×
試食

濃厚なキャラメル&バターに岩塩でアクセントを付けた「MOW ソルティーバターキャラメル」は芳潤な香りと滑らかな舌触りがリッチな味わい


こだわりの素材と急速フリージング製法などの丁寧な製法でなめらかな舌触りを実現したアイスクリーム「MOW(モウ)」シリーズに、フランスロレーヌ産岩塩とオランダ産バターを使った「MOW ソルティーバターキャラメル」が2018年8月20日(月)から登場しています。甘さと塩気、そしてコクのバランスが絶妙なキャラメルアイスを食べてみました。

甘さ×苦さ×コクの絶妙なバランス!塩とバターのアクセントが効いた大人向けのキャラメルアイス「MOW(モウ)ソルティーバターキャラメル」8月20日(月)より全国で期間限定発売
http://www.morinagamilk.co.jp/release/newsentry-2944.html

「MOW ソルティーバターキャラメル」(税別130円)は、キャラメルソース、カラメルシロップを配合したキャラメル味のアイスクリームです。材料にフランスロレーヌ産岩塩やオランダ産バターなどを使用しており、キャラメル味の甘さと苦さとコクのバランスにこだわったアイスクリームです。


MOWバニラは、乳固形分と乳脂肪分が多い「アイスクリーム」ですが、「ソルティーバターキャラメル」の方は「アイスミルク」に分類されます。原材料を見てみると、「ソルティーバターキャラメル」にはMOWバニラに含まれていない「植物性脂肪」が入っており、乳固形分と乳脂肪分の比率が低くなっていることがわかります。その他、キャラメルの風味を出すための「キャラメルソース(砂糖、乳製品)」「カラメルシロップ」「カラメル色素」などが含まれています。


1カップあたりのエネルギーは218kcalで、シリーズ中高くも、低くもないぐらい。


紙のパッケージを外すと、シンプルな紙の内ブタがあります。


カップの中は、薄く茶色がかったアイスクリームで満たされています。



冷凍庫から出したばかりでもスプーンがアイスにスッと入り、MOWの特徴である空気を含んだ柔らかい感触がこのアイスでも楽しめることがわかります。


食べてみると、アイスは空気をたっぷり含んでいるので滑らかくて口どけがよく感じます。この滑らかさは、森永のアイスクリームバー「PARM(パルム)」にも採用されている急速フリージング製法というアイスの粒子を細かい状態で維持する技術によるもの。アイスが溶けると同時に、バターとキャラメルの濃厚な香り、さらにキャラメルの芳ばしさもプラスされ贅沢な味わい。岩塩の塩気も効いているのでただ甘ったるいだけではないというのもポイント。


溶けやすいのか、カップのまわりからアイスがトロリ。キャラメルやバターの風味は濃厚ですが、岩塩のおかげか、ややスッキリとした後味に感じられました。


「MOW ソルティーバターキャラメル」は税別130円で期間限定の商品となっており、全国で購入可能です。

・関連記事
濃厚なチョコレートをアイスクリームとコーティングに使いピノ史上最高のカカオ分という「ピノ トリュフショコラ」を食べてみた - GIGAZINE

シャクっと歯ごたえのよい蜜漬けりんごを使った濃厚アイスクリーム「花畑牧場 クリームブリュレ まるごとりんご」を食べてみた - GIGAZINE

香ばしいきなこアイスとコクのある黒みつソルベが渦を描く「ハーゲンダッツ ミニカップ 黒みつ&きなこ」は上品ですっきりとした甘さ - GIGAZINE

「ミニオンズ」をモチーフに6種類ものフルーツを使ったサーティワンの「”ミニオン” メッチャフルーツ」を食べてみた - GIGAZINE

チョコミント強化月間のコールドストーンで「ミンティケーキ プレゼンツ」&「アスナック キャラメル ミント」を味わってみた - GIGAZINE

あの「雪見だいふく」をほわほわコッペパンで挟んだコメダ珈琲「雪見だいふくシロコッペ」のひんやりモチモチ食感を味わってみた - GIGAZINE

シャリシャリ食感の梨の果肉&濃厚なミルクを使った「ホームランバー 二十世紀梨ミルク」を食べてみた - GIGAZINE

濃厚なミルク味アイス&たっぷりのあずきで特別な「ガリガリ君スペシャーレ ずっしりあずき」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log