ハードウェア

テスラが自社で自動運転用のAIチップを開発、NVIDIAシステムの10倍の性能とマスクCEOは豪語


電気自動車(EV)メーカーのテスラが開発中の自動運転システム専用のAIチップを自社開発していることを、イーロン・マスクCEOが明らかにしました。かねてからウワサされていたテスラ独自のAIチップは、多くの自動車メーカーも採用するNVIDIA製システムの10倍以上の演算性能を誇るとマスクCEOは豪語しています。

Tesla says it’s dumping Nvidia chips for a homebrew alternative | Ars Technica
https://arstechnica.com/cars/2018/08/tesla-says-its-dumping-nvidia-chips-for-a-homebrew-alternative/

Tesla is building its own AI chips for self-driving cars | TechCrunch
https://techcrunch.com/2018/08/01/tesla-is-building-its-own-ai-chips-for-self-driving-cars/

自動運転カー技術には、画像認識技術など機械学習(AI)システムが不可欠であり、GPUメーカーのNVIDIAはPX2を使った自動車向けシステム「NVIDIA DRIVE」を提供しており、自動運転技術を開発する多くの自動車メーカーに採用されています。テスラもNVIDIAシステムを使って自動運転技術「オートパイロット」の改善を大きく進めてきましたが、かねてからのウワサ通り、自社でAIチップを開発していることをマスクCEOが公式に認めました。

マスクCEOは2018年第2四半期決算報告の場で、「過去2~3年の間、"半ステルス"(公然の秘密)モードだったけれど、自律的な運転のために特別設計された世界で最も先進的なコンピューターそのものを開発した」と述べ、テスラ車専用のAIチップとコンピューターシステムを完成させたことを明かしました。マスクCEOによると独自開発のAIチップは、NVIDIAのハードウェアと比較しても圧倒的な性能を誇るとのこと。NVIDIAチップが映像認識性能で200fpsなのに対して、テスラチップはなんと2000fpsを実現。しかも、冗長性やフェイルオーバーの仕組みを取り込みマージンを取った状態で、NVIDIAシステムを10倍上回ると述べています。


テスラがAIチップを内製する理由は、「より高いパフォーマンスを得るため」です。汎用性のあるNVIDIAシステムではなく、テスラのオートパイロットシステムに特化したハードウェアを開発することで、従来以上の性能が見込めます。マスクCEOによると、パフォーマンスの鍵となるのは「ベアメタルレベルでニューラルネットワークシステムを走らせること」。CPUとGPUを使いある種のエミュレーションモードでニューラルネットワークの演算を行うシステムでは、GPUとCPU間のデータ転送がシステムの制約の一つになってしまい性能向上に不利だとテスラは考えています。

また、AIチップを含めてハードウェアを自社開発することは、「NVIDIAの開発速度がボトルネックにならない」という利点もあります。多くの自動車メーカーは自動運転技術開発のハードウェアのコアをNVIDIAに頼っている状態で、大幅な性能向上はNVIDIAの新システムの登場を待つ必要があります。これに対してテスラは独自にAIチップやコンピューターシステムを自社開発することで、NVIDIAの開発を待つことなく次々と新技術を開発、導入できるようになるというわけです。

テスラがコンピューターシステムでソフトウェアだけでなくハードウェアまで自社開発することは、スマートフォンにおけるAppleのやり方とパラレルに考えるとわかりやすいとの指摘があります。AppleはAシリーズチップを独自開発することで、ソフトウェア(iOS)の性能をフルに引き出すことに成功し、汎用チップを採用するAndroid端末との性能競争で優位性を保っています。テスラはスマートフォンでAppleがやっているように、自動車でもソフトウェア+ハードウェアを自社開発することで、高度な自動運転システムとしての統合を目指すというわけです。


マスクCEOによると自社開発AIチップは2019年にリリース予定だとのこと。このAIチップを含むシステムは既存のテスラ車のハードウェアとの下位互換性を維持しており、テスラオーナーはハードウェアシステムをアップグレードできる予定です。テスラは自社開発のAIチップによって、オートパイロットにおけるレベル4以上の自動運転技術の実用化を早める考えです。

・関連記事
テスラがAMDと自動車向けチップを共同開発中か - GIGAZINE

「全自動運転カー以外の車両が違法になる未来が来る」とテスラのマスクCEOが語る - GIGAZINE

Intelが1兆7600億円で自動運転のMobileyeを買収、自動運転分野に本格参入 - GIGAZINE

自動運転カーを実現する開発ユニット「NVIDIA Drive PX 2」によるディープラーニングのデモはこんな感じ - GIGAZINE

トヨタの自動運転カーはNVIDIAの車載AIコンピューター「DRIVE PX」を採用 - GIGAZINE

太陽光発電・低価格EV・カーシェアなど、テスラのマスク氏が今後の10年を示した「マスタープラン・パート2」とは? - GIGAZINE

「テスラの自動運転は事故に遭う割合を50%低下させている」とイーロン・マスク氏がその恩恵を語る - GIGAZINE

テスラとWaymoは自動運転カー実現における最重要項目「データ」をどのように扱っているのか - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   乗り物, Posted by logv_to