×
メモ

ディズニーランドにアルコールが提供可能な「酒場」ができると発表される

by Thomas Bunton

子どもにも大人にも大人気なディズニーランドは「夢の国」であり、基本的にアルコールの販売が禁止されていることはよく知られています。ところが、カリフォルニア州アナハイムにある元祖ディズニーランドでは、新たに「アルコールの提供を行う酒場」が作られると発表されました。

Oga’s Cantina Coming to Star Wars: Galaxy’s Edge in 2019 | Disney Parks Blog
https://disneyparks.disney.go.com/blog/2018/08/ogas-cantina-coming-to-star-wars-galaxys-edge-in-2019/

Disneyland's 'Star Wars: Galaxy's Edge' cantina will serve alcohol
https://mashable.com/article/star-wars-disneyland-cantina/

アナハイムのディズニーランドでは、2019年に「スター・ウォーズ:ギャラクシーエッジ」という映画「スター・ウォーズ」シリーズに関する新たなアトラクション群が登場します。その中に、「オーガのカンティーナ」という名前の「酒場」がテーマのアトラクションも含まれており、オーガのカンティーナでは食事を食べられるほか、アルコール類の提供も行われるとのこと。「カンティーナ」はイタリア語でワイン貯蔵庫、英語で酒場を意味します。

オーガのカンティーナはスター・ウォーズ内に登場するチャルマンの宇宙港カンティーナのような雰囲気になっているようで、客には一般客のほかに宇宙船のパイロット・賞金稼ぎ・密輸業者・宇宙旅行者などがいるようです。オーガのカンティーナは宇宙人の経営者オーガ・ガラという人物によって経営されており、地球人である一般客は「よそ者」として扱われるかもしれません。

ディズニーランドのブログによれば、「当局からの目が届きにくく日陰者が多く集まるカンティーナとはいえ、オーガのカンティーナは経営者らによって厳しく監視されており、危険な行動を取る客は排除される」とのこと。また、「オーガのカンティーナは銀河系でも有名なため、スター・ウォーズで見たことのあるキャラクターが訪れることもある」「客はエキゾチックな材料を使って作られた『成人向けの飲み物』を楽しむこともできる」ということなどが説明されています。


カリフォルニア・東京・上海のディズニーランド内には「非公開の会員制レストラン」があり、そこではディズニーランドでは通常提供されていないアルコール類も楽しめます。しかし、これまで一般客がディズニーランド内でアルコールを楽しむことはできず、オーガのカンティーナは、ディズニーランド内の一般に公開された場所でアルコールが楽しめる、初めての場所になるとされています。

・関連記事
ディズニーランドに登場するスター・ウォーズの世界を再現した新エリアはこんな感じ - GIGAZINE

ディズニーが映画のヒーローをテーマパークに降臨させるべく進めるロボット開発プロジェクト「Stuntronics」とは? - GIGAZINE

ディズニーに新しくオープンする映画「アバター」の新エリア「Pandora: The World of AVATAR」はこんな感じ - GIGAZINE

「スター・ウォーズ」の新作アニメシリーズ「スター・ウォーズ レジスタンス」予告編 - GIGAZINE

「スター・ウォーズ」実写ドラマ版の予算は1話あたり10億円超か - GIGAZINE

in 映画,   ,   メモ, Posted by log1h_ik