×
メモ

電気自動車の充電時間を秒単位にまで短縮できる画期的なバッテリーを研究者が考案

by Mark Cruz

従来のバッテリーに比べて貯蔵できるエネルギー量が10倍で、充電時間が圧倒的に短いバッテリーをグラスゴー大学のリロイ・クローニン教授らが考案しました。これまで、電気自動車の充電時間は「急速充電」で20分から30分、普通充電だと数時間単位でしたが、このバッテリーなら秒単位での充電が可能だとのこと。

Highly reduced and protonated aqueous solutions of [P 2 W 18 O 62 ] 6 - for on-demand hydrogen generation and energy storage | Nature Chemistry
https://www.nature.com/articles/s41557-018-0109-5


How reduced can you go? | Nature Research Chemistry Community
https://chemistrycommunity.nature.com/users/15852-lee-cronin/posts/37703-how-reduced-can-you-be

University of Glasgow - University news - Liquid battery could lead to flexible energy storage
https://www.gla.ac.uk/news/headline_601603_en.html

この新たなバッテリーの特徴はポリオキソアニオンを使用した点。

ポリオキソアニオンは高機能なフロー電池の電解質である一方、電解槽内で必要に応じて水素を生成することができるので、このバッテリーは、これまでは両立しないと考えられてきた「バッテリー」と「燃料生成装置」の両方の役割を果たせるとのこと。

また、これまでのバッテリーと異なる点として、バッテリー液を容易に入れ替えられるという点が挙げられます。電気自動車の充電は、スマートフォンや家電などと同じようにプラグを接続する形式が一般的ですが、このバッテリーなら、ガソリンスタンドで給油するようにバッテリー液を補充することが可能。これによって、給油と同じように秒単位で充電を終えることが可能だそうです。

実用化されれば電気自動車の姿が大きく変わることになるかもしれませんが、従来型の充電スタンドに加えて新たなスタンドが必要になってくるので、導入はそう簡単ではないような気がします。

・関連記事
「即時再充電可能」なバッテリー技術が誕生、電気自動車の未来を大きく変える可能性 - GIGAZINE

走行中に給電できる「電気道路」をスウェーデンが公道で開発中、道路&既存自動車への導入コストも安価 - GIGAZINE

モンスターEV「アスパーク OWL(アウル)」が世界初の市販車0-100km/hで2秒切りを達成、暴力的な加速を見てきた - GIGAZINE

1.9秒で時速100kmに達する史上最速の新型EV「ロードスター」をテスラが発表、2020年に2000万円台で発売する計画 - GIGAZINE

EVはすでにガソリン車を所有するよりも年間コストが低くなっているという調査結果 - GIGAZINE

「電気自動車がクリーンでエコな乗り物とは限らない」というサイクリストの主張 - GIGAZINE

in 乗り物,   メモ, Posted by logc_nt