ソフトウェア

「YouTubeはGoogle Chrome以外のブラウザで表示速度が遅くなる」とMozilla幹部が指摘


FirefoxをリリースしているMozillaの幹部がTwitter上で「Google Chrome以外のブラウザでのYouTubeの表示速度が明らかに遅くなっている」と指摘しています。

Google Said to Deliberately Make YouTube Slower on Microsoft Edge, Firefox
https://news.softpedia.com/news/google-said-to-deliberately-make-youtube-slower-on-microsoft-edge-firefox-522098.shtml


Googleの抱える動画共有サービスYouTubeは2017年5月から、Googleが開発した新しいJavaScriptフレームワーク「Polymer」で構築されたサイトデザインを採用しています。

Mozillaのテクニカルプログラムマネージャーであるクリス・ピーターソン氏はTwitter上で、Polymerが採用されて以降、Google Chrome以外のブラウザではYouTubeを表示する速度がChromeの5倍遅くなっていると指摘しました。


ピーターソン氏は、当初はShadow DOMと呼ばれる仕様に問題があるのではと推測していましたが、検証の結果、PolymerをサポートしていないFirefoxやEdgeでも機能を使えるようにするコードの部分でボトルネックが生じてるために、YouTubeの表示速度が遅くなったと主張しています。またYouTubeで利用されているPolymerのバージョンは1.0と古く、最新のバージョン3.0であればFirefoxやEdgeでも十分対応できるはずとも論じています。


YouTubeは、約3%のシェアを持つInternet Explorer 11のために、Polymer実装前のサイトデザインも依然として提供しています。そのため、サードパーティ製のアドオンやユーザースクリプトを利用することでPolymer実装前のデザインを表示させれば、FirefoxやEdgeで表示速度を早めることができる、とピーターソン氏は提案しています。

・関連記事
HTTP接続のサイトが「保護されていません」と表示されるGoogle Chrome 68安定版リリース - GIGAZINE

YouTubeが関連動画を見つけやすくする新機能「Explorer」タブをテストすると発表 - GIGAZINE

GoogleにEU独禁法違反で5700億円もの制裁金、Androidが無料ではなくなるかもとGoogleのCEOが示唆 - GIGAZINE

YouTubeに同じ動画が投稿されたことをクリエイターに通知する「Copyright Match Tool」が登場 - GIGAZINE

YouTubeが小規模クリエイターの収益化をサポートする新プログラムをテスト中 - GIGAZINE

YouTubeが新たな音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」開始へ - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by log1i_yk