レビュー

さくさくインターネットをフィジーで可能にすべくSIMカード2種を使い比べてみた


見知らぬ海外を旅する時こそ確保しておきたいのがインターネット回線。海外でインターネットを使うにはWi-Fiルーターを借りる方法もありますが、現地でSIMカードを調達する方法も。フィジーのナンディ・国際空港の到着ゲートでは2つの会社のSIMカードがあったので、両社のプランや通信速度などを比較してみました。

フィジーにあるナンディ国際空港の到着ゲートでは、2社のSIMカードが選べます。1つが「Vodafone Fiji」で……


もう1つが「Digicel Fiji


まずはVodafone Fijiに入ってみたところ、プランはこんな感じ。フィジーの人はおしゃべりが好きだからかほとんどがデータ通信と通話がセットのプランです。データ通信のみの場合は15日間で8GBのプランが65フィジードル(約3400円)。ですが店員さんに「30日間、10GB&15フィジードル分の通話がセットになったプランが70フィジードル(3700円)でお得だよ」と勧められ、300円の差なのでこちらを購入してみました。


今回はiPhone 8で使用します。


店員さんは基本的に英語が通じ、片言の英語でもコミュニケーションは可能。iPhoneを手渡すと、SIMカードの入れ替えや設定などを行ってくれます。のんびりした人が多いフィジーなので、途中で他の店員さんとのおしゃべりなどが入りますが、お任せしたら5~10分ほどでインターネットが使えるようになりました。


なお、作業が完了するとSIMカードを取った後の枠の部分を受け取ります。「Prepay」と書かれたシールの下には、もともとiPhoneに入っていた方のSIMカードが挟まれていました。


もう1つのDigicel Fijiの方にも入ってみます。


Digicel Fijiのデータプランはこんな感じ。データ通信のみの場合、4GBが29フィジードル(約1500円)、5GBに国内通話100分、SMS100通、国際通話100分がセットになったプランが49フィジードル(約2500円)です。こっちはデータ通信のみのSIMを購入してみました。


ということで、実際に空港周辺で速度を比べてみました。まずはVodafone Fijiの通信速度を計測してみたところ16Mbps。


一方で、同じ場所でDigicel Fijiを試してみると1.1Mbpsでした。場所によっては1Mbpsを下回ることもあり、「Vodafone Fiji、高いだけある……」という感じなので、通信速度を重視する人はVodafone Fijiを選択するとよさそうです。なお、Vodafone Fiji、Digicel FijiいずれのSIMカードもテザリングが可能でした。


なお、SIMカードの他にフィジー国内でインターネットを使える方法はないのか?ということで調べてみると、ナンディ市内の中にもネットカフェは存在しました。


「3D's Internet Cafe」と書かれたお店に入ってみます。


場所はここ。


中はこんな感じ。図書館の自習室のように区切りのあるデスクがずらっと並んでいます。


お店に入ってすぐのところに受付があるので、「インターネットを使いたいのだけれど」と告げると、デスクの番号を伝えられます。


カウンターの向こう側には価格表などが貼られています。


インターネットは1分で0.04フィジードル(約2円)。最低コストとして20フィジーセント(約10円)が必要で、30分あたり1フィジードル(52円)、1時間あたり2フィジードル(約104円)です。


店員さんに伝えられた番号が振られたデスクへ。


試したところ、速度は17Mbps。特に不便さを感じることなくさくさくと調べ物や作業が行えます。


GIGAZINEを開くとこんな感じ。


コピー機などもあり、PCは使わずに資料を印刷するためだけに訪れている人もいました。データや文書を渡せば印刷作業は店員さんが行ってくれます。


3D's Internet CafeはWi-Fiが使えなかったので、フリーWi-Fiのカフェなどはないか?と探してみたところ……


発見。


お店に入ってみるとこんな感じ。きれいなカフェです。


店員さんに飲み物を注文すると共に「無料Wi-Fiが使いたいんだけど……」と伝えてみると……


ユーザー名とパスワードが書かれた紙をもらいました。目的のネットワークを選択してこの情報を入力すればOK。


……のはずだったのですが、つながらず。「サーバーが応答を停止している」という表示が出ていると店員さんに伝えると、「ちょっとチェックしてみるね!」とのこと。しかし、1時間たっても状況が改善することはなく、最後まで「今チェックしているからね!」という状態でした。


他に無料Wi-Fiを提供しているカフェはないか?と調べてみました。


「Coffee Museum」というカフェに……


Free Wi-Fiの文字を発見。


お店の中はこんな感じで、こちらもきれいでおしゃれなカフェになっていました。しかし、店員さんに聞いてみたところ、このお店も「今日はWi-Fiが使えないの~」という回答。ナンディに無料Wi-Fiのお店はあるものの、あまり期待しない方がいいのかもしれません。


有料あるいは無料のWi-Fiが提供されているホテルは多いので、ホテルでのみインターネットを使うという人であれば問題ないのですが、外でもインターネットを使いたいという人であればSIMカードを購入していた方がよさげ。なお、トップアップ(追加チャージ)を行える場所は、街のいたるところにありました。ギフトショップにも……


こんな感じで、Vodafone FijiやDigicel Fijiのトップアップが可能でした。

・関連記事
仏最大手「Orange」のSIMカードを簡単にゲットして使えるようにする方法 - GIGAZINE

ヨーロッパ各国で使える格安プリペイドSIMカード「Three SIM」を日本で入手してイギリス&ドイツで使ってみた - GIGAZINE

フィリピンで格安の現地キャリア「Smart」「Globe」のSIMカードをゲットして使う方法 - GIGAZINE

海外でパケ死しない現地SIMカードを使ってインターネットをする方法 - GIGAZINE

アフリカの携帯電話事情まとめ、街中に携帯の充電屋さんや修理屋さんも - GIGAZINE

日本では考えられない格安携帯「Nokia1280」をアフリカで手に入れました - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル, Posted by logq_fa