試食

旬のイチゴ「すずあかね」を芸術的に敷きつめたキルフェボンの「長野県産 すずあかねのタルト」を食べてみた


旬のフルーツを使ったタルトのお店「キルフェボン」で、旬のイチゴすずあかねを隙間なく敷きつめた「長野県産 すずあかねのタルト」が2018年8月6日(月)から登場しています。爽やかな甘さのすずあかねの果実とジャムを使った夏のタルトを味わってみました。

【グランフロント大阪店限定】長野県産 すずあかねのタルト|グランフロント大阪店|メニュー|こだわりのタルト、ケーキのお店。 キルフェボン
http://www.quil-fait-bon.com/menu/detail.php?tsp=19&tmn=1002

今回訪れたキルフェボン グランフロント大阪店は複合商業施設「グランフロント大阪」内にあります。場所はJR大阪駅/阪急線梅田駅/阪神梅田駅から徒歩約5分で、住所は「大阪府大阪市北区大深町4−4−20グランフロントショップ&レストラン大阪南館」です。


グランフロント大阪の南側にやってきました。今回の目当の品「長野県産 すずあかねのタルト」は、キルフェボン グランフロント大阪店限定の品です。


先ほどの写真の位置から2分ほど真っすぐ歩くと、グランフロント大阪店に到着。


この店舗はテイクアウトの他に、イートインのカフェを併設しています。訪れたのは平日の夕方でしたが、30分待ちの人気でした。


キルフェボンでは多数のタルトを提供していて、店内の冷蔵ケースの中には旬のフルーツを使った色とりどりのタルトが並んでいます。


「長野県産 すずあかねのタルト」のポスターを発見。


さっそく購入します。


箱は薄い黄色をしています。


箱を開けるとタルトが登場。開けた瞬間に、爽やかなイチゴの香りが広がります。


お皿に移しました。「長野県産 すずあかねのタルト」(1ピース:税込691円/25cmホール:税込6588円)は、小粒の長野産すずあかねを隙間なく敷きつめたタルトとなっていて、すずあかねの赤色が鮮やかなタルトです。


1ホール直径約25cmのタルトは交通系ICカードの長辺だと約3枚分。


高さは約3cm。


すずあかねの形はふっくらとした球円錐形なのが特徴。タルトに使われているものは直径が約2cm。表面はゼリーのようなナパージュでコーティーングされていて、下はすずあかねのジャムが塗られています。


タルト生地は濃い茶色をしていて、こんがりとしています。


芸術的にイチゴが敷きつめられているタルトですが、食べるためにはやむを得ないのでカットします。


取り分けてみました。


イチゴの断面の赤と白のコントラストがきれいです。このタルトは、サワークリームを加えたカスタードと合わせてあります。断面を見ると、カスタードの間にスポンジ生地が挟まれているのがわかりました。


まず、ケーキとは別にすずあかね単体を食べてみます。酸味が強めで爽やかな味です。みずみずしい果肉からは、かんだ瞬間に小粒の果実にギュッと詰まった果汁とフルーティーな香りがあふれます。


タルトと一緒に食べると、すずあかねはカスタードやタルト生地と絶妙にマッチしています。カスタードは控えめな甘さがあり、軽やかな味。軽やかといってもクリームなので、食べ進めると重く感じますが、すずあかねと一緒に食べるとすずあかねの爽やかな酸味とみずみずしい果汁でリセットされてちょうどよいバランスになります。タルトを食べ進めても、すずあかねの味でひとくち目の新鮮な味に感じられます。


タルト生地はサクサクと香ばしくなっていて、クリームやすずあかねにない食感と風味をプラスしていました。


「長野県産 すずあかねのタルト」は、1ピースが税込691円、25cmホールが税込6588円となっています。2018年8月末日までの期間限定の商品で、8月22日から26日までは販売休止期間となっているので注意してください。メールでの予約はできないので確実にゲットしたい人は電話か店頭で予約をするのがオススメです。

グランフロント大阪店|店舗のご案内|こだわりのタルト、ケーキのお店。 キルフェボン
http://www.quil-fait-bon.com/shop/?tsp=19

・関連記事
大粒のフルーツがタルトを覆いつくすキルフェボン「夏の果実のミックスフルーツジュースのタルト」を食べてみた - GIGAZINE

トロピカルな「焼きたてミニチーズタルト マンゴー×ヨーグルト」や甘酸っぱい「パブロスムージー 真夏のグアバとココナッツ」などパブロの期間限定メニューを味わってみた - GIGAZINE

スシローが寿司ではなく本気のスイーツだけを売る期間限定ショップ「表参道スイーツテラス」に行ってみた - GIGAZINE

あの「雪見だいふく」をほわほわコッペパンで挟んだコメダ珈琲「雪見だいふくシロコッペ」のひんやりモチモチ食感を味わってみた - GIGAZINE

アイスで作られたピザを丸ごと1枚食べられるそのまんまの名前のサーティワン「アイスクリームピザ」を食べてみた - GIGAZINE

たっぷりのイチゴと「ひやしあめ」のショウガが爽やかなキルフェボンの「大阪産(もん)ひやしあめとイチゴのタルト」を食べてみた - GIGAZINE

山形産白桃「もちづき」の果肉をミルク風味のクリーム&ふんわりスポンジで包んだ不二家の「国産白桃のミルキークリームロール」を食べてみた - GIGAZINE

総重量はおよそ10トン、世界一巨大なアイスクリームケーキ - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi