリュームの「全部のせカツ丼」をかつやで食べてきた


とんかつ専門店のかつやで、「SUPER HUNGRY SALE」第2弾として、ロースカツ・ヒレカツ・エビフライ・から揚げの4種類をトッピングし主要な揚げ物を1杯で制覇できる新メニュー「全部のせカツ丼」が2018年9月10日(月)から期間限定で提供されています。とにかく揚げ物が丼に山盛り載ってインパクト大のカツ丼とのことで、実際にどんなものか食べに行ってみました。

とんかつ・かつ丼「かつや」 全部のせカツ丼
http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/fair/fair1.html


かつやにやってきました。


店頭には「全部のせカツ丼」の提供を知らせる看板が立っていて……


席に置かれたメニューの表紙でも「全部のせカツ丼」がアピールされていました。


注文して5分ほどで「全部のせカツ丼」(税込745円)が運ばれてきました。丼がきつね色の揚げ物で覆われていて、一見しても相当なボリュームがあります。特に目を引くのは丼の中央に横たわる立派なエビフライ2尾。エビフライの脇にはヒレカツと唐揚げが1つずつ鎮座しています。


エビフライの下にはロースカツが敷かれ、さらにたっぷりのマヨネーズと千切りキャベツ。


まずは一番上に載せてあるエビフライを食べてみます。ぷりぷりしたエビとサクサクとした衣の食感の妙が抜群で、甘辛い和風タレが絡んでいます。


エビフライの横にあったから揚げは醤油ベースのタレで、そのままでもしっかりと下味がついていて濃厚な味わいを楽しめます。また、たっぷり添えられていたマヨネーズも付けながら食べることもできます。から揚げはかなり大ぶりで、食べ応えばっちりです。


揚げ物を食べる合間に千切りのキャベツを食べます。「全部のせカツ丼」はとにかく揚げ物のボリュームがすさまじいので、千切りキャベツはもう少し量が欲しいと感じました。


つづいてヒレカツ。醤油ベースの和風タレがかかっていて、そのまま食べられます。脂身はなくさっぱりとしたとんかつで、カットはされていませんが、十分歯でかみ切れるほどの柔らかさです。


とにかく丼がカツで覆われているので、ご飯に届くまでも一苦労。上に載っている揚げ物を半分ほど食べ進めてようやくご飯にたどり着きました。ご飯にはカツを載せる前にタレがかけられているようで、底までしっかりとタレが絡んでいました。


ロースカツは5切れにカットされていました。とんかつ専門店を名乗るかつやならではのジューシーなロースカツで、肉は脂がのってやわらかく、サクサクとした揚げたての衣の食感がたまりません。


「全部のせカツ丼」はかつやの全国店舗で、2018年9月10日(月)より税込745円で期間限定で提供されています。

・関連記事
ジャンクでボリューミーな「鬼盛りガリタル南蛮すたみな唐揚げライス」を伝説のすた丼屋で食べてみた - GIGAZINE

ご当地名物「かつめし」をハンバーガーに仕立てたモスの「兵庫・加古川 デミグラ牛カツバーガー」&「静岡・駿河湾水揚げ 桜えびコロッケバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

鉄板ナポリタンの上にとんかつがのったボリューム満点の「わらじナポリタン」を食べてきました - GIGAZINE

とんかつをご飯にのせて熱々のお茶をかける「とんかつ茶づけ」を食べてみました - GIGAZINE

ぶっ飛んだQ&Aで人気を博し書籍化まで果たした「とんかつ教室」のロースおじさん&ミンチーがまさかの立体化 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1i_yk