×
試食

鮮やかな夏野菜とひき肉をふんだんに使った「夏盛りドライカレー」など大戸屋の夏定食を味わってみた


定食店チェーン・大戸屋で夏向けの期間限定メニューとして、2018年8月16日(木)から鮮やかな夏野菜を使った「夏盛りドライカレー」と、バラエティ豊かな夏野菜の小鉢を揃えた「夏ベジ味わい膳」が登場したので、食べに行ってきました。

夏盛りドライカレー|メニューのご案内|大戸屋 ちゃんとごはん。
https://www.ootoya.com/menu/detail/002862.html

夏ベジ味わい膳|メニューのご案内|大戸屋 ちゃんとごはん。
https://www.ootoya.com/menu/detail/002863.html

大戸屋に到着。


お店の前には「夏定食はじめました。」というフレーズで「夏盛りドライカレー」と「夏ベジ味わい膳」の告知があります。


注文してから15分ほどで「夏ベジ味わい膳」と……


「夏盛りドライカレー」が到着しました。


◆夏盛りドライカレー
「夏盛りドライカレー」(税込980円)のメインであるドライカレーは、ひき肉を使ったドライカレーに素揚げされた夏野菜が添えられています。ドライカレーと合わせるごはんは注文時に、「白米」か「コーンと雑穀ごはん」のどちらかを選択できて、今回は「コーンと雑穀ごはん」を選択しました。


ドライカレーは、ガラムマサラなどカレーの香辛料の他にココナッツクリームを加えています。具は挽肉や玉ねぎなどを使用していて、スパイシーな香りが漂い、カレー専門店のカレーのような香りが漂います。


雑穀ごはんと食べてみるとスパイスが香る本格的なドライカレー。ドライカレーはジューシーなひき肉がたっぷりと使われていてパサついていません。かむ度にひき肉のうま味とスパイスの刺激がジュワッとあふれます。スパイスの辛味がじんわりと効いていて、ひとくち食べると飲み物が欲しくなるほどではありませんが、食べ進めると飲み物が欲しくなるほどの辛さです。


雑穀ごはんに添えられているコーンはシャキッと歯ごたえがあって、ほんのり塩味が付けられており、コーン本来の甘味が感じられます。


ドライカレーと一緒に食べると、コーンの甘味と歯ごたえのよさをドライカレーに加えることができます。


ドライカレーに添えられている素揚げの野菜は、ほどよく熱が通っています。ナスは熱を通しても、みずみずしくて水分がギュッと封じ込められています。シャキシャキとした食感を保っているので、スパイシーなカレーと一緒に食べてもグッド。


カボチャは素揚げの熱で甘く滑らかな食感になっています。揚げられて香ばしくなり、カボチャの自然な甘さはドライカレーの箸休めにピッタリでした。


・モロヘイヤのジンジャースープ
「夏盛りドライカレー」には、「モロヘイヤのジンジャースープ」が付いています。スープの具にはモロヘイヤとわかめが入っています。


スープはモロヘイヤの粘り気が溶け出してトロッとしています。中華スープとお吸い物の中間のような味付けで生姜の辛味がピリッと効いています。モロヘイヤの柔らかい葉の食感とわかめのシャキッとした歯ごたえもあるスープでした。


・パインとレモンのゼリー
「夏盛りドライカレー」には、パイナップルと半透明のゼリーを合わせた「パインとレモンのゼリー」も付いています。


食べてみると、ゼリーというよりは濃厚なソースのような食感です。レモンの味を加えてあるとのことですが、ゼリーは甘味が強めの甘酸っぱい味です。パイナップルはやわらかい繊維の食感があり、かむと甘い汁がジュワっとあふれます。とろりとしたゼリーと柔らかいパイナップルは味と食感が近く一体感がありました。


◆夏ベジ味わい膳
2つ目の夏定食は、夏野菜を使った料理の小鉢5つメインの皿がセットになった「夏ベジ味わい膳」(税込980円)です。左から「コーンとみょうがのごはん」「豚と夏野菜トマト煮」緑色の皿にのった「長いもソテー柚子胡椒風味」「つくねの生姜あん」「オクラのごま和え」そして夏盛りドライカレーと共通の「パインとレモンのゼリー」と「モロヘイヤのジンジャースープ」のセットになっています。


・枝豆つくねの生姜あん
メインの枝豆つくねの生姜あんは、鶏むね肉と枝豆を使ったつくねに生姜あんをかけて、ネギや大葉を添えた品です。生姜あんのテカりは食欲をそそります。


鶏むね肉のつくねは、柔らかくてみずみずしく、むね肉を生かしたさっぱりとした味付け。鶏むね肉を使っていながらパサつきは皆無。生姜あんは、ダシが効いたやさしい醤油味で、生姜がほんのりと香ります。つくねに塩味とうま味を加えて、とろみで味を長続きさせて満足感を加えています。つくねに混ぜ込まれた枝豆は、ポリっとした食感がアクセントになっています。


・ソテー柚子胡椒風味
枝豆つくねの生姜あんと同じ皿には、長芋を醤油やみりん、そして柚子胡椒でソテーした「ソテー柚子胡椒風味」が添えられています。


長芋はソテーされて熱を加えながら、生のようにシャキシャキの食感を保っています。柚子胡椒の風味が爽やかに効いています。


・豚と夏野菜トマト煮
小鉢の最後は「豚と夏野菜トマト煮」です。豚肉・茄子・トマトを炒めて、醤油ベースのタレに合わせて、豆板醤を効かせた品です。


豚肉は柔らかくてトマトの酸味とうま味そして、甘辛いたれに豆板醤のピリ辛な味付けがほんのりとした刺激になっています。


夏野菜のトマトは炒めて甘味が増していて、トマトの酸味でサッパリと食べられました。


夏盛りドライカレーと夏ベジ味わい膳は各税込980円で、期間限定メニューとなっています。単品での注文はできず、予告なく変更、終了することがある商品となっています。

・関連記事
カレーのプロが監修したフレッシュネスの「スパイスカリーチキンバーガー」は本格カレーソース&ジューシーなサクサクチキンが絶妙なバランス - GIGAZINE

ジューシーな大ぶり鶏もも肉&ピリ辛トマトカレーが絶妙な松屋の「ごろごろチキンのトマトカレー」を食べてみた - GIGAZINE

具だくさんで爽やかな「夏野菜ラタトゥイユとグリルチキン(塩レモン・ジェノベーゼ)」をウェンディーズ・ファーストキッチンで食べてみた - GIGAZINE

「カレー」がイギリスの食文化に受け入れられて広まった理由とは? - GIGAZINE

世界各地で食したウマウマな日本食まとめ - GIGAZINE

ラオスの日本食ビュッフェでは意外なモノが回っていた - GIGAZINE

たい焼き屋から転身した店主のがっつり系定食屋「ビッグ鯛はのぼる」がサラリーマンに愛される理由を確かめに行ってみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log