動画

人類初の月面着陸を成功させたニール・アームストロングの半生を描く「First Man(ファーストマン)」予告編第2弾が登場


人類初の月面歩行を成功させたニール・アームストロングの自伝をもとに作った伝記映画「First Man(ファーストマン)」の公式トレーラー第2弾がYouTubeで公開されました。トレーラー第2弾では、アポロ計画の裏にあったアームストロングとその家族の葛藤の様子が描かれています。

First Man - Official Trailer #2 [HD] - YouTube


望遠鏡で空を眺める男性。


見つめる先にあるのは「月」


人類史上、初めて月に降り立ったニール・アームストロング。


月面着陸ミッションに向けて、過酷な訓練が行われます。


その歴史上の人物のアームストロングも、子どもを持つパパ。


幸せな家庭がありました。


緊急脱出時の訓練。


激しく地面にたたきつけられます。


月面着陸ミッションのための訓練は、過酷を極めます。


「失敗が必要だ。さもなければ、あそこへは行けない」


空を見上げるアームストロング。


視線の先には発射の準備を待つアポロ11号がありました。


「ニール。全員が同意した。君に命令を下したい」


笑みで応えるアームストロング


一方、アームストロングの家庭では、「ママ、何か問題あるの?」「何も心配いらないわ」


「(問題は)月へ行っちゃったみたい」


月面着陸ミッションを与えられた3名の宇宙飛行士たち。


国家の威信を背負っています。


「見ろよ」


「世界中が見ている」


「プログラムがコストに見合うかどうか、疑問に感じたことは?」


巨額の費用が投じられた計画に、アームストロングはやり玉にあげられます。


「チャンスなんて1つとして返ってこないわ」


「あの子たちには、もうお父さんがいないのよ」


同僚の死を弔うアームストロング。


「二度と戻らないかもしれないのよ。あの子に代わりのお父さんを用意していくの?」


「還って来られると思う?」


思わず答えにつまるアームストロング。


そして、アポロ11号が打ち上げられました。


世界中で打ち上げに注目した人の中に、アームストロングの家族がいました。


「我々はコントロールできている」


「あなたは子どもと同じよ。何ひとつコントロールなんてできてない」


月面に近づくロケット。


月面で見た光景とは?


人類初の月面着陸ミッションの裏にあった物語を描く「First Man(ファーストマン)」は、2018年10月12日にアメリカで公開が始まり、2019年2月に日本でも公開される予定です。

・関連記事
人類最初の月面歩行を成し遂げたニール・アームストロングの伝記映画「First Man(ファーストマン)」予告編公開 - GIGAZINE

NASAが初の月面着陸を成功させた「アポロ11号」の通信音声1万9000時間分を公開 - GIGAZINE

45年以上人類が月面に足を踏み入れてこなかった理由とは? - GIGAZINE

宇宙開発競争から火星有人飛行まで、膨大な写真と映像でNASAが宇宙飛行の歴史を振り返るムービー「Suit Up」 - GIGAZINE

約50年前に撮影された月の高解像度写真を現代でよみがえらせる「ルナ・オービター画像復元プロジェクト」とは? - GIGAZINE

NASAのアポロ計画で行われた「月面の小さな重力でも人は歩けるか」というシミュレーション映像 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logv_to