サイエンス

なぜ犬はおしっこを済ませたあとに地面を蹴るのか?

by leonides ruvalcabar

犬はおしっこをしたあとに地面を蹴るような仕草をとることがあるのですが、これが一体どのような意味を持っているのかについて、科学系ニュースメディアのLive Scienceが記しています。

Why Do Dogs Scratch the Ground After They Pee?
https://www.livescience.com/63239-why-dogs-scratch-ground-after-peeing.html


犬を飼ったことがある人なら、土や草を顔にかけられた経験があるという人もいるはずです。これは「犬がおしっこをしたあとに地面を勢いよく蹴る」という習性のせいです。この習性を獣医は「ground scratching(地面ひっかき)」と呼んでいます。

地面ひっかきは犬の飼い主にとって奇妙で迷惑な行為でしかないかもしれませんが、最新の研究からさまざまな事実が明らかになっています。まず、すべての犬が地面ひっかきを行うわけではなく、調査によると地面ひっかきは犬の中でもかなり珍しい行動であることが判明しています。

イギリスのペット動物の行動カウンセリングを行う団体で臨床動物行動学の教授として働くロジー・ベスコビー氏は、「地面ひっかきはオスとメスの両方で見られる習慣ですが、犬全体でみると約10%しかそういった行動はとりません」と語っています。通常、犬は糞便を排せつしたあとに地面ひっかきを行うそうですが、特に「なじみのあるにおいがない場所」もしくは「(自分の縄張りで)嗅ぎ慣れない糞尿のにおいがした際」に行うケースが多いそうです。

by James Padolsey

また、地面ひっかきという行動は犬特有のものではないことも明らかになっています。犬と同じように地面をひっかくように蹴る仕草は、オオカミ・コヨーテ・ライオンといった哺乳動物でも見られるそうです。特に、(PDF)コヨーテオオカミの地面ひっかき習性に関する観察研究は進んでおり、「これらの研究結果から、犬がなぜ地面を蹴るような仕草をみせるのかについて有益な手がかりが得られる」とペンシルベニア・スクール・オブ・ベタリナリー・メディスン大学で獣医行動学を教えるカルロ・シラクサ氏は語っています。

オオカミが地面ひっかきを行う理由について、シラクサ氏は「例えばオオカミの場合、群れで暮らすという社会的性質が地面ひっかきと関係しています。群れの中のリーダー的オオカミが、自分の縄張りを示すために地面ひっかきを行う傾向にあります。おそらく、リーダーが示した領域を越えてしまった場合、オオカミの群れから攻撃される可能性があります。つまり、地面ひっかきは他のオオカミに対して縄張りを示すメッセージというわけです」と説明しています。

このようにオオカミやコヨーテにとって、地面ひっかきはマーキング行為であるわけですが、これには2つの特徴があります。1つ目は「地面をひっかくことで、目で見てわかる印を残す」という視覚的マーキングで、2つ目は「糞尿によって残された香り、もしくはオオカミの足にある腺から分泌される液体を地面にこすりつけることで付ける香り」による嗅覚的マーキングです。

犬に戻って考えてみると、飼い犬が地面ひっかきを行うのは、大抵の場合が草木におしっこでマーキングする際であり、これはコヨーテやオオカミで見られる地面ひっかきによるマーキングと同じ性質を持ったものと考えられます。加えて、犬は足に汗腺を持っており、ここから特別な液体を分泌し、マーキングに利用していることも明らかになっています。

シラクサ氏によると、犬が足の汗腺から分泌する液体にはフェロモンが含まれているとのこと。つまり、犬はフェロモンを地面に残すことで、他の犬に対して自分の縄張りであるという強い警戒信号を送っている可能性があるというわけ。ただし、足の汗腺から分泌されるフェロモンの機能はまだはっきりしていないため、他の犬に対してどのようなメッセージを送ることができるのかについて結論を出すのは難しいとシラクサ氏は語っています。

by Xiang Gao

地面ひっかきが「マーキングした領域に入れば他の犬を襲う」というような攻撃的なものかどうかについて、シラクサ氏は「飼い犬は野生動物のように『自分の領土』を所有・管理するわけではない」と語っています。また、シラクサ氏は飼い犬の地面ひっかきは他の犬に「この領域から離れるように」と警告するためのものではなく、自分がここにいるということを知らせるための方法なのではと考えているそうです。よって、「犬同士が知り合いならば問題ないし、知り合いでなければその場を離れたくなる程度のもの」と犬の地面ひっかきについて説明しています。

また、シラクサ氏が行った犬の臨床研究によると、神経質で不安定なペット犬は通常よりも地面ひっかきを行いがちな傾向にあるとのことです。ただし、この行動をとるすべての犬が不安に感じているというわけではないそうで、「犬にとって自然な行動であるので心配する必要はありません」とも語っています。

しかし、一部の神経質な犬にとっては「自分の安全な空間を保とうとする行為」である可能性があるそうです。その理由は、犬にとって他の犬と会うことは楽しみではないため。また、犬がなじみのない場所へ行くと地面ひっかきをより頻繁に行う傾向にあること、さらには去勢された犬よりもメス犬の方が頻繁に地面ひっかきを行うこと、をベスコビー氏は指摘しています。

by Valerie Elash

シラクサ氏は飼い犬が地面ひっかきを行う際の「最善の対処方法」として「本能にまかせて地面ひっかきを行わせること」を挙げており、「本能による行動を修正させようとすると、動物が自身は弱いものであると感じてしまう」と語っています。また、ベスコビー氏は「地面ひっかきが飼い主にとっての大きな問題になっているということはないはず」と付け加えています。

・関連記事
犬は飼い主の不安を感じ取って飼い主の苦痛を解消するために行動する - GIGAZINE

なぜ長年連れ添った犬でさえ飼い主を襲ってしまうのか? - GIGAZINE

飼い主が勘違いしやすい10個の犬の行動とは? - GIGAZINE

「子犬が愛らしく見える」理由は犬の生存戦略の1つである可能性を研究者が指摘 - GIGAZINE

なぜ犬は自分のうんちを食べる「ふん食家」になってしまうのか? - GIGAZINE

in サイエンス,   生き物, Posted by logu_ii