サイエンス

世界で初めて「ネアンデルタール人の母親とデニソワ人の父親を持つ子どもの骨」が研究で示される


これまで、別々の場所で暮らしていたと見られていたネアンデルタール人デニソワ人が交配を行い、子どもを作っていたという証拠が世界で初めて示されました。研究を行った科学者でさえ「何かの間違い」だと思ったという研究結果に、世界中の科学者が衝撃を受けています。

Mum’s a Neanderthal, Dad’s a Denisovan: First discovery of an ancient-human hybrid
https://www.nature.com/articles/d41586-018-06004-0


Offspring of Neanderthal and Denisovan identified for first time | Science | The Guardian
https://www.theguardian.com/science/2018/aug/22/offspring-of-neanderthal-and-denisovan-identified-for-first-time

Scientists Stunned By a Neanderthal Hybrid Discovered in a Siberian Cave - The Atlantic
https://www.theatlantic.com/science/archive/2018/08/a-neanderthal-and-a-denisovan-had-a-daughter/567967/

2008年に科学者たちがシベリアの洞窟から現生人類ともネアンデルタール人ともDNAがマッチしない4万1000年前の子どもの小指の骨を発見しました。同じ洞窟から大人の臼歯も発見されており、「未知の新系統の人類」とされたこの人類は、後にデニソワ人と名付けられます。その後の調査で、アジアやメラネシアで暮らす一部の人々からデニソワ人のDNAの痕跡が見つかったことから、現生人類とデニソワ人の交配があったことが示されました。

そして、新たな研究によって、デニソワ人が現生人類とだけでなく、ネアンデルタール人とも交配があったことが示されました。洞窟にあった骨をDNA解析したところ、骨の持ち主はネアンデルタール人の母親とデニソワ人の父親を持っていたことが判明したのです。異なる人類グループに属する父親と母親を持つ古代の人類を特定したのは、これが初めてとのこと。


研究を発表したマックス・プランク研究所のViviane Slon氏は当初、この調査結果を信じることができず、「何を間違ったのだろう?」と考えたといいます。古代人類のDNA解析は非常に難しく、間違った結果が出ることも少なくありません。しかし、Slon氏がDNAを6回抽出しなおし、繰り返し実験を行っても、結果は同じだったそうです。

ネアンデルタール人とデニソワ人は約40万年前から遠く離れた場所でそれぞれが生活を営んでいましたが、その後、シベリアの洞窟周辺で共存するようになりました。2010年にはデニソワ人が暮らしていた洞窟からネアンデルタール人の足指の骨が発見されています。Slon氏らが発見した「デニソワ人とネアンデルタール人の子ども」とされる骨は、2つのグループの人類が「同じ場所」というだけでなく、「同じ時期」に暮らしていたことを示しました。

また、今回発見された骨の持ち主の母親はネアンデルタール人ですが、2010年にデニソワ人の洞窟で発見されたネアンデルタール人の骨とはDNAが一致しておらず、DNAの半分はクロアチアで生活していたネアンデルタール人のものと似ているとのこと。つまりこれは、母親であるネアンデルタール人は西側から移り住んできたことを示唆しています。父親であるデニソワ人のゲノムのうち半分もわずかにネアンデルタール人のDNAとの共通点が見られることから、父親もまた数百年前の祖先にネアンデルタール人を持っていたとみられています。


以前は「現生人類とネアンデルタール人が交配を行っていた」という主張は議論を呼んでいました。しかし、近年の発見によって、現生人類はネアンデルタール人だけでなくデニソワ人とも交配を行っていたこと、そしてネアンデルタール人とデニソワ人が交配を行っていたことが示されています。

ネアンデルタール人とデニソワ人の子どもを何と呼ぶべきか?という質問に関して、マックスプランク研究所のSvante Pääbo氏は「私たちは『ハイブリッド』という言葉の使用を避けています」とコメント。ハイブリッドという言葉は2グループの人類が別個のものだという印象を抱かせますが、今回の研究で示されたように、実際のところその境界線はあいまいだと説明しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
人類とネアンデルタール人が想定よりも古くからセックスしていたことが判明 - GIGAZINE

歯垢からネアンデルタール人の食生活やキスをしていたことを示す研究結果 - GIGAZINE

6万年以上前の洞窟壁画が発見され、ネアンデルタール人による芸術作品であると判明 - GIGAZINE

古代人のDNAを分析することで「人類が長い歴史の中でどのように変遷していったか」が明らかになりつつある - GIGAZINE

ネアンデルタール人の脳の発達は現代人と違う道筋をたどっていることが判明 - GIGAZINE

31万5000年前の世界最古のホモ・サピエンス(現生人類)がモロッコで発見され、これまでの定説が覆る結果に - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.