×
ネットサービス

「ワールドカップ決勝戦の各国のポルノ動画視聴状況」を大手ポルノサイトが公開、日本人は決勝戦に関心があったのか?


FIFAワールドカップ 2018はロシア時間の2018年7月15日にフランスとクロアチアの決勝戦が行われました。決勝戦は試合開始早々から点の動く激しい試合となりましたが、地力の違いを見せつけたフランスが4-2で勝利し、1998年フランス大会以来2度目の優勝を収めています。大手ポルノサイトの「Pornhub」は、この試合中のポルノビデオの視聴状況を公開しており、決勝に駒を進めた国以外にどの国がサッカーに関心があったかを明らかにしています。

2018 World Cup Final – Pornhub Insights
https://www.pornhub.com/insights/2018-world-cup-final

以下のグラフはPornhubの普段の通信トラフィック量の平均と比較して、決勝戦の日にどれだけ通信トラフィックが増減したかを割合で示したものです。トラフィック減少率の高い国がその時間帯にポルノを視聴していないことになり、どれだけサッカーに関心があったかを知ることができます。グラフの縦軸がトラフィックの減少割合、横軸が決勝戦当日の時間帯を表しています。


このグラフを見ると、試合開始直前の14時のタイミングではクロアチア(赤)が-46%、フランス(水色)が-24%と、その他の国(青)が-3%となっていて、決勝戦出場2カ国からのトラフィックが大幅に減少。4年に1度の決勝戦ということで国中がポルノどころではなかったことが伺えます。試合開始後の15時になると、クロアチアが-68%、フランスが-51%、その他の国が-12%となり、2カ国だけでなく、世界中でポルノよりもワールドカップへの関心が高まっていることがわかります。そして、点差のついた終盤の16時になると、勝利目前のフランスは-59%と試合への関心が大きく高まりますが、クロアチアは-63%とPornhubのトラフィックが少し増加。クロアチア人の中には試合を諦めてポルノに興じる人が出てきていることがわかります。

試合が終了すると、優勝したフランスはお祝いのためか、ポルノに興じる人が減ったままとなっていますが、準優勝のクロアチアはサッカー熱が一気に冷めてしまい、終了後3時間で普段よりもトラフィック量の高い+7%を記録。その他の国は試合終了後に普段よりトラフィックが少し上昇するものの、注目するほどの大きな変化はありませんでした。

以下のグラフは、決勝戦の試合中に最も通信トラフィックが減少した(ポルノ動画を見なくなった)国を順に並べたものです。1位と2位は決勝戦を戦ったクロアチア、フランスとなっていますが、ベネズエラがフランスと並んで2位の-55%という高い減少率をマーク。ベネズエラは記事作成時点で南米ランキングで8位、FIFAランキングで33位と強豪国とまでは言えないものの、サッカーに大きな関心を持っていることが明らかになっています。また、スイスやオランダ、スペイン、イタリア、アルゼンチン、ドイツ、ブラジルなどサッカーの強豪国が多くランクインしているのも特徴で、サッカーが文化的に根付いている国では多くの人々がポルノよりもサッカーを選んだことがわかります。


また、Pornhubは決勝戦の試合中に通信トラフィック量が大きかった(サッカーに関心がなかった)国を順にランク付けしたグラフも公開しています。このグラフによると、1位がアメリカ、2位がイギリス、3位がインドのと続いており、日本は4位にランクインしていました。トラフィック量で見ると全体で4番目に大きかった日本ですが、決勝戦時のトラフィック量は通常平均のわずか1%減となっており、日本人の多くは「自国の試合じゃないと興味が無い」と考える人が多かった模様。まだまだサッカー文化が根付いているとは言い難い現状なのかもしれません。


決勝戦に出場したフランスはトラフィック量が-55%と大きく減少しているにもかかわらず、6位にランクインしていました。この結果からフランス人の多くがポルノの視聴にPornhubを使用していることが、よくわかる結果となっています。

・関連記事
「ワールドカップ開幕でポルノ動画の視聴が激減していること」が大手ポルノサイトの調査で明らかに - GIGAZINE

2018 FIFAワールドカップ ロシアの優勝国はフランス代表、1998年以来2度目の栄冠の瞬間はこう - GIGAZINE

決勝に進出したサッカークロアチア代表の勇姿を母国の消防士たちが見逃す瞬間を消防署がムービーで公開して大反響 - GIGAZINE

ワールドカップで話題になったファウルを受けたサッカー選手をマネする「ネイマールチャレンジ」が世界中で大流行 - GIGAZINE

「ベルギー代表が16点以上ゴールすればテレビ購入代金を全額返金する」という一大キャンペーンの行方は? - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log